2016年01月10日

ベイスターズ雑感 横浜スタジアムのTOBが成立見通しとの報道 (20160110)

 今日はまた一つ、おめでたい(?)報道がありました。

サンスポ 『 横浜スタジアムTOB成立へ 大口株主との話し合いほぼ完了

 まだ正式決定、発表ではないにせよ、締め切りまで10日を残しながらTOB成立に目途が付いた事は本当に何よりです。一部ではこれで一気に球団経営が黒字に転ずるとの見通しも流れていますね。今シーズンオフにはっきりとした数字が出てくるでしょうが、いずれにしろこれにより生まれてくるだろう資金的余裕がさらなるファンサービスと何よりチーム強化に繋がる事を祈ります。

 今のところ噂されているのは、まず球場の天然芝化がありますね。これは維持費、保守、水はけの点でどうなのかという気もします。特にコンサートや一般への貸し出し(現在も行われているならば)などが芝に負担をかけそうですけどねえ。まあ、そのあたりは充分に検討を重ねているのでしょうし、我々素人が心配するべき事ではないのかもしれません。

 一方、そんな心配の反面で選手の怪我防止や下半身の負担軽減につながるのは間違いないでしょうし、それによってより思い切ったプレーを見られるといった効果も生まれるかもしれません。そしてなにより、青々と美しく生え揃った芝はさぞ美しい事でしょう。


 もう一つは観客席の増強ですね。これ、以前も書かせていただいたのですが、建蔽率の問題でこれ以上の規模拡大は難しいとされているはずです。これについては以下のリンク先が詳しいです。

はまれぽ 『 ハマスタの観客席はなぜ勾配が急で間隔が狭いの?

 という事なので、無理してやるとするならば『 地上部分の面積を変えずにスタンドを増設する 』しかないわけですね。そうすると無理やり斜め後方に突き出す形に継ぎ足す事になるでしょうが、おそらくそれは無理なのでは? ヤスアキジャンプでもしたら、継ぎ目からぽっきり折れちゃいそうですもんね。大惨事! それはもう大惨事ですがな。

 以前にどこかで聞いたのは2020年に予定されている市庁舎の移転に伴い、その空き地を利用してのウルトラⅭだそうです。(噂の範疇かも)市庁舎移転についてはやはり『はまれぽ』さんに掲載されています(少し古い記事ですが)

はまれぽ 『 横浜の市庁舎移転問題の状況は?

 PDF(ちょっと大きいですのでご用心)を読める方は横浜市オフィシャルの資料があります。

横浜市 『 新市庁舎の整備について(PDF:587KB)』

 すげえ……。一等地も一等地におっそろしくすっごいのを作るんですねえ(感嘆) 私が住んでいる市でも新庁舎を作るそうですが、あまりの違いにしょんぼりです (T-T)  ま、まあ町の規模が違うからね、仕方ないやね(やさぐれ)

 で、球場の話に戻ります。移転跡地を利用しての裏技炸裂という事は、間の車道を地下化でもして公園の敷地を拡げ、建蔽率をクリアするという感じでしょうか。確かにそうしてくれると駅からのアクセスも画期的に良くなるでしょう。

 でも、まあそれは夢物語の次元かも。どう考えても無理そうですし。強引にやるとしてもこれはもうDeNA云々の話ではなく、今後も横浜スタジアムそのものの持ち主であり続けるであろう横浜市次第という事になるでしょう。球場を新たに作るよりかかる費用ははるかに安いでしょうけどね。


 一方、そういった将来の話とは別に非常に現実的な見通しとして予想されているのが、球場グルメの(さらなる)充実。これはすぐにでも実現可能ですし、球場に足を運ぶファンにとってもメリットが大きいのではないでしょうか。ただ、こじゃれた食事ばっかりになってしまうと、それはそれでつまらなくなってしまいそう。何事においても行き過ぎは良くないですから。

 いずれにせよTOBの成否は20日に明らかになるでしょう。こうした報道もありますからおそらくは大丈夫と思いますが、この球団運営にとっての大きな変化がベイスターズとファンにたくさんのメリットを与えてくれるものになりますように。


 

posted by omune at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック