2016年01月15日

ベイスターズ雑感 初ブルペンの今永に高評価 (20160115)

 昨日、ブルペンで立ち投げを行った今永が、各社報道でなかなかの評価を得ているみたいですね。

日刊スポーツ 『 今永は野村弘樹似、初ブルペンで即戦力証明

 先日も書かせていただきましたが、この時期の新人選手への高評価は三割り増しくらいで考えていた方が良さそうです。それでも毎年、数えきれないほどの新人選手を見てきているだろうプロのライターさんがここまで書いてくれるとなると、期待するなという方が無理でしょう。

 大学時代、バッテリーを組んだ経験のある戸柱によれば、この時期にも関わらず当時よりもボールの切れ、回転が良くなっているのだとか。

スポーツ報知 『 ドラ1今永、初ブルペン30球「今日は5割くらい」

本人コメントによればまだ「五割くらい」の仕上がり、加えて故障していた肩も問題なしとの事ですから、早く完調でのピッチングを見てみたくなります。

 また、その投球は非常に考えられたものであり、スカウト評によればそのクレバーさは同じ左腕であり、やはり21番を付けていた「野村(弘樹)に似ている」との事です。「だから試合を作れる」そうで、個人的な評価ながら「ローテーションに入れると思う」とか。いや、楽しみになってきましたね。はたして三年連続で新人投手の大活躍が見られるシーズンになりますでしょうか。やはり評価の高い熊原もいますから、その可能性は決して低くないと思われます。

 さて、その一方で今日はこんなニュースもありました。

スポニチ 『 元DeNA多村 育成契約で中日入団 背番号215

 いや、良かったですね。多くのファンの方がそうである様に、私もまた多村という選手に特別な思い入れがある一人です。

 育成契約という事で、一軍登録への道は険しいと言わざるを得ないでしょうが、これだけの実績を持つ選手です。まだその力が衰えていない事をしっかりと証明できれば、その実現も案外早い時期に訪れるかもしれません。

 こういう寂しい経緯になってしまった事はベイスターズファンとしても申し訳ない限りなのですが、きっともう一度まばゆい輝きを見せてくれる事でしょう。新天地での活躍を心からお祈り申し上げます。




posted by omune at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック