2016年03月25日

ベイスターズ雑感 今年は何位ですかねえ2016 (20160324)

 さあ、いよいよですね。私、土曜日が超早朝出勤なのですが、明日は試合終了まで試合を見てからでなければ寝られません。そして願わくは快勝で気持ちよく眠りに入らせてもらえればと願ってます。って、もし勝ったら勝ったで興奮して眠れなくなっちゃうかもしれませんけど。

 さて、昨年は開幕前にベイスターズ限定での順位予想なんかをしてみましたけれど(ベイスターズの順位のみを予想する)見事に惨敗してしまいました。

過去記事 『 ベイスターズ雑感 今年は何位ですかねえ 』(20150322)

 さあ、今年は何位ですかねえ(とぼけ顔)

 個人的には正直なところ全てがうまく行って3位、逆に裏目に出て最下位、順当にいったら5位と考えています。どうですか? なんとも卑怯な予想でしょう? 「どれか一つに決めんかい!」ときつく言われてしまうなら(ネガと言われてしまうかもしれませんが)5位、かなあと。

 でもですね、皆さん、昨年惨敗となった私の予想なのですから今年もきっと外れますよ。そして、それが良い方向に向けばひょっとしてひょっとするかも?

 そしてもし不幸にもこの予想が当たってしまったとしても来年、あるいは再来年のチーム強化の下地となるシーズンになる、それだけは間違いないと思います。

 ここ数年、投手を中心に若手がどんどん出てくるベイスターズですが、今年はその流れにさらに拍車がかかっています。石川、梶谷の出遅れの影響もありますが、特に今まで非常に層が薄かった内野陣において、飛雄馬、山下幸、倉本、柴田らの激しい競争が繰り広げられたのが印象的なオープン戦となりました。

 今年の経験を糧に彼らが(無論、捕手、外野もですが)レギュラー当落線よりも上のレベルで競争を繰り広げるようになるとチームの様相はがらりと変わってくるでしょうし、彼らの年齢を考えてもそうなる可能性はかなり高いと思われます。

 またラミレス監督の野球が本当の意味でチームに浸透するのにも、もしかするともう少しの時間を要するかもしれません。逆に考えれば、一年目から何もかもがうまくいくとは限らないという事ですよね。

 こうして書いていると「始まる前から諦めている」と指摘されてしまうかもしれませんが、いやいやいや、そうではありません。もし負けが込むシーズンになるとしても、必ずやチームは前に進むだろうからそれを見守っていきたいという決意表明みたいなものです。

 因みに各スポーツ新聞の解説諸氏の順位予想は以下リンク記事の通りです。

日刊スポーツ 『 ニッカン評論家9人ペナント大予想/セ編

宮本慎也氏4位:和田一浩氏6位、権藤博氏4位、西本聖氏4位、篠塚和典氏6位、小宮山悟氏4位、佐々木主浩氏4位、緒方耕一氏6位、里崎智也氏4位


サンスポ 『 戦国のセ!「超変革」金本虎は違うゾ

江本孟紀氏6位、小早川毅彦氏6位、若松勉氏6位、野村弘樹氏3位、大久保博元氏6位、荒木大輔氏6位


スポニチ 『 石井一久氏 槙原寛己氏 吉村禎章氏 牛島和彦氏 東尾修氏 田淵幸一氏 張本勲氏

石井一久氏4位、槙原寛己氏5位、吉村禎章氏4位、牛島和彦氏6位、東尾修氏4位、田淵幸一氏5位、張本勲氏6位

 ベイスターズ以外の予想順位についてはリンク先をご覧ください。

 で、この予想順位の平均値をとってみますと――

☆☆☆ 4.95位 ☆☆☆

 となります。最も上位に予想してくれたのは野村弘樹氏ですね。さすがベイスターズ愛に溢れています(感謝)

 他の方々を見回すと5位というのは意外に少なくて4位、あるいは6位と綺麗に分かれています。うーん、サンスポさんが平均値の足を引っ張ってるよなあ。なにか恨みでもあるのかな? って、5位予想したお前が言うなと突っ込まれてしまいそうですね。

 最後に広島地方の天気予報は金曜日が晴時々曇、土曜日が晴、日曜日が曇となっています。どうやら三戦とも雨天中止はなさそうですから、なんとか2勝1敗と勝ち越したいところです。そのために開幕日の勝利は非常に大切。井納の快投、打線の爆発を期待して寝床に入りたいと思います。頑張れベイスターズ!




posted by omune at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック