2016年06月18日

ベイスターズ雑感 1回の攻守がなんともうまくいかなかった (20160617)

月火水木金土日
-◯●●○○○
-●●●◯◯○
-●●雨●

 うーん、この……。なんというか出入りのしい星取表になってますねえ。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 楽天

 今日は1回において、攻守ともにうまく運ばなかったのが痛かった。

 守備においては先頭、オコエに左中間を抜かれた場面。いくらオコエが俊足だと言ってもサードまで行かれる抜かれ方ではないように見えましたが、サードへの送球が2(3?)バウンド、しかもセカンド側に逸れた事でオコエの走塁ゾーンと重なり、白崎がタッチに行けませんでした(正確には捕球できなかった)

 これで無死三塁のピンチとなって内野が前に出た結果、続く藤田の放った高いバウンドがファーストの頭を越えてイーグルスを勢いづかせる事になりました(捕れていても得点阻止は無理でしたが)

 一方、攻撃においてはこちらも先頭の桑原がレフト線へ素晴らしいライナーの二塁打、続いてエリアンが粘り勝ちの四球を選んで無死一、二塁のチャンスをつかみます。ここで宮崎が左打者を打つお手本のような右打ちでタイムリー。1点を返して反撃むーそが盛り上がっていこうかというところで、しかしエリアンがサードを狙ってタッチアウトとなってしまいました。

 次が筒香だっただけに、この走塁死は痛かった。ただ、それは結果論という気もするんです。もしも送球が逸れてセーフになっていれば「エリアンの好走塁で一、三塁とチャンスが広がりました」と中継されていたところでしょう。アウトになったから目立ってしまうだけで。

 なので個人的にはこのエリアンの走塁を責める気にはなりません。それよりも自分のアピールポイントを自覚し、それを積極的に活かそうとする姿勢に好感を持ったくらいです。ただ、展開上は表にオコエを刺せなかった事、裏にエリアンが憤死した事、1回におけるサードを狙っての結果の差が得点の違いとなって現れてしまった様に思います。


 先発の久保ですが、今日は調子悪かったですねえ。球が走っていない様に感じましたし、全般的に高く来ている様にも見えました。そしてなにより勝負所、大切なところで甘い所(場合によってはど真ん中)に入っていったのが痛かったですねえ。

 まあそれでもなんとか7回途中まで投げてくれたのは明日、明後日の戦いに向けて大きいでしょう。久保自身が粘り強く投げてくれたのもそうですし、ベンチもよく我慢したと思います。こうして劣勢の試合においても先発が中盤まで投げ切るという流れがチームに根付いているのは、シーズン後半の戦いに必ずや効いてくると思います(私的見解)


 それと攻撃陣に少し勢いが出てきたのは朗報でしょう。宮崎が相変わらず好調を持しています。ロペス欠場という自身にとっての大きなチャンスを、しっかりとつかみつつありますね。また、ソロだったのは残念ですが、筒香にも2試合連続の(しかも内容的に完璧な)ホームランが出ました。

日刊スポーツ 『 筒香2戦連発16号「打たされないように」


 あと、このところヒットが出ていなかった倉本の猛打賞にもほっとさせてもらいました。不調の中でもセンターから左のバッティングスタイルを貫き通していて、それが結果に結びついたのはなによりです。『これが倉本』というバッティング、技術を確立したんだなあと、見ていて感慨深いものがありました。

 以前にも書かせていただきましたが、昨年あれほどひ弱に見えたのと同じ選手とは思えませんし、その是非は別としてヘッドスライディングを度々見せてくれたり、守備時に外野へ抜けていく打球に頭から飛び込んでいく姿を見るにつけ、将来的に必ずやベイスターズを代表する選手になっていってくれる事を確信します。


 一方、どうにも変化が見られないのがロマックです。放送でもたびたび指摘されていましたが、どう見ても『これがロマックだ』というスイングとは思えません。この部分に限って言えば、倉本と正反対なのではないでしょうか。

 ロマックのタイプ、イメージから言えばたとえ三振しても思い切りフルスイングをして見せるくらいの方が、相手にとっては怖いでしょう。

 日本の投手が良いと言えばそれまでですが、たとえ3Aに戻ったとしても今のスイングであれば、おそらく良い成績は残せないかと。三振を防ごうとするあまり、あるいは球を見極めようとするあまり、その長所まで死んでしまっているのではないでしょうか。

 この状態で5番に入れてしまうというのは、本当に本人の為にもチームの為にも、『打線を構成する』という点でも好ましくない様に思います。これまた以前の繰り返しになりますが、中途半端な事をせず二軍で徹底的にスイングを作り直す、あるいは調整し直し、シーズン後半戦の飛躍に賭ける。ひょっとすると、それが一番の早道なのではないでしょうか。そこで求められている様な打球が放てるようになれば、起死回生で来年の契約を勝ち取れるかもしれません。

デイリー 『 ラミレス監督、苦渋の梶谷外し実らず 』(ロマックについての監督コメント)


 さて、明日は今永が先発します。前回の登板後、ヒーローインタビューで彼はこう言いました。

「チームは上昇気流に乗っているが、これから先に絶対に苦しい時期を迎えるので、連勝しているときは波に乗って、負けているときは止められるように、チームの中心になっていきたいと思います」

 新人投手にそこまで頼ってしまってはいけないと思いますが、早くもその時(第1回助けて今永の巻)が来てしまいました。なんとかイーグルス打線を封じ込んで、連敗ストッパーになってもらいたいと思いますし、同時に彼が楽に投げられる様、攻撃陣の更なる奮起を望みます。

 デーゲームという事で(仕事のため)リアルタイム観戦はできませんが、退勤後に喜びの(小さな?)ガッツポーズをさせてくれる事を心より祈っています。




posted by omune at 00:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おはようございます。打線は宮崎、筒香、倉本の3人「しか」いません。しかも4番筒香は不動、宮崎はゴウの前後に置くしかない。そして倉本の進歩はめざましいですが、現状は6番がまさに定位置で動かすとどうにもうまくいかない。この状況で宮崎5番だと、4,5,6番だけの攻撃になってしまいます。まさに「本丸」だけ。「打線」とは言えません。またぞろブロガー諸氏は「5番ロマック」にブーイングですが、じゃ他に誰が居る?
 井手、白根あたりを上げろ?いずれも守備はザル以下(ロマックとて1塁では使えません)「ロマックより打つかもしれない」、というのは希望的観測で、今のチーム状況でエラーが出て負けたら手のほどこしようがなくなります
 

 せめて本丸の他に「真田丸」くらいは欲しい。前言と矛盾しますが、下園をスタメン起用するよりないでしょう。守備についてはかつて前監督が現監督に言った同じ言葉を下園に。

 「とにかく、後ろにだけは逸らさないでくれ。」

 1、2番は梶谷と若手(いまいち)3人衆との間の選手がいない、という我が軍の欠陥が出ちゃってますね。「梶谷はまあ、大丈夫」というのは過度の信頼でした。もうダメとは思いませんが今年はきついですね。人間は過去の結果を無視できませんから。


 久保は戦前からオコエを意識しすぎでした。だからいきなり打たれておかしくなる。プライド高いですからあれは傷つきましたよ、かなり。田中は準備不足でしょうね。彼はイニングの途中でも投入されますが、今年は少ないです。それにイニング途中で走者背負ってるのはあんまり得意じゃないですね。あの状況は大原の方が慣れています。
Posted by リチャード佐々木 at 2016年06月18日 06:30
 おはようございます。コメントありがとうございます。出勤前なので簡単な返信になりますことをお許しください。

 そうですね、おっしゃる通りかと思います。ただ、ロマックについては(個人的には)やはり5番はきついかなあと。

 なにより本人をさらに追い込む事になってしまいそうな気がしますし、バットに当てる事すらできない(現時点では)打者を5番に置く事は、士気にもファン心理にも影響を及ぼす可能性があるのでは、と。

 なら打線をどうするのかとなると、素人考えである事は承知のうえで3番にエリアン或は桑原なりで、5番に宮崎かなあ、と(あんまり仮定打線を組むのは得意じゃないのですけれど)

 3番の長打力不足は筒香の長打力でカバーできる可能性がありますが、筒香が塁に残るのが想定される5番を打てるのは(現時点では)宮崎しかいないように思います。で、そこから『打線の鎹』倉本に繋がっていく、と。

 まあ私がそんな事を言っていても仕方がないわけですが、一番好ましいのはロマックに結果が出る事ですよね。

 しかし、あれだけ当てに行っているとなかなかそれも難しいような気がします。5番に入るなら、三振でも良いから思い切り振っていける状態であるのが前提になるのではないでしょうか。とにかくその状態になるまで一度ドック入りさせてあげた方が本人の為にもチームの為にも好ましいのではないかとそんな理由で、この本文を書かせていただきました。

 いずれにせよ今日は負けられない試合です。ベイスターズの快勝を願って、仕事に行ってまいります。ちょっと時間がなかったため乱文何卒お許しください。ではでは〜。



Posted by omune at 2016年06月18日 09:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック