2016年07月23日

ベイスターズ雑感 こういう勝ち方もできるというところを見せてくれた (20160723)

 色々な意味で見事な逆転劇でした。実は先刻、明日の仕事内容が変更となりまして、また鳥の様に早い出発となってしまいました。ので、今日も軽めの更新となります事をご了承ください。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 まずは子供さんによるヒーローインタビューに心から拍手を送ります。男の子と女の子、二人のキャラクターも良かったですし(質問内容も最高でした)答えるのが白崎と桑原というのもビンゴでした。明日の仕事シフト変更でだいぶブルーになっていたのですが、これでかなり気が楽になりました。いや、本当に楽しいイベントでした。


 さて、今日は残念ながら筒香の大爆発はなし。警戒がさらに強くなってきていますから、まあそれも当然かもしれません。

 で、チームとして大切なのは、そういう状況でも勝ち展開に持っていけるかになるわけです。そういう意味でも昨日と正反対の得点経過を経て、しかも3点差をひっくり返してみせたこの試合は、今後にむけて非常に有意義だったのではないでしょうか。


 その象徴とも言えるのが6回の波状攻撃でした。3点のビハインド、筒香、倉本がヒットを放ち一死一、二塁の状況から始まった代打攻勢。宮崎、下園がそれぞれ繋ぐ打撃で2点差となり、なおも満塁。ここで登場した白崎が値千金のツーベースを放ちました。

 0B2Sとなってしまった時は、これは駄目かと思いましたけどねえ。特に2球目の空振りは全然タイミングが合っておらず、正直「ゲッツーじゃなければ良いや」と諦めていました。ところが宮國の方も、なかなか際どい所に勝負球を放れず結局3B2Sとなりました。

 このカウントになった事で俄然、状況は打者有利に転じました。既に1点取ってなおも満塁ですものね。ここからファールを2球挟み、ついに来たど真ん中直球を見事にレフトポール際まで運んでみせました。この白崎の踏ん張りが、今日の試合の分かれ目になったという印象でした。


 『ベイスターズの代打成功率の高さ』が評価されている今シーズンですが、今日はそれがもろに勝敗に直結しましたね。簡単に書いてしまいましたが、下園や宮崎の打撃も本当に見事なものでした。またチームとして手こずっていた大竹からのタイムリーをはじめ、3安打と活躍した倉本の活躍も光りました。

デイリー 『 筒香弾なくても…DeNA4連勝!代打攻勢で追い付き桑原が決勝2点打

日刊スポーツ 『 6回打者一巡で逆転4連勝

サンスポ 『 倉本「取り返す気持ちで」四回に同点の適時二塁打


 で、井納です。……うーん、まあありきたりな表現ではありますが、独り相撲という他はありますまい。本当に勿体ないですよねえ。5回まで苦しい内容ながらなんとか1失点に食い止めてきたわけですから。

 状況も同点で迎える敵クリーンアップ。苦しいイニングにはなるだろうけど、ここを抑えれば勝ち目が出てくるというところで『悪い例』として教科書に載ってしまいそうな四球連発ですからねえ。

 あれなんですかね。頑固だったりこだわりが強くて思っていた通りにいかないと、プレーに影響が出てしまうんですかね。まあそんなのは無論、推測でしかありませんが、どちらにしろ己でなんとかしていかなければいけない問題でしょう。早いうちに、自分で答えが見つけられると良いのですが。


 さあ、昨日、今日と勝てた事で明日先発の今永にはある意味プレッシャーとなるでしょうが、反面チームの救済という余計な重荷を背負わせることは避けられました。今永には今できるベストのピッチングを思い切りしてもらいたいところです。どの程度の状態で戻って来てくれたのか期待半分、不安半分で明日を待ちたいと思います。って、明日も仕事ですけどね(汗)




posted by omune at 22:49| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは。
 
 井納は単に技術的な行き詰まりだと思います。不調なのではなくて力不足です。前にも言いましたが彼は「球威、制球とも平均よりは上」ではあります。しかし、これならっていう打ち取れる球がないんですね。結局はフォークに頼るよりないのですが、落ちる球拾うのが上手い打者が揃っているスワローズ(山田、川端、雄平など)にはほとんど通用しませんし、カープも菊池、新井サンなどその手の打者がいますのでかなり打たれます。加えてもともと左打者の被打率が非常に高いです(3割は優に超えています。ルーキー時からこれは代わっていません。多少ましになった程度です。)。今シーズンはシーズン当初、これまであまり投げていない内角ストレートを多投したことがたまたまうまくいっただけと私は見ていました。
 本人がそれ(行き詰まり)に気づいていないことが一番の問題です。今日の5回までは「良く粘った」のではなく、相手の攻撃がひどすぎました。4-1となって「まさか勝つとは思わなかった。」という人もいたようですが、相手もあれだけ拙攻続きでは3点くらいではまだ決まらないものでしょう。しかもハマスタなのです。当方には「最終兵器筒香」もいるのです。

 代打策が絵に描いたように成功したのは爽快でしたが、相手の山口はもともと防御率5点台の「落ち目」の投手である上、昨日あれだけのショックを受けています。さらに代わった宮國は昨日がどう見ても出来すぎでしたから「案外行けるかも」とは思っていました。最後は「1日1本」の桑原が一番いいところで打ちました。まあ、うまくいきすぎですね。
 明日はこちらが有利でしょう。今永は完全ではないですが、それでも今の相手打線くらいは抑えるはずです。
Posted by リチャード佐々木 at 2016年07月23日 23:29
 リチャード佐々木様、こんばんは。

 井納についてですが、実力不足であれば逆に上がり目はあるという事になりますよね。シーズン途中ではなかなか難しいでしょうが、なんとか秋から春で一皮むけて欲しいものです。我々ファンをより喜ばせて欲しいというのもそうですがこの先、自身が生き残っていくためにも。

 個人的見解になりますが、点を取られる時の井納はどうも無駄球が多い様に見えるんですよねえ。馬鹿感想になりますが、球数使って打たれるんなら最初から打たれた方がいいじゃんかと見えてしまう時があります(はい、冗談です。半分は)

 まあ、お客様からは打たれれば打たれたで色々言われるでしょう。それは、プロ選手として仕方がない事です。けれど、それでもそのあたりが改善されれば個人的勝率はもう少し上がってくるのではないかと思うのです。 



Posted by 大宗 at 2016年07月25日 02:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック