2016年08月06日

ベイスターズ雑感 桑原と高城のヒーローインタビューが実に格好良かった (20160806)

 やりましたね。序盤における最悪の展開から、よくぞひっくり返してくれました。チーム状況、リーグの順位状況を考えるに、今日の勝利は非常に大きな価値がありますね。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 中日

日刊スポーツ 『 マシンガン継投で山崎康休ませつつ勝利

 今日はクリーンアップになかなか当たりが出ないなか6番以降、それから1番打者が素晴らしい活躍を見せました。なかでも、MVPはやはり桑原になるでしょう。

 昨日の守備もそうでしたが、チームを勢いに乗せる事が出来る選手。今日のプレーぶりも見事なものでした。

 まずは7回、サードのエラーがありましたが、それをカバーし、それどころか勢いに変えた感のあるスライディングキャッチ。そして8回、決勝点となったレフト線へのタイムリー。その後、ベンチに飛び込んでのお祭り騒ぎ。このところ沈みがちだったベンチの雰囲気が一気に変わりました。

 そしてヒーローインタビュー。「みんなの事を信じているんで、今日は俺がカバーするという気持ちでした」。いや、本当にこれ以上ないコメントじゃないですか。これまでのヒロインで、今日が一番格好良かった。

 今シーズンが始まる前、その立場は準レギュラーというべきものでした。いや、そこまでも行ってなかったかもしれません。しかし、初夏以降、一試合ごとにどんどんその存在感を大きくし、そして昨日、今日のプレーです。『飛躍』という例えがいよいよ似合うシーズンになってきました。


 他にも数試合ぶりの『らしい』バッティングでチーム初めてのタイムりーを放ち、8回には逆転劇の口火を切った倉本、粘りに粘ってそれに続いた宮崎、逆らわないバッティングで同点打を放った高城、代打として申し分のない働きをしてくれた下園、後藤。みんな素晴らしかった。今日の攻撃にはチームの確固たる意志を感じましたし、それぞれの一打席一打席のつながりが逆転に繋がっていったように見えました。

サンスポ 『 逆転勝ちで50勝到達 高城「みんな逆転できると思っていた」

デイリー 『 リーグ3番目の50勝到達 高城&桑原の同級生コンビが活躍


 投げる方ですが井納は苦しい立ち上がりでしたねえ。ボール先行が目立ち、ストライクを取りに行って打たれるという事の繰り返しで、見ていて「これ何点取られるんだよ?」と不安になってきたくらい。

 しかし、それでも3回以降なんとか立ち直ってくれたのが大きかったですね。特に5回、不運な当たりが続いて迎えたピンチでの二者連続三振が大きかった。ここから少しずつ、試合のパワーバランスが変わり始めた感じでしたね。

 「最初からその調子で投げてくれよ」という気持ちもありますが、しかし彼の粘りがなければ逆転劇もへったくれもなかったわけで、そういう意味では先発投手としての仕事を果たしてくれたと言えそうです。

 また、その後を繋いだ投手たち、特に須田が素晴らしかった。低目、コーナーに凄まじいキレのストレートが行ってました。8回のその快投もまた、その裏の逆転劇を呼び込む要因になったかもしれないですね。それくらい気持ちの良い、危なげないピッチングでした。

サンスポ 『 中継ぎ陣の信頼物語…7日からは山崎康が復帰も

 リンク記事中の各投手のコメント、お時間のある方は是非読んでみて下さいよ。ううう、泣ける。いや、本当に良いチームになってきてくれましたねえ。


 そして試合終了後、ベンチに引き上げてくるナインを迎えるベンチメンバーの中に山崎康の姿がありました。筒香の隣でサインボールを作りながら皆にいじられて笑っていましたが、この試合を見てその胸中には期するものがあるでしょう。

 これ以降の起用がどうなるかは分かりませんが、もしも明日、マウンドに上がるなら(映像ですが)心から応援を送りたいと思います。どちらにせよ、その状態は決して万全に戻ってなどいないでしょう。が、それでもファンの声援は必ずや力になるはず。

 そうそう。順序が逆になりますが、今日の応援も凄かったですねえ。映像を通してですが、もう唸りになって聞こえてくるレベル。という事で、現地観戦の方がいらっしゃいましたら、どうか私の分まで彼の背中を押してやって下さい。伏してお願い申し上げます。




posted by omune at 23:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おはようございます。

 井納は3回以降も立ち直ってはいなかったでしょう。5回表の相手の攻撃ガ」ひどかっただけで、本来、あそこで止めを刺されていたはずです。スコアシートを見てくださいな。相手の「H」は3番までです。4番ビシエドがケチなヒットを初回に打っていますが、それだけ。こういうことをしていては勝てないのだな、という見本でした。
 まあ、相手のミスのおかげで勝つ、と言えば野球の試合なんかほとんどそうです(こういうことを言うから私は人気がないのです。ええ、まだ機嫌は悪いですよ。桑原、高城の笑顔は良かったんですが、ラミレスに対しては「この野郎!」ですね。)
 リリーフはおっしゃるとおり、みな良かったですね。気合ガ入っていました。「それなのに井納、君は何?」というのが私の感想です。

 桑原は壁にぶつかっていましたが、ぶち破りつつあります。これは大変なことなんですよ。セパ両リーグを見渡しても今年は彼が一番かもしれない。大事なことは壁にぶつかってしまった、ということで、ブレイクしたその年、壁にぶつからないで終わる選手もいます。こういう選手はその翌年、必ずと言っていいほど壁にぶつかります。「2年目のジンクス」とはこういうことです。ジンクスなんかじゃなくほぼ必然です。桑原は昨年、壁にぶつかり、今年、それを破りました。そして、1っヶ月あまり前から再び壁にぶつかってこれを破りつつあるわけです。通常の選手の枠をはるかに超えています。
 桑原は才能あふれるという選手ではありません。それだけにたいしたものと感心するのです。もう一人、才能はさほどに感じないが着実に実績を挙げている選手がいます。そう、倉本です。倉本も壁にぶつかってはいるのですが、この選手はその察知能力がすごいんですね。「ドツボにはまる」ことなくつまり壁にぶつかりそうになるころで踏ん張ってしまいます。その結果これまでできなかった「引っ張る」ことができるようになってきています。そして、弱点だったインコースをさばけるようになってきたことで、進塁打も打てるようになり総合的な打撃力が上がり、四球も増えてきました。この選手もたいしたものです。来年は2番に置かれると予想します。

 この二人に比べると、もう、哀れに感じてしまうのが白崎です。チャンスでことごとく凡退しました。才能はおそらく二人よりかなり上に見えます。ドラ1っていうのは伊達じゃありません。でも、私はもう待ちくたびれました。それにしても7、8番でもスタメンだと、投手ほどにも打てないのに、2番とは!いくら2番に適任者がいないとはいえねえ。私は「天は愚か者(ラミのこと)には罰を与えずにはおかない」なんて思っていました。昨日の試合がベストゲーム?本当にそ言ったのでしょうか(すみません。もうやめます。)?
 ファンの欲はきりがありませんが(カープファンは特に異常です)、野手では今年はもう倉本、桑原、宮崎が出てきました。と柱ももう少し打てるはずです。十分すぎるでしょう。
Posted by リチャード佐々木 at 2016年08月07日 10:13
 リチャード佐々木様、コメントありがとうございます。

 白崎は確かに伸び悩んでいますねえ。このところ打撃内容がいつも同じで、結果も同様なのが気になります。

 まあ、それもまた我々が言っても仕方がない事です。ずっとそうなのであれば、いずれ居場所がなくなるというだけでしょう。なんとかできるかどうかは彼のみぞ知る、ではないでしょうか。



Posted by omune at 2016年08月07日 14:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック