2016年10月10日

ベイスターズ雑感 9回裏、田中の牽制が釣り合っていた天秤を傾けた (20161010)

 今日はようやく試合をゆっくり見る事が出来ました。昨日、一昨日の試合も録画で見させてもらいましたが、いや、三試合ともいい試合でしたねえ。いずれもCSらしい熱戦で良いプレーや気持ちの入ったプレーのオンパレードでした。

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA 』 

 初戦は梶谷、筒香、ロペスの主軸3選手に一発が出ての快勝。いずれもその選手らしい打球で、特に筒香のスイングにおける粘りが凄かったですねえ。下半身から上半身へと綺麗な軸上に捻じれが伝わり、腕から手首が引っ張られてスムースに振りぬかれる。今年の筒香を体現するかの様な素晴らしい一発だったと感じます。

 また、初戦のマウンドを任された井納が闘志をむき出しにしたピッチング。緻密さは感じなかったものの、球の切れとどんどん向かっていく、押し込んでいく投球でジャイアンツ打線を抑えてみせてくれました。


 この勢いでこのままファイナル進出を決めてしまえるのではないかと思えた昨日はしかし、好投の今永に援護点を与える事が出来ず、8回に決勝点を奪われての敗戦。これにより、今日の試合はまさしくトーナメント戦と同様の意味を持つ事になりました。ここで勝てるか勝てないか、チームの底力、長いシーズンを勝ち抜く力とはまた別の部分での、勝負強さ、瞬発力、集中力が試される試合となりました。


 そして、今さら書くまでもありませんがベイスターズはやってくれました。序盤は点の取り合い、以降は投手戦、点差は常に僅少と息詰まるような試合となりましたが、最後の最後で伏兵嶺井が試合を決めてくれました。

 その前に投手陣に触れないわけにはいきますまい。先発の石田は勿論の事、その後を繋いだリリーフ陣が素晴らしい働きを見せくれました。流れ的には村田の一発で同点に追いつかれた後、回跨ぎで三者連続三振を奪った砂田がジャイアンツ打線が本格的に発火するのを食い止めてくれました。これが実に大きかった。

日刊スポーツ 『 石田、6回途中3失点「投げきりたかった」

 とはいえ、戸柱の要求しているところにびしっと行ってという感じではありませんでした。ただ、阿部、ギャレットの見逃し三振はいずれも、外角低めを要求したスライダーが逆に内角ボールコースからストライクゾーンに切れ良く入っていったもの。二人とも長距離打者故、決め球としてのこのコースは予想していなかったのでしょう。いずれも呆然と見送る形となりました。

 結果オーライだったのかもしれませんが、しかしあの球を意図的に寸分の狂いなく(ここが問題なのですが)武器として使えると、投球の幅が一気に広がりそうです。いずれにしても、須田の代役としての仕事をきっちりと果してくれたと言えるでしょう。


 その砂田を引き継いだのが三上。今日は上から投げおろす球が結構ありましたね。その球速は150キロをオーバー。その数字以上に球に力がある様に見えました。千手観音投法の本領発揮という内容でした。


 そして田中です。彼が代走、鈴木を牽制で刺したのが、この試合のキーポイントだった様に感じます。1B1Sからでしたが、それまでも数球、牽制はしていて、鈴木は(相性が悪いのか)帰塁が鈍かった様に見えました。そして狙いに行った速い送球で見事、足のエキスパートをアウトにしてみせました。元々牽制がうまいと感じさせる投手ですが、今日はそれが非常に重要な場面で活きましたね(ただ、プロで初の牽制アウトだそうです。うまいというのは私の思い込みでしょう)

デイリー 『 足のスペシャリスト鈴木がけん制死

 このプレー、ただこの回を凌いだというだけでなく、ここまですべての打席で出塁していた村田をベンチに下げさせたという意味でも、後々響いてくる事になりました。

 最終回、ランナーを置いた場面でもう一度打席回ってきていますからね。結果は(後を引き継いで入っていた堂上に対し)四球でしたけど(笑) それでも試合のキーマンになる可能性が高い選手を試合から退かせ、そこまで相手が重要視していたランナーを塁上から消したという意味で、これはビッグプレー中のビッグプレーでした。

 
 ビッグプレーと言えば(展開上は地味でしておそらくダイジェストでは全く触れられないと思いますが)初回に出た宮崎のファインプレーも素晴らしかったですねえ。その後、阿部に一発を打たれて失点はしてしまいますが、それでも相手が攻撃開始した早々、ヒットを一本もぎ取ってみせたのですから、試合の雰囲気を作る意味で、勝利の可能性をより強く感じさせる意味で、決して軽視すべきではないプレーでしょう。

 先日、三浦の引退試合でも同様に三遊間のゴロに飛び込んでアウトを稼いでくれていましたが、(己から見て)左への飛び込みをあんなにする選手でしたっけ?(それも、いずれも起き上がってからの送球がお見事でした)こういうのを見せてくれると、来年は是非サードのレギュラーとして一年働いてみてもらいたくなりますね。チーム事情的に(セカンドが弱い弱い&弱い)なかなか難しいかもしれませんが。


 そして同点で迎えた12回表、嶺井がやってくれました。初球、外角要求が真ん中に来た失投ですが、これを思い切り振りに行けたのが結果に繋がりました。こういう大一番で、しかも控えの選手(もっと言えば代打職でもない)がこれをできるというのは、今のベイスターズの大きな長所だと思います。

日刊スポーツ 『 嶺井「正直うれしい」ファイナル決定V打

 思えばシーズン当初、チーム全体でなんでもかんでも振りに行ってしまっている印象すら受けたラミレス監督の指導方針ですが、あの頃の『早打ち』と現在の『好球必打』は見ていても明らかに違う次元にあります。

 嶺井は正捕手戸柱、2番手高城の陰でシーズンの半分以上が2軍暮らしとなってしまいました。しかし、その選手がこの試合で大きな仕事をして見せたというのは、チームにとってもなにより本人にとっても大きいでしょう。

 捕手ですから無論、打撃力がポジション争いに与える影響は(相対的に)小さいと思われます。しかし、極端な事を言えば、捕手というポジション抜きで『打撃だけでも一軍に置いておきたい』とベンチに思わせる事も生き残る方法の一つです。来シーズン以降、さらに熾烈となっていくだろうベイスターズ捕手の一軍争い。嶺井のさらなる健闘と飛躍を期待します。


 という事で、今シーズンは少なくともあと3試合、試合の結果で一喜一憂できる事になりました。ベイスターズの選手、ベンチ、球団には本当に感謝感謝です。

 ただ、3戦目までもつれ込んだことで先発投手も苦しくなりましたし、須田は不在、さらに今日は梶谷が死球を受け、骨折の可能性もあるという事でチームは相当にボロボロです。

スポーツ報知 『 梶谷、初回に死球受け交代「痛いです」検査のため病院へ

 正直、この状態でファイナルステージ突破は難しいかもしれません。しかし、圧倒的強さを誇ったカープを大慌てさせるような、ベイスターズらしい元気な野球を見せてもらいたいと願います。楽しみです。




posted by omune at 21:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 まずは勝てて良かったです。
 今永、石田ともにシーズン最終盤に調子を落とし、アマとの練習試合でも良くありませんでした。それをよくぞここまでもってきたものです。篠原コーチの手柄かもしれませんが、この人は失態も多いので手放しでは褒められません。それより、ルーキーと2年目の左腕がすごい!特に今永はあそこまで仕上げてくるとは。来シーズンは球威も増し、いよいよ本領発揮してくれます(確定)。悪くても12、3勝はするでしょう。
 今永には劣りますが石田もよくここまで戻しました。しかし、また同じ相手に被弾したのがちょっといけません。彼はわざと歩かせるのが大嫌いなのでそうなるのですが・・・

 田中も一時の疲労困憊状態から現在はむしろ好調の部類です。これも大したもの。

 さて、件の牽制はみなさんポイントとされると思いますが、私にはちょっと違う感慨がありました。「ああ、これが時代の流れなんだな。」と。代走屋として名を馳せた鈴木も晩年でそろそろ終了でしょう。今シーズンは彼を代走に出しておきながら、犠打を多用する由伸監督が「消極的!」と批判されることが多かったのですが、盗塁のサインを出しにくかったのでしょう。それだけ鈴木も衰えているのです。あの場面はある意味、象徴的でした。巨人の時代は終わりました。これからは我が軍の時代なのです!
来シーズンはもはや「老大国」に成り果てた巨人によもや遅れは取らないでしょう。いや、そんなことでは困ります。

 カープとは力の差がありますが、その力を支えているのは若い力ばかりではないですね。黒田、新井、エルドレッド、ルナ。黒田は来年はいないでしょうし、他の3人は今年ほどにはまず打てません。まあ、今回は善戦でいいと思いますが、現状でも絶対に勝てないほどの相手ではありません。

 最後に山口俊のことですが、おとなしく治療に専念して、できれば今年はもう投げないでくれることを私は望んでいます。FA?今のところは大丈夫ですが、この状態から一転、という例も過去にはありますので、油断はできません。             
Posted by リチャード佐々木 at 2016年10月10日 21:44
第一ステージ突破おめでとうございます。
こちらは高すぎる壁に阻まれる結果となりました。
想いを託したいと思います。

がんばれぇー!
Posted by SNG at 2016年10月11日 23:40
 SNG様、こんばんは。応援ありがとうございます。

 「やりましたよ!」と喜びの返信をさせていただきたかったのですが、こちらも高すぎる壁にこてんぱんにされてしまいました。1stステージで投げられるローテーの柱を全て投入してしまいましたので苦しい展開になるとは思っていたものの、ジョンソンのピッチングは予想の上を行っていました。やはりカープは強いです。



Posted by 大宗 at 2016年10月12日 21:06
 リチャード佐々木様、こんばんは。

 いや、ジョンソン、凄かったですねえ。筒香にしろロペスにしろまったくバッティングをさせてもらえませんでした。唯一、気を吐いたのが骨折している梶谷では、さすがに苦しい。

 いずれにせよシーズンを戦い終わり、疲弊している状況でこうして連戦となると、こちらの層の薄さを実感せざるを得ません。高田GMは「強くなったと言ってもまだまだこれから。二軍に行ってごらん」と仰ったそうですが、正論中の正論だと思います。こういう状況でなお強さを感じさせてくれるチームとなるまで、まだまだ強化、底上げが求められる状況が続きそうですね。



Posted by 大宗 at 2016年10月12日 21:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック