2017年01月26日

ベイスターズ雑感 現時点での攻撃陣に対する期待と不安 (20170126)

 寒いですねえ(ただし埼玉南部基準(汗)) 皆様、いかがお過ごしですか?

 さて、前回は現時点におけるベイスターズ投手陣について書かせていただきましたが、今日は攻撃(と守備)についての印象を書かせていただきたいと思います。

 まずは個人的に予想する(繰り返しますが、あくまで現時点での)打順はこんな感じです。

1(中)桑原
2(右)梶谷
3(一)ロペス
4(左)筒香
5(二)宮崎
6(遊)倉本
7(三)白崎
8(捕)戸柱
9(投)


(現時点での準レギュラー?)
捕手:高城、嶺井
内野手:石川、田中浩、後藤、エリアン
外野手:荒波、関根、下園、松本、

(現時点では予備戦力?)
捕手:網谷、黒羽根、西森、亀井
内野手;山崎憲、柴田、山下、飛雄馬、松尾、狩野、佐野、白根、百瀬、山本、シリアコ
外野手:細川、青柳

 これからキャンプやそれぞれの調子、怪我などにより如何様にも変わっていくでしょうが、外国人枠も含めるとこうならざるを得ないのかなという感じです。

 そう、外国人投手達をすべて一軍で使うとなると、シリアコは勿論、エリアンも使えないんですよね。ただ、彼ら3人が揃って主力となり得るかについてはかなり疑わしいと思えます。ので、それを2人と想定すると以下の様に変わります。

1(中)桑原
2(右)梶谷
3(一)ロペス
4(左)筒香
5(三)宮崎
6(遊)倉本
7(二)エリアン
8(捕)戸柱
9(投)

 いずれの場合も面子的に昨年から大きな変更はありません。ありませんが、各人が求められている働きをして見せる事ができれば、充分に戦えるラインアップでしょう。

 ただ、昨年からずっと書かせていただいている通り、気になるのはやはり筒香と肩を並べる、のは無理だとしても副大黒柱(?)として打線を支えてくれる打者が欲しいと感じてしまう部分です。

 筒香はいうまでもなくNPB有数のホームランバッターであり、ポイントゲッターです。その存在意義は言うまでもありませんが、だからと言って筒香ありきになりすぎてもまたチーム運営上、シーズン戦略上マイナスでしょう。

 筒香自身が働きやすい、活躍しやすい環境というのを考えても、お互いがお互いの存在を補完し合える打者がどうしてももう一人欲しいと感じる次第(個人的見解、ね)

 このオフ、ひょっとするとそういう選手、おそらくは外国人選手となるでしょうが、強打者の補強があるかと予想していたのですが山口の件もあってでしょうか、チームは主力となり得る投手の補強に専念したという流れになりました。無論、それは正しいと思うのですが、その分攻撃陣の強化まで手が回らなかったのが現在における不安(私の、ですよ)一つとなっています。


 とは言え、です。その反面で選手層という面から言えば投手力同様、かなり厚くなってきているのではないでしょうか。前回、投手の記事で書かせていただいた通り『瞬間最大風速』としての戦力値は上がっていないにしても『平均風速』という点では上昇しているという感じで。

 言葉を変えれば『下方向への厚みが増した』となりますでしょうか。それは投手陣同様、失礼ながら『準レギュラー』『予備戦力』とさせていただいた選手たちの顔ぶれを確認すればお分かりいただけると思います。

 上述させていただいた事と相反してしまいますが、ひょっとすると今シーズンのベイスターズ攻撃陣の行く末は、彼らの中からどの程度レギュラーの選手たちを脅かす、あわよくば奪い取るくらいの存在となっていく選手が出てくるかにかかっているのかもしれません。

 そして、そう考える、希望を感じられるチーム状況になってきた事こそが、ベイスターズが強くなってきた事の(でも、強いとは言っていない(笑))証なのでしょう。


 いずれにせよ内野手、特にサード、セカンド、あるいは倉本が万が一故障した時の代役が課題となりますかねえ。エリアンのさらなる日本野球への適応、あるいはブランコに太鼓判を押されたというシリアコの爆発などあれば状況は変わりますが、先述させていただいた外国人枠の問題もあります。

サンスポ 『 シリアコ、ブランコから太鼓判 「『お前なら日本で活躍できるぞ』といわれた」

 そう考えると最も理想的なのは未完の大器(?)白崎の本格的覚醒となるでしょうか。加えて監督イチオシの育成、網谷(サードへのコンバートが濃厚)にも期待がかかります。

サンスポ 『 網谷が育成ながら異例の1軍キャンプ ラミレス監督「次の筒香」

 が、年齢、経験を考えると選手登録、一軍定着にはまだ時間がかかると考えておくべきでしょう。守備位置を考えると山崎憲、柴田、山下、飛雄馬あたりが準レギュラー並みの数字、活躍を残してくれると理想的となるのですが、さてさて――




posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック