2017年03月16日

WBC第2次ラウンド、イスラエル撃破で決勝ラウンド進出決定

 WBC第2次ラウンド、侍JAPANやりましたねえ。手強いとみられていたイスラエルを見事に撃破。第1ラウンド開幕からから6連勝で、見事アメリカ行き、準決勝の切符を手にしました。

日刊スポーツ 『 日本 VS イスラエル 東京ドーム

 打線爆発という形になったのは確かですが、そのバックボーンとなったのは千賀、平野の好投だったように感じます。

 特に先発の千賀は凄かったですねえ。5回をわずか1安打で無失点ですから。速球というより剛球といったイメージのストレートに変化球も切れ切れ。3回、2死3塁でのピッチングは、もう惚れ惚れしました。カウントを稼ぐフォークを見逃し、ファールさせた後、誘い球無しで内角膝元へ152キロをズドンですもんねえ。いやあ、かっこえええええ。

日刊スポーツ 『 侍千賀「ゼロで抑えられたこと一番」初先発5回0封


 投手陣は結局イスラエルを9回まで3点に抑えました。結果論を承知で言えば、もしも零封されて負けていたとしても失点率で1位通過できていたという事になりますね。そういう意味でも、今日は侍投手陣の勝利だったという気がしてなりません。


 一方、攻撃ではずっと4番に座り続ける筒香が、値千金の先制ホームランを放ちました。これによって、釣り合って揺れていた天秤が一気にこちらへと傾きました。

 内角にカットボールが外れた後、外角低めギリギリでカウントを取りに来た直球が、ボール3つ分高く、1個半くらい中に入りました。コントロールミスではあると思いますがそれを逃す事無く、しかもとんでもない当たり、実に筒香らしい打球で(何年か前に書きましたが、私は今でも筒香を超ド級のライナーバッターだと思っています)バックスクリーン右奥へと放り込むあたり、流石という他ありません。こんなバッターがベイスターズの4番に君臨するシーズン開幕が、今から待ち遠しくて仕方ないですねえ。

サンスポ 『 筒香が会心の先制ソロ 大会3本目を「いい当たりだったので、いったかなと思いました」


 で、今回の侍JAPANの凄い所は、ここから一気に攻撃を激化させて得点を連ねていくところではないでしょうか。内川、坂本、松田と今日も活躍選手が入れ替わり、試合は一気に優勢となりました。いや、お見事でした。


 さて、アメリカでの決勝ラウンドですが、3月21日火曜日、日本時間10:00〜、ドジャー・スタジアムにて行われます。中継はTBS(8時から)とJSPORTS(9時45分から)で行われるみたいですね。いや、楽しみです。ふふふ、ちょうどこの日、休みなんですよ。午後から遊びに出かける予定ですが、朝はちょうど空いていますので起きられたら(自信なし!)是非リアルタイムで観戦したいところです。

WBCオフィシャル 『 日程&開催地

 この試合の相手はプールFの2位チームです。プエルトリコ、ベネズエラ、アメリカ、ドミニカで構成される、間違いなくこちらより格上のプールですね。しかも、ここから先は東京ドームでの6試合で背中を押してくれた大歓声はなくなります。また、こういう絶好調のチームにとって、4日間の移動、無試合日、また、時差はマイナスに出る可能性が高いでしょう。そういう意味でも、試金石の試合となりそうです。

※追記
 渡米後、3月19日にカブスと強化試合があるそうです。テレビ放送も(5:00~7:00(!))あるみたいですよ。




posted by omune at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック