2017年03月28日

鉢植近況 サルスベリの植え替え (20170327)

 いやあ、実に久しぶりの鉢植え近況更新になりました。昨年の10月末以来でしょうか。2017年初の鉢植え関連記事はサルスベリの植え替えとなります。

 このところ時間が取れず、鉢植え連中になかなか時間をかける事が出来ませんでしたが、はたと気が付けばもうプロ野球も開幕。もういい加減に手を入れてやらねばと今日から来週にかけて、仕事後に順次植え替え、選定作業を行っていく事にしました。

 で、我が家のサルスベリ。まずは作業前の姿をご覧ください。

サルスベリ_植替前.jpg

 鉢はリッチェルのSleekトールポットです。鉢植えを始めた時から我が家ではほとんどこの鉢を用いています。プラスチック製なので植物には理想的とは言えないのでしょうが、一応鉢底のスリットが大きく、また盛り上がった(底側から見るとへこんだ)形状によって通気性を確保してくれている(様に思う)事と、なによりその縦長の姿が気に入って愛用しています。因みにサイズは6号相当です。

 サルスベリは落葉期に前年に伸びた新しい枝(当年枝というらしい)を落とさないと翌年の花付きが悪くなるという事で、実は今年も2月にばっさりと枝を落としまくりました。その時の姿がこちらです。

0206サルスベリ.jpg

 2月6日に作業を行っておりますので、だいたい二か月弱前という事になります。室内置きという事もあってか(それでも1月には完全落葉します)間もなくして新芽を出しまくり、現在ではほぼ完全回復という状態。昨年同時期より葉が一回り大きくなっているのは「今年は本気出す」という宣言なのか、矮化剤が切れたのか(矮性という売り文句につられて購入したのですが)は不明です。いずれにせよ、落葉期にはまたばっさりと切り戻しますから、これはまあ大きな問題にはならないでしょう。

 作業はもういつもの通りです。鉢から抜き、根鉢を1/3ほど崩して、根も同様に1/3ほど整理、新しい土で植え戻します。他の株については根と同時に地上部も切り戻すのですが、サルスベリについては2月に切っていますので地上部についてはそのままです。

 植え戻しについてですが、本当は元と同じ6号サイズの鉢を用いるつもりでした。しかし、今年は例年以上に地上部の成長が速いこと、根鉢がガチガチになるほど根が強烈に回っていた事から、結局余っていた7号鉢にアップする事にした次第です。

 植え替え後の姿はこちらです。

サルスベリ_植替後.jpg  サルスベリ_若葉.jpg

 地上部をいじっていないので見た目はあんまり変わりません(汗) ただ根元部分と鉢土表面の面積比で鉢サイズが上がっているのがお分かりいただけると思います。なお例年通り、時間経過による土面低下を見越して、ウォータースペースはほとんど取っておりません。

 最後にたっぷりと水をやり、久しぶりに葉をざばざば洗ってやって植え替え作業は終了。勢いを取り戻すのにはしばらく時間がかかるでしょうが、初夏には昨年までと同様、鮮やかな花をたくさん纏ってくれる事を願います。




posted by omune at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック