2017年04月10日

2017年の花見は赤羽桜堤緑地に赴きました

 先日の記事で少し触れさせていただいた『雨に降られた花見』ですが、今年赴いたのはこちらです。


 国道122号線の赤羽-川口間、新河岸川、荒川に架かる新荒川大橋のたもと、赤羽桜堤緑地です。地図上ではこちらになります。


 
 東京メトロ、赤羽岩淵駅からですと徒歩10~15分、JR赤羽駅からですと徒歩15~20分という所でしょうか。或いはバスに乗って赤羽岩淵駅で下車、徒歩10分くらいです。

 国道122線からの遠景はこんな感じ。

赤羽桜堤01.jpg

 手前に見えるのは新河岸川です。後方を振り向くとかの有名な(?)岩淵水門が見えます。桜が咲いている堤の向こうが荒川、川向こうが川口市街になります。

 堤上へ歩を進めると、肝心の桜はまさしく満開の状態でした。

赤羽桜堤02.jpg  赤羽桜堤02B.jpg

 咲き誇る桜のアーケードは圧巻の光景です。これで晴天であれば完璧だったのですが、そこだけが本当に残念でした。ただ、平日だったことに加え、その天候もあってでしょう。花見客はまばらで、のんびりと桜を楽しむ事ができました。そのせいで、この後雨に降られちゃいましたけど(苦笑)

 この花見ポイントの魅力は他にもあります。桜の他にもう一つ、見事に咲き誇った花を楽しめるんですよね。

赤羽桜堤03.jpg  赤羽桜堤04.jpg

 芝桜です。1枚目の社員の向こう側。堤の荒川斜面を美しく彩っています。鮮やかな赤紫(?)が斜面を一面に埋め尽くす様は、満開の桜にも決して負けていません。2枚目の写真奥に見えているのはJRの鉄橋です。京浜東北線と高崎、宇都宮線が走っています。

 そんなわけで、天気さえ除けば(しつこい)今年も満足のいく花見となりました。いよいよ春も本番となりつつあります。今年は空模様が今一つですが、もう少しすれば暖かい陽光を浴びる事ができるでしょう。楽しみです。




posted by omune at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック