2017年05月22日

はじめての洋式便座

 先日、こちらの街まで出張に行ってまいりました。

静岡駅.jpg

 はい、静岡ですね。この日は激しい雨となる予報が出ていたのですが到着時にはまだそれほど荒れておらず、夜遅くなっての帰宅時には既に止んでくれておりました。予報を聞いて非常に憂鬱だったのですが、嫌でも行かなくてはいけませんからね。そういう意味ではラッキーでした。


 で、今日の本題はそこではありません。こちらについてでございます――

トイレ01.jpg

 帰りの新幹線のトイレに張られていた『使い方解説書』です。増加を続ける外国人観光客がメインターゲットなのでしょう。それは分かるのですが、これの1番上のX印の方の座り方、凄いですよねえ。

 いくら安定性の高い新幹線とは言え高速走行中はそこそこの揺れがあるわけで、そんな状況下であの細い便座に両足を乗せて座るのはかなり難しいでしょう。最悪踏み外してしまい、用を足しながら便器と壁の間の細い隙間に落下してしまうなんて事になりかねません。

( ▽|||)サー

 修羅場! これは修羅場ですっ!

 ……あ、でも、実際にそういう事が起こるからこその張り紙なのか……(納得)


 いやいやいや、違う。今日の本題は実はそこでもないのです。ここから! ここからですよ、皆さん。

 これはつまり『洋式便座の取り扱い説明書』じゃないですか? で、自分の席に戻りながらふと思ったのが、「そう言えば、初めて洋式便座を使ったのはいつだったかな」という事です。

 と言っても、若い方々にはぴんと来ないかもしれませんね。でも、わたくしの幼少期には洋式便座なんてありませんでした。いえ、あるにはあったのでしょうが、少なくとも私の日常生活の場にはなかったんです。

 思い返してみると義務教育の間は学校にもなかった様な気がします。はっきりしているのは実家を改築した時に、和式だった便座を洋式に変更したのだという事。母が大病を患い、トイレを楽に済ませる事が出来る様にするためだったと思います。あれは私がいくつの時だったですかねえ。高校? 中学? うーん、最近記憶がやばいんだよなあ(汗)

 ただ、これはあくまでも『実家のトイレが洋式になった記憶』であって、『初めて洋式便座を使った記憶』ではありません。で、ここのところがですね、どうしても思い出せないんですよ。うーん、ほんといつだったかなあ。

 でもですね、その『初めて洋式便座を使った』時なんですが、おそらくはそう困惑する事なく、使う事が出来ていると思います。いや、「あーでもない」「こーでもない」と色々困っていたとしたら、その時の事はきっと忘れていないと思うんです。

 では、私はどうやって洋式便座の使い方をマスターしたのでしょう? 画像の様なマニュアルなど勿論なかったですし、今の様にネットで簡単に調べられる時代でもありません。便座を初見して「うむうむ、きっとこんな感じに座って」と自分で考えたのか、それとも友人なり家族なりに教えてもらったのか。そのあたりも今となっては記憶が幻です。

 一方、温水洗浄便座を初めて使った時、場所については覚えてますよ。実家で、説明書片手に興味津々使ってみたのが懐かしいです。当時の奴は確か、座らないで洗浄操作するとそれはもう大変な事になってしまう仕様だった気がします。ん? ……記憶違いかなあ???

 さて、どうでしょう。ある線より上の年齢の方々についてはそのあたりの記憶について、それより下の年齢の方については『トイレの原風景』について、どの程度覚えていらっしゃいますか?




posted by omune at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック