2017年06月12日

鉢植近況 ランタナ開花、サルスベリにも蕾、我が家の花盛りはもうすぐです (20170606)

 この鉢植え近況は予約投稿です。タイトルの日付は記事執筆時のものになっております。


 先日、蕾を持ち始めた旨、記事にさせていただいたランタナですが、6月になっていよいよ開花が始まりました。


ランタナ01.jpg ランタナ02.jpg

 ランタナは(今さらですが)小さな花が半球(ドーム状)の塊となって咲いていきます。一花群の直径は親指と人差し指で作った輪っか程でしょうか。故に単体では迫力不足なのですが、こうしていくつもの花群が一斉に咲き揃うとその印象は一変します。また、開花時は黄色、散る直前は赤と徐々に色が変化していきますので、見ていて飽きる事がありません。

 問題はこの賑やかさが続くかなのですが、今のところ以下画像の様に次々と蕾が伸びてきつつありますので期待をもって良さそうです。

ランタナ03.jpg

 ここまでの花、蕾の数は明らかに昨年よりも多くなっています。今年は意図的に肥料のリン成分を増やしているのですが、その影響もあるんですかね。それに加え、春先に行ったこれまでにない強剪定による刺激も良かったのかもしれません。


 一方、昨年に比べて開花が遅れているサルスベリですが、ここに来て一気に蕾が膨らみ始めました。

サルスベリ01.jpg  サルスベリ02.jpg

 昨年、蕾を確認したのは5月9日でしたので、そこから一箇月送れという事になりますね。ただ、教科書によるサルスベリの開花期は7月から10月ですので、これでも決して遅いという事はありません。

 さて、この蕾が実際に開花するのはいつ頃になります事か。梅雨入りと共に日照の減少が予想されますので、あと一週間くらいでしょうか。

 いずれにせよ、ここまでくれば開花に至るのは間違いないでしょう。昨年と比較しての開花遅れに少々心配しておりましたが、いやあ良かった良かった。


 他に先日書かせていただいたマリーゴールドや、ニューギニア・インパチェンスも好調ですので、もう少しすると様々な花々が満開となり、目を楽しませてくれそうな状況となってきました。ただ、そんななか一株だけどうも調子が上がらない花木があるのです。『鉢植近況』をいつもお読みいただいている方にはすぐお分かりかと思うのですが、そのあたりはまた近いうちに書かせていただこうと思っております。




posted by omune at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック