2017年07月03日

大宗、スーパーの袋詰め台にぶちまける

 今日は仕事中、ふとお刺身が食べたくなりました。で、仕事帰りに購入してきたわけですが、実はその時にちょっとやらかしてしまいました(背中丸まり)

ぶちまけ.jpg

 この容器なのですが、中にはブリの切り身が入っていました。が、この画像はまだ食べる前のものです。はい、帰って来て早々中身は全て廃棄処分となりました。というのは――

「お、天然ブリ、か。うまそうだねえ」

 そう心で涎を垂らしながら(?)陳列棚からカゴに移す時には全く問題ありませんでした。同時購入したイカ刺し(無類のイカ好きなんで)と一緒に早速レジへと向かいます。夕方だったにもかかわらずレジはすかすか。運がないと全てのゲートがフル回転、それでも長蛇の列になっている時間帯でしたからこれはラッキー、実にラッキーです。

(^_-)v

 いや、歳が歳ですからさすがにそんな顔をしたりはしませんが、それでもホカホカ白米との最強コンボを楽しみに支払いを済ませ、袋詰め台に向かいます。そして、そこで凶事は起こってしまいました。

 実はですね、隣で袋詰めをしていたおばさんがなんだか非常に苛立っておりました。皆さんご存知かと思いますが、袋詰め場所で空になったカゴは近くにある回収場所に重ね、片付けて帰るわけです。それを周囲が注目する具合の荒々しさで「どかーん」と投げ入れる猛々しさ(何をそこまで苛立っていたのか、近くにいたので大体把握しているのですがここでは省きます)うーん……、惚れてまう(笑)

 はい、無論、私も『びくっ』としながら視線を奪われました。「怒ってるよ、えらく怒ってるよー。くわばらくわばら」とその背中を見送りながら、手にしていた刺身の容器を袋の底に置こうとした、その時です。

「ぼとっ!」

 そんな嫌あな音が耳に届きました。

…o(;-_-;)o ウ……、イヤナヨカン

 予測が外れている事を期待しつつ視線を手元に戻したのですが、残念ながらその願いはかないませんでした。パックのふたが見事に外れ、ブリの切り身は山盛りのツマと共に袋詰め台に御整列。

(T△T) アアア……。アアアアア。

 いやあ、こんな事ってあるんですねえ。あ、いえいえ、無論悪いのは私です。陳列棚からカゴに収める時はちゃんと(そして無意識に)蓋部分と皿部分を上下から挟むようにして持ったのだと思うのです。しかし、袋に入れる時はその持ち方では幅を取ってしまいますから(袋の口に合わせるような意識で)蓋部分だけを左右から持ってしまっていたのでしょう。

 その状態で、おばさんのカゴぶん投げに無意識に力が入ってしまったんですかね(笑) 指で押された蓋部分が歪み、ロックが外れてしまったのだと思います。

 それにしても、です。皆様のなかで同様の経験をされた事がある方、いらっしゃいますか? 私もこれまで数えきれないくらいスーパーでの買い物を重ねてきましたが、これは生まれて初めての経験でした。で、思いもしなかった事が起きた時、人間はなんだか淡々としてくるものですね。何人かで行っていればまた違うのだと思いますが、なにしろ孤立無援ですし(笑)

 え? その後ですか? いや、もう至って冷静に手で散らかった切り身とツマを拾い集め、元のパック(画像のもの)に、しかも丁寧に詰め直し、それから台の汚れをハンカチで拭き取りました。で、そのままトイレに行って手とハンカチをじゃぶじゃぶと……。うーん、切ない、実に切ないです。

 上はその後、帰宅して『ついさっきまで刺身だったもの』を処分した後の画像です。実は『3秒ルール適用』も考えたのですが、さすがに誰がどう触ったか分からない袋詰め台に落ちたものを食べる気にはならなくて。でも、今にして考えると、醤油とみりんと酒あたりで煮てしまえば大丈夫でしたかね。

 そしてその後、実はもう一度同じ店に行って、同じ商品を再購入してきたのでした。味? はい、そこそこ美味しかったです。この事件によって、コスパ的には最悪の夕食になってしまいましたが(泣)




posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック