2017年07月06日

ベイスターズ雑感 驚異的な濱口の粘り強さ (20170705)

 今日は所用により遅くなってしまいましたので、短めに更新させていただこうと思います。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 いやあ、やってくれました。これで貯金が3となり、勝敗数の波うち、その基準線を少し引き上げる事ができました。


 投のヒーローは文句なく濱口でしょう。中盤までいつもにも輪をかけてコントロールが不安定で、常にランナーを背負う苦しいピッチングとなりました。逆転した直後の5回にはイニング開始からなんと10球連続ボール球というある意味衝撃的なピンチもありましたが、今日もやはり大崩れしませんでした。この新人投手の、登板毎に見せる粘り強さは本当に驚異的です。

 チームの逆転は照明が目に入った相手外野手、福留がボールを見失った結果ですが、それも濱口が大量失点せずに試合を作れていたからこそ。チーム勝ち頭の6勝という数字は決して伊達ではありません。

日刊スポーツ 『 ラミレス監督「リリーフの助けに」浜口スタミナ称賛

サンスポ 『 浜口が粘投で6勝目!首位打者の宮崎が5打数5安打



 一方、打のヒーローは石川でしょうか。2打席目、濱口同様コントロールに苦しむメッセンジャーに13球を強いた末の四球出塁。これが実に石川らしかったですし、また好調を維持している事を感じさせてくれました。

 また続く第3打席にはリードを2点に広げるレフトスタンドへのホームラン。外角低め、少し甘く入って来た球ではありましたが、左中間中段まで到達する見事な打球でした。

 先日の試合で守備中にランナーと交錯し途中退場となり、一ファンとしてもかなり心配しておりました。でも、プレーぶりを見る限りどうやら大丈夫そうですね。暫くは梶谷に代わって2番打者を務める事になるらしいですが、今日は2番打者として理想的な仕事をして見せてくれました。

サンスポ 『 石川、自画自賛のリードを広げる2号ソロ「完璧です!」

スポーツ報知 『 梶谷、今季初の7番起用で逆転二塁打!ラミ監督「7番で自由に打たせたい」



 そして宮崎です。なんと5打数5安打で、ついに打率が.350を超えました。その内容も『宮崎打ち』での右方向への打球あり、合わせての二遊間への強烈なゴロあり、引っ張って3塁線を破る打球ありと、その特徴、個性を存分に発揮してくれました。そして迎えた最終打席、レフト左へのライナー性2塁打はチームの勝利をほぼ決定づける貴重な一打となりました。

 ちなみに今シーズンの宮崎は、今日の成績を併せてメッセンジャーが大得意。なんと6打数6安打ととんでもない数字を残しています。

スポーツ報知 『 宮崎、5打数5安打!3割5分1厘で首位打者快走

 あ、そうそう。上述の10球連続ボール球での大ピンチ(無死1、2塁)を見事切り抜ける大きなプレーとなった1-5-3併殺においても宮崎の貢献度大でした。1-5-3???? 送りバント失敗じゃないですからね(笑) 宮崎、よくベースタッチしたと思いますし、一塁に転送してくれたと思います。



 さあ、これでチームは5連勝(!)遂に2位タイガースまで1ゲーム差のところまで上がってきました。ただ、試合内容そのものはもっと点が取れていた、中盤までにより優位に立てていたものだったかもしれません。

 このところホームランでの得点が多く、それもまた打線の好調さを物語ってくれているとは思います。が、それが落ち着いてしまった時、やはり勝っていくためには『取れる点を取れる時に取っていく』事が重要になるでしょう。そのあたりに一抹の不安もまた覚えた試合ではありました。



 さて、明日は新潟での凱旋登板の機会を雨で失った飯塚が先発のマウンドに登ります。まだ経験の少ない投手ですから、やはり打線の援護は必須となるでしょう。序盤から援護点をプレゼントし、少しでも楽に投げられる状況を作り上げてやって欲しいと願います。




posted by omune at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック