2017年07月29日

鉢植近況 大株(当社比)ガジュマルの気根について (20170729)

 よく利用している天気予報サイトによると私が住む埼玉南部の明日は曇一時雨、日曜日は曇、その後も曇、くもり、クモリ、くもり……。とても梅雨明けしているとは思えない天候になってきました。『戻り梅雨』ってやつですかね、これは。

 そのせいでこのところ日照時間が激減。我が家の鉢植え達にも少なからず影響が出てきています。たとえば一年を通して(冬季に数が減りはするものの)花を咲かせ続けるランタナが現在、ただの一輪(ひと房?)も開花させていません。

 蕾は数多く持っていますから日照が戻れば一気に勢いを取り戻すとは思います。ただ、賑やかに咲いていた花が寿命となった時、日照不足の影響で次の蕾の用意が間に合わなかったという流れなのだと思います。他にも例年この時期は開花期の真っただ中であり、非常に華やかな姿となるサルスベリも少し花数を減らしてしまっています。

 しかし、そんな状況をものともせずガジュマル、ペペロミア、パキラの観葉植物チームはいたって元気。順調な生長を続けています。今日はそのなかから大株(当社比)ガジュマルについて書かせていただきます。今年の春、植え替えと剪定を行った時点での記事はこちらです。

過去記事 『 大株(当社比)ガジュマルの植え替え、剪定 』(20170329)

 それから4か月が経過した現在の姿はこんな感じ――

ガジュマル01.jpg  ガジュマル02.jpg

 姿自体はあまり大きな変化を感じられないと思います。が、それは適時剪定を行っているからでして、ここまでの4か月で2回ばかり枝の詰めと落としを行っています。花の数や蕾の出る位置を気にせずに思い切り姿形をいじれるのは、観葉植物と強みかもしれません。

 葉の色もなかなかに良いですし、新芽の数も例年同様かそれ以上、このところの日照不足もガジュマルにとっては大きな問題ではなさそうです(今のところ)


 さて、この大株(当社比)のガジュマルと言えばやはり気根が注目ポイントになるでしょう。比較対象としてまずは2015年9月下旬の画像を掲載させていただきます。該当記事はこちらです。

ガジュマル比較対象2015.jpg


 次は2016年8月の画像で(2015年のものとは逆向きから撮っています)該当記事はこちら――

ガジュマル比較対象2016.jpg


 そして現在の画像です。

ガジュマル03.jpg  ガジュマル04.jpg

 2枚目の画像と2016年の画像を比べていただくと、気根が幹に食い込み、合着し始めているのがお分かりいただけると思います。実際、手で触ってみると力を入れて押してもびくともしません。

 幹自体も毎年確実に太くなっていってはおりますが、こうして気根を取り込んでいくとさらにその勢いが増すでしょうし、なによりその形も面白くなっていってくれそうです。この先、この株の根幹部がどのような変化を遂げていくのか、今から楽しみです。
 


 
posted by omune at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック