2017年07月31日

ベイスターズ雑感 7月の月間勝敗は胸を張れるもの (20170731)

 二日連続で体力勝負、長時間の業務となり、昨日も結局観戦する事は出来ませんでした。

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA 』

 帰着した時にはなんだか朦朧とした感じで(結果も速報で知っていましたので)「明日見る事にしよう」と先延ばししてしまったのですが、今日は今日でやる事が多くて(泣) 潔く諦めて(?)明日からまた心機一転で観戦していこうという事にしてしまいました。

 え? いやな負け方だったから見る気がしないんだろうって? 

(-_-;ウーン

 はい、正解! おそらくはそれが大きいです。本当は、ファンだからこそ見届けてあげるべきなのでしょうけれど。その結果、悔しがったり、言葉を失ったり、笑えて来てしまったり泣いたり(いや、それはさすがにないですかね)も含めて、ですね。ただ、まあ、今回は勘弁してやってつかあさい(謝)

 三上にしろ、山崎康にしろ分母(登板機会)が非常に大きいですからね。疲れも当然あるでしょうし、三上もなかなか復調、調整のタイミングが見つからなかったりというのもあるかもしれません。このあたり田中健の調子が今一つ上がらない事、昨年大車輪の働きをしてくれた須田が未だ調整中というあたりが効いてきている感じですね。

 それと長いシーズンですからこういう事も(そしてこれからも)あるでしょうし、勝てなくなる時期が訪れる可能性も高いでしょう。今がその時なのか、それともまだ先なのかは分かりませんが。そのあたりもあってこのところ順位の事は敢えて触れてきませんでした。

 無論、絶好調時にタイガースを抜き去り、一気に引き離せれば理想的ですしそうなれば2位も早々に確定するのでしょうが、残念ながら戦力の物量、厚み、野球の質などにおいてまだ(あくまでも『まだ』です)ベイスターズにそれだけの力があるとは思えないのです。シーズン冒頭の順位予想はそのあたりが根拠となっています。と言っても、今は良い方向に大外れしてくれる事を心から祈っておりますが――

 ただ、それでも、です。先日までぶつかっては跳ね返されていた5割の壁はまだ4ゲーム後ろにあり、それはそのまま4位との差と同じです。7月の月間成績は12勝8敗1分ですから、それがそのままこのアドバンテージに繋がったという事になりますね。

 なにしろ半年にも及ぶ長いシーズンの話です。今はこの時期に、僅かばかりだとしても貯金を有していられる事に選手達や首脳陣たちを労うべきなのでしょう。ただ、その状態に満足していては必ず右下がりになっていくでしょう。彼らにはまだまだ上を見て、その試合その試合を精一杯勝ちにいってもらいたいと願います。



 それと昨日はファームで濱口がまた先発したようですね。

オフィシャル 『 2017年7月30日 東北楽天 - 横浜DeNA

 前回はたった17球だったという事で個人的に心配していたのですが、杞憂に終わってくれてなによりです。内容も3回を2安打3奪三振2四死球で1失点とまずまずだった様です。次回、さらにイニングを伸ばす事が出来れば、いよいよ復帰が(あと1回くらい下での登板を挟むでしょうか)近づいてきそうです。その復帰はシーズン終盤戦に向けて非常に大きな価値を持つ事になるでしょう。




posted by omune at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください