2017年10月05日

ベイスターズ雑感 消化試合とは思えない、期待感と楽しさに満ちた2連戦だった (20171004)

 おばんでございます。昨日をもちましてベイスターズの2017年公式戦がすべて終了しました。選手、関係者の皆様はもちろん、半年間応援を続けられたファンの皆様、本当にお疲れさまでした。そして、あらためまして2年連続CS出場、おめでとうございます。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 中日 』(3日分)

日刊スポーツ 『 DeNA 対 中日 』(4日分)

 大幅な選手の入れ替えもありましたし、消化試合色の濃厚な展開、内容になるかもしれないと予想していたのですが、いえいえとんでもない。ドラゴンズも含め、若手だけでない様々な選手のアピールを目の当たりにして非常に楽しませていただきました。


 やはりなんと言っても細川になるでしょう。いや、2本とも素晴らしいホームランでしたよねえ。

 1本目はなんとプロ初打席。初球、外角から曲がり落ちてくる左投手のスライダーに対し、出かけたバットを止めて1B0S。その直後でした。内角膝元でストライクを取りに来た直球がコントロールミスで真ん中低目に。フルスイングでとらえらた打球はバックスクリーン右下に向かって、凄まじい勢いで吹っ飛んでいきました。

 この打席においては初球の変化球を見極められたのが大きかったように思います。そして期待通りに甘くなった直球に対し、フルスイングできた事。それもプロ初打席の2球目を、ですからねえ。本当に大したものだと感嘆いたしました。

サンスポ 『 細川がプロ初スイングで衝撃3ラン 球団初の高卒新人による初打席本塁打

サンスポ 『 細川「自分の持ち味はフルスイング」

 報道によれば2軍で多くの場数をもらいながら「三振しても良いからフルスイングだけは変えるな」との指導を受けてきたとの事。

 以前から記事中で『らしさ』という言葉を使わせていただいております。これ、技術屋にとって(野球に限りません)本当に大切な要素だと思うのです。その人間だけができる事、その人間に任せれば間違いない事、それは仕事をしていくうえで大きな売りになりますし、なによりもいざという時、自分を救う最大の武器になります。

 こうした選手の『武器』『長所』を伸ばそうとする指導が細川を成長させているのは間違いないのでしょうし、それをベイスターズファンとして誇らしく感じたりもします。そしてなにより、『この選手の思い切りの良さ、振りの強力さを活かそう』と球団とコーチ陣に感じさせたのだろう、その資質に期待せざるを得ません。


 さて、2本目は1B1Sからの3球目、やはり内角を狙ったストレートが中に入った球でした。前日よりも少し(投手から捕手の軸上で考えて)引き付ける感じでのボールコンタクトになったのではないかと思うのですが、これを今度はライトスタンドに放り込むのですから凄い。このあたりもそのスイングスピード、そしてボールへ伝わるパワーの大きさがあってこそだと感じます。

サンスポ 『 細川、デビューから2戦連発!高卒新人ではドラフト制導入後史上初

 いや、これは本当に楽しみな選手が出てきました。変化球の空振り具合などを見ると、まだ少し時間はかかるのだろうと思われますが、それでも彼はまだ19歳です。筒香が初めてシーズン20本を達成したのは2014年、22歳になる年でした。それを考えても、将来が非常に楽しみなバッターです。



 一方、3日に先発した綾部も素晴らしかった。ストレートはガンでは140キロ台前半から半ばですが、それよりも力感が強烈なのと、なによりきっちりとコーナーに散っていました。また切れを感じさせるチェンジアップや、どろんとしたカーブが印象的。ビシエドやゲレーロ、大島といった主力抜きの打線が相手だったとはいえ、来シーズン以降に期待を膨らませてくれるプロ入り初勝利でした。

サンスポ 『 綾部、初登板で勝利「不安だったけど、こういう結果になってよかった」



 そしてチェンジアップと言えば濱口です。いや、こちらも本当に素晴らしいピッチングでした。2回にピンチを背負い、3回には同点の一撃を打たれてはしまいましたがそれ以降、7回までただの一人もランナーを出さない圧巻の投球を披露してくれました。ストレートでぐいぐい押し込みながら、勝負球として投じるチェンジアップにドラゴンズの若手打者たちのバットは面白いように空を切り続けました。

サンスポ 『 浜ちゃん、球団新人左腕59年ぶり10勝

日刊スポーツ 『 浜口CS軸だ、ハマの新人10勝20年ぶり

 これで濱口は10勝に到達。ベイスターズとしてはあの川村以来、20年ぶりのルーキー二桁勝利を達成しました。その数字自体も素晴らしいのですが、もっと身近なところで井納も石田も今永も出来なかった事をやってのけた。そう考えてみれば、このルーキーが並みでない事が分かります。

 昨秋のドラフト時、柳競合で撃沈、次に佐々木競合で轟沈。3巡目のドラフト1位(?)として入団してきた頃、正直これ程の活躍をしてくれるとは思ってもみませんでしたし、実際、世間的にも私と同様の感触、手ごたえを語る意見が多かったように思います。

 そんな『外れ外れ1位』がこの大活躍。123回2/3を投げて防御率3.57、10勝6敗という成績を残してくれたのですから大したもの。なによりも素晴らしいのは個人勝敗だけでなく、その先発した試合のチーム勝敗でも貯金を作ってみせた事です(+1)

 二桁勝利に到達した事で『新人王争いが分からなくなった』との話題も出てきておりますが、うーん、これはどうですかねえ。

 上述させていただいた通り、濵口は個人的に4つの貯金をチームにもたらしています。そして、この分の貯金がなければ、チームはBクラスでのシーズ終了もあり得たでしょう。

 そう考えると、その1勝1勝には(ベイスターズにとって)計り知れない価値があると思います。また(ドラゴンズファンには申し訳ないのですが悪意があっての発言ではありませんのでお許しを)両所属チームの順位には開きがあり、新人王が『勝利への貢献度』を競うものであるならば、おそらく濱口が当確となるのだろうと思います。

 しかし、各個の成績、活躍度という点を重視するのであれば、やはり残念ながら京田になるのではないでしょうか。新人ながらほぼフルに1番を任され(現時点で)149本の安打を積み重ねてきたというのは、濵口に負けず劣らず並みの働きではありません。またその守備力で(ベイスターズ戦に限っても)何度煮え湯を飲まされてきた事でしょう。

 濱口の場合はあれですね、規定投球回数に足りていないという部分が大きなマイナスになりそうな気がします。ただ、これは新人王選考においてはに限った話ですし、だからと言って濱口の今年の活躍、貢献に傷などつこう筈がありません。それは我々ベイスターズファンが一番よく分かっていますよね。


 こうして考えるとドラフトでの順位、世間の前評価なんかやはり当てにはなりません。毎年のドラフト時にいつも『結果として最高のドラフトになれば良し』と書かせていただきますが、そういう意味で昨年度のドラフトもまた成功だったと(現時点では)言えるのではないでしょうか。同時に『不作』と言われている今年のドラフトにおいても、必ず(チームに大きな収穫をもたらす)チャンスがあるのだろうと思います。



 最後に須田です。長らく下での調整が続いておりましたが、ようやくここに来て戻ってきてくれました。球速は140キロ台半ばではありましたが、力感、切れの感じはかなり回復。CSでの活躍はもちろんですが、来シーズンの中継ぎ陣再構築に向け、大きな期待を持たせてくれる内容だったと思います。

サンスポ 『 須田、無失点救援披露 CSへ「戦力になれるように頑張ります」



 というわけで、消化試合とはいえ非常に楽しませてもらった2試合でした。こうしてベイスターズは今シーズンを終了しましたが、打撃部門において2人のタイトルホルダーを輩出できる運びとなりました。この事については(バッティングフェチとして(笑))もう書きたくて仕方がないのですが、時間と長さの都合上またの機会にさせていただこうと思います。

 またその一方で(現時点において)7人の戦力外選手が発表されるに至りました。その大部分は弱かった時代のベイスターズで獅子奮迅の働きを見せてくれた選手であり、一ファンとしてもなんだかたまらないものがあります。

 こちらについてもまた後日にゆっくりと、様々な思いを噛みしめながら書かせていただくつもりですので、その時は何卒よろしくお付き合いくださいませ。

オフィシャル 『 2018年シーズン 選手契約について

スポーツ報知 『 久保、戦力外も現役続行に強い意欲…高田GM「自由契約になった方がチャンスがある」




posted by omune at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください