2018年04月06日

ベイスターズ雑感 残念ながらチーム復調の気配見えず (20180406)

 まあ、なんというか。今日も現状を象徴する様な貧打でした。

日刊スポーツ 『 広島 対 DeNA 』

 ここまでの一試合平均チーム得点は2。つまり3点取られたら負けという状況ですから、石田が立ち上がり慎重になってしまったのも無理はないかもしれません。

 ……でもなあ。それを差し引いても、やはり主力投手としてなんとか踏ん張って欲しかったですかねえ。加えて先制点は二者連四球での押し出しですから。この立ち上がりの悪さをなんとかしないと、個人的な勝敗も良化はしないと思うのですが。


 で、打線の方は完全にパターンにはまってますよ。得点は全て神里絡み。

1回:ヒットで出塁 → 盗塁 →送りバント → ロペス内野安打で生還
6回:先頭打者として2BH → 内野ゴロで進塁 → 内野ゴロで生還
8回:無死一塁で2BH → 犠牲フライで3塁ランナーが生還

 こういう流れになっており、彼がいなかったら完封負けペースでした。で、いつもながらその内容が素晴らしい。難しい内角、あるいは外角へ逃げていく球をいずれも逆らわず、スムースにヘッドを滑らせてとにかく前へ飛ばしていきます。今のチームにおいて、バッティング内容は間違いなくナンバー1でしょう。

 そして塁に出ればすかさず盗塁。これで盗塁数は4となり、失敗はなんと0。実に素晴らしい活躍です。


 それだけにクリーンアップの不調は痛いですねえ。って、毎日同じ事書いてますが。それでも宮崎やロペスについては、そう遠くない時期に数字を上げてきそうな気がします。いずれも『らしい』スイングをしているように感じるからです。

 個人的には筒香の打撃がショックです。一発のみを求めているのか、ボール球をブンブン空振りしちゃいますし。それに、スイングそのものもぎくしゃくしていて硬い気がします。ただの不調なら良いんですが、まさか体調が悪いわけじゃないですよねえ??? ちょっと心配です。


 ちょっと短いですが、明朝は早出での地方出張となりますので、今日のところはこのへんで。帰りがけに速報を開いて小躍りできると良いのですが、バリオスとジョンソンですからねえ。正直、ちょっと苦しいかなあ。最悪の場合、このカード終了時に1勝7敗という状況も覚悟しておくべきかもしれません。




posted by omune at 21:47| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております。今シーズンもよろしくお願い致します。私も同感で、筒香はバッティングスタイルが完全崩壊しているようで、あんなにボール球に手を出して凡打の山なのは明らかにおかしくなってますね。数億稼ぐ選手のくせに全く恥晒しで、一度干してミニキャンプ張るレベルまでいってます。
Posted by ぽち at 2018年04月06日 22:27
>ぽち様

 お久しぶりです。こちらこそ、あらためましてよろしくお願い申し上げます。

 不調のクリーンアップですが宮崎、ロペスには徐々に当たりが出始めましたね。これで負担が少しでも減れば、筒香の調子も上がってきてくれるかもしれない。そんな期待を持っています。


Posted by 大宗 at 2018年04月08日 01:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください