2018年04月08日

ベイスターズ雑感 バリオスが驚きの無四球投球。井納、砂田も完璧な任務遂行 (20180407)

 ありゃりゃ? ……勝った?

日刊スポーツ 『 広島 対 DeNA

 いや、正直なところ、今日は苦しいと思ってましたよ。出張帰りの新幹線で結果を知り、心の中でお祭り騒ぎしておりました。本当は声を出して絶叫したかったんですけどね。車掌さんに連れていかれちゃいますから。

 で、帰宅後に映像観戦させていただきましたが、実際、序盤まではジョンソンの完璧な投球に抑えられてましたねえ。バリオスもスコアボードに0を並べてはいるものの浮いたり中に入る球も多く、リアルタイムで見ていたら胃に穴が開きそうな、何かのきっかけで一気に攻め落とされてしまいそうな、そんな重苦しい展開でした。

 それを一気に変えたのが嶺井の一発。インコースを狙った球が真ん中低めに来たようですが、それにしてもよくつかまえました。そしてよく飛びましたねえ。これ以降、ベイスターズの攻撃活発度が明らかに変わりました。

 また、リードに関しても(特にエルドレッドに対して)明らかにこちらの意志を感じさせる配球を見せたりと、攻める姿勢を感じさせてくれました。間違いなく今日の殊勲者の一人だと思います。

 そしてバリオスです。いや、ほら……。前回の登板を見ればねえ、それもそつのないカープ相手ですから、やはりやられると思うじゃないですか。

――― 見くびってました。本当にすみませんでした ―――

 前回も書かせていただきましたが、特に低めに集まった場合、素直な球というのが殆どない感じですね。ボールが大小に動いて、打者としてはかなり打ちにくいのではないでしょうか。

 上述させていただいた通り、序盤こそ球が浮ついていましたが、段々と落ち着いていってくれました。積極的に打ってくるカープ打線に救われたところもあると思いますが、結果はなんと無四球投球(驚愕!)ストライクゾーン(とその周辺)で勝負できれば、結果が残せる投手。そんな印象を持ちました。

デイリー 『 バリオス移籍後初勝利 前回KOから復調…ラミ監督「評価してもいい」


 リリーフ陣では井納、砂田が大きなピンチに登場し、それぞれ期待通りの仕事をして見せてくれました。内容的にも揃って『らしい』ピッチングで、井納は落ちていく(逃げていく?)球を打たせて注文通りの内野ゴロゲッツー、砂田はゾーン外から入れていく相当に打ちにくいであろう変化球でポップフライと、前に投げていた投手のリカバリーを完璧に果たしてみせてくれました。

 一方でエスコバーとパットン。特にパットンは荒れ放題でしたねえ(苦笑) しかし、です。誰かが駄目な時に誰かがそれをカバーできる。そんなリリーフ陣が構成されつつあることを感じさせてもくれました。そういう意味で、やはり井納のリリーフ転向は大きいでしょう。2軍で調整中であるリリーバー達の面子を考えても、この厚みというのは夏場あたりに効いてくるのではないでしょうか。

デイリー 『 中継ぎ好投 井納、砂田…ラミ監督「2人のおかげと言っても過言ではない」

 最後に投げた山崎康はほぼほぼ完璧。あれだけの威力ある直球をあれだけ低目に集められるなら、落ちる球は意識させるだけで充分でしょう。見ていて全く打たれる気がしないくらいでした。


 攻撃の方は嶺井のホームランの後、地味な取り方で2点を追加できたのが効果的でした。特に(今日も)神里でしょうか。6回の内野安打は今日、唯一の出塁でしたが、その後の盗塁とショートゴロでの三塁進塁によって、その価値は非常に高いものとなりました。

 これで盗塁は5となって、失敗は未だ0。無論、このままのペースではいかないでしょうが、いずれにしても大したものです。これでクリーンアップが打ち始めると、相手投手にとってはさらに嫌な存在になっていくでしょう。

 その不調3人衆ですが、今日はロペスにようやく強い打球が出ましたし、宮崎も段々とコンタクトの成功率が上がってきているように感じます。明日にこの流れが引き継がれるようですと、いよいよ期待が膨らみます。そしてそうなってくれると、筒香への心理的重圧もかなり軽減されるでしょう。全員がとは言いません。とにかく誰か一人が当たり始めてくれるだけで、状況は大きく改善されていくと思います。




posted by omune at 01:51| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おはようございます。バリオスさん(急に「さん」付けにして何の意味が?)に対しては、私も見くびってました申し訳ありませんでした。はい。

 しかし、7回の続投は打順1番から(当たってますねえ)でしたから投球数75球でも代えるべきでした。バリオスはペトリックよりは少し球威と球種がありますが似たような投手です。3回り目あたりからは危険ですし(相手が慣れるから)、ピンチになったら凌げないことのほうが多いです。ウイニングショットがないですから。7回は初めから井納を出していればいいだけのことでした。8回も問題です。パットンは広島打線全体を苦手にしていますが、中でも田中と丸はも最も苦手です。今の砂田なら左打者に連打されることはまずないので8回は砂田で行くべきでした。「勝ちパターンは崩したくない」のは分かりますが、昨年は投げる度に打たれているのです。昨日は連打の後、四球連発ですが明らかに苦手意識が出ています。遅くも丸のところで砂田に帰るべきです。エルドレッドは弱点がはっきりしていますから、そこそこ制球力がある砂田なら大丈夫だったと思います。右で確実に抑えられる投手が山崎康しかいなかった。8回満塁からではいくらヤスアキでも辛い。しかし三上では怖いです。
 それにしても井納と砂田はよく投げてくれました。やれやれ、です。
Posted by リチャード佐々木 at 2018年04月08日 06:15
リチャード佐々木様

 こんにちは。いや、本当にバリオスにはびっくりでした。次の登板でどうなるか正直まだ疑心暗鬼なところがあるのですが、それでも今回の貢献度は計り知れないほど大きかったように思います。結局、なんだかんだとカープに勝ち越せましたものね。

 「怖い」とおっしゃれていた三上、今日はその通りのピッチングになってしまいました。ネットでは須田や加賀と入れ替えてはどうかなんて声もある様ですが、実際のところ三上と入れ替えられる投手はいるんでしょうか。なんだかんだと主力リリーバーであるのは確かですし。うーん。


Posted by 大宗 at 2018年04月09日 01:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください