2018年04月18日

ベイスターズ雑感 不安定なりによく抑えてくれた飯塚 (20180417)

 うむー、飯塚を勝たせてあげて欲しかったですけどねえ。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 前回もそうでしたが、山口にあれだけ落ち着かれて投げられたのでは、やはり苦しくなりますね。なにしろ4回以降は一本のヒットすら打てなかったのですから。

 一方、飯塚も一歩も退くことなく、堂々と渡り合ってくれました。ただ、昨年は雨天中止となってしまった凱旋登板に力が入る面もあったのでしょうか。ストライクゾーンの中に、高く行ってしまう球がかなりあり、またカウントを悪くする場面も目立ちました。

 それでも大崩れしないのは解説の槙原氏、あるいはジャイアンツ小関コーチのコメントしていた『腕の振りの良さ』あたりにあるのでしょうか。また、行き先が不安定だったとはいえ直球、変化球ともに素晴らしい球が数多く行っていたように見えました。

 だからこそ、無死一塁が二死無走者になった直後、ゲレーロに甘く入ったのは痛かったですねえ。確かにインコースを責めてはいたのですが、嶺井の要求からボール2個分くらい内に入ってしまいました。

 また、逆転のきっかけとなった岡本のヒットも、二死無走者から甘く入った球をつかまえられたもの。このあたりが勿体ないと言えば勿体なかったかもしれないですね。

 ただ、そんな不安定気味の投球でありながら、責任回数(今日は5回目途だったそうです)を1失点に抑えきったのは大したもの。先発投手としての仕事をしっかりと果たしてくれました。


 エスコバーはまあ……、そういう事もある投手だと思います。ただ、2回連続で飯塚の勝ちを消してしまいましたねえ。しかし、まだまだシーズンは長いのですから、埋め合わせするチャンスは何度もある筈です。エスコバーのおかげで飯塚に勝ちがついた。そんな更新をさせてもらえるのを楽しみにしています。


 ちなみに飯塚はここで『一旦登録抹消となる方針』(日刊スポーツ)なのだとか? となると来週の同一曜日、24日のカープ三連戦頭に、いよいよウィーランドが復帰してくる流れでしょうか。今日、公式戦がなかった2軍は、JR東日本との試合を行ったそうです。そこでウィーランドが先発していたとの事ですから(内容が分からないのですが)今日投げた結果問題がなければ、そうなる可能性は限りなく高いでしょう。

 ただ、飯塚のこの2軍行きはローテー再構成の日程調整のためであり、またすぐ出番が回って来るのは確かかと。なにしろ28日からGW9連戦が始まりますから。ローテーションの中6日を維持するのなら、ここで一時的に先発7人が必要となってきます。当然ながらどこかで飯塚に出番があるでしょう。そこで是非、今シーズンの初勝利をつかみとってもらいたいところです。



 さて、攻撃の方は上述させていただいた通り中盤以降はすっかり沈黙してしまったわけですが、しかしまあ(繰り返しになりますが)山口にあれだけ落ち着かれて投げられたのでは致し方ないかもしれません。そしてそんな山口がちょっとだけふらふらした3回、2死から集中打で得点を奪えているわけですから、それほど心配はないと(個人的には)楽観しています。

 ちなみに件の2軍戦では久しぶりに梶谷が出場し、いきなりホームランを放っているとか。是非早く調子を上げて一軍に戻って来てほしいものです。彼が6番あたりで期待度売りの数字を残してくれると、打線の破壊力はさらに増してくると思います。



 というわけで連勝はあっさりと止まってしまったわけですが、投手陣は今日も3点に抑えているわけですし、攻撃も決して悪くありません。普通の負け試合であり『無問題』な状況なのではないでしょうか。ただ、できれば明後日、どういう形でも勝利しておきたいところではありますね。




posted by omune at 01:11| 東京 🌁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください