2018年05月05日

ベイスターズ雑感 前回のはるかに上を行った石田のピッチング (20180504)

 いやあ『家政夫のミタゾノ』を見ていたらすっかり遅くなってしましました。

 で、試合の方ですが、素晴らしい投手戦を堪能させてもらいました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 なかなか調子が上がらず二軍再調整にまでなってしまった石田ですが、前回登板に続いて今日もナイスピッチング。しかも、内容は今日の方がはるかに上だったのではないでしょうか。

 とにかく球が低目、コーナーに集まっていましたし直球、変化球ともに切れているように見えました。また特に序盤、右打者の内角、それも懐に直球を放り込んで空振りさせる、あるいは次の変化球を活かす攻めが強烈。好調時の石田のピッチングを久しぶりに見せてもらったような気がします。この好調が持続してくれれば、これからどんどん勝ち星も伸びていくのではないでしょうか。そしてそれはチームの勝利数が増える事にも直結します。

 内容があまりにも素晴らしかったため6回0/3、先頭打者に四球を出した所での交代は意外でしたし正直物足りなさも感じましたが、考えてみれば今日は中5日での登板だったんですよね。シーズンは長く、疲労が出てくる季節はまだ先である事を考えると、チームとしての投手温存策はある意味うなずけます(リリーフ投手が持つかは別として、ですが)


 その後は今日もキャラクター、質ともに豊富なリリーフ陣が奮闘。12回までスコアボードに0を並べていってくれました。それにしても数年前を考えると投手陣の層は本当に厚くなりました。チーム防御率3.39、リーグ2位のこの数字は決して偶然でもラッキーでもないと思います。


 まあ、そんな試合でしたから、なんとか1点取れていればと悔しいのもまた事実。しかし、相手の菅野がまたとんでもなく迫力のある、圧倒的なピッチングでしたからねえ。致し方ないのかもしれません。

 初回のチャンスを逃してからは明らかに連打は難しい状況。ですから7回、宮崎のライトフェンス直撃打が本当に惜しかった。あれがあと2メートル飛んでいたら。勿論、それは結果論ですが、もし点が取れるとすれば初回か、あれがスタンドインするかしかなかったでしょう。なにしろ二塁に宮崎を置いての中川、そして桑原に対しての菅野はさらにギアを上げ、もう鬼神の様な投球でしたものねえ。

 ただ、そんな菅野相手にもロペス、宮崎は好調を感じさせる打撃をしてくれていますし、乙坂もいい感じ。全体として、相手投手が不調であったり、格として一段、二段落ちてくればしっかり掴まえてくれそうな、そんな雰囲気は感じさせてくれました。



 さて、今日の引き分けですが『1点取れていれば勝てた』のですから痛い結果になったとみるか、『好調の菅野を相手に負けなかった』のだから勝ちに等しいとみるかは、人それぞれだと思います。連敗してきたチーム同志の三連戦初戦。どうしても勝ちたい試合ではあるわけで、圧倒的なエース投手を立てて勝てなかったジャイアンツの方が『現在のところは』痛い結果になったのではないでしょうか。

 なぜ『現在のところは』なのかですが、個人的には今日の結果の価値を決めるのは明日、明後日の結果だと思うからです。どちらかを勝てれば、ベイスターズにとっては『勝ちに等しい引き分け』になってくるのではないでしょうか。

 これは希望的観測ですが、今日の菅野の出来があまりにも素晴らしかっただけに、明日の試合が『打線便秘症状改善』のきっかけになってくれる可能性は、決して低くないと思います。ゴールデンウィークも最終版。球場に詰め掛けてくれるファンを大喜びさせる試合をしてもらえると良いですね。




posted by omune at 02:30| 東京 🌁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください