2018年05月16日

ベイスターズ雑感 奮投の飯塚またしても報われず (20180515)

 昨日の記事はこんな風に結ばせていただきました。
『無援護大将の冠を授けたくなるような飯塚を難敵メッセンジャーにぶつけるとは。あああ、明日が怖い恐ろしい(泣)』

日刊スポーツ『 阪神 対 DeNA

 ……って、まんまその通りの結果じゃないですか。ううう、飯塚……、不憫よのお。

 まあ、そんなおちゃらけは抜きにして、飯塚は本当によく投げてくれたと思います。球速表示以上に伸びを感じさせる直球と切れの良いスライダー、そしてフォーク。右打者に対しても左打者に対してもそれらを徹底的に外角に集め、その出し入れで次々と打者を打ち取っていきました。

 2回まではタイガース打者にとらえられ4安打を浴びましたが、そこを乗り越えると3回から5回までは無安打。特に3回の三者連続三振は圧巻でした。

 残念ながら今回も打線の援護に恵まれず敗戦投手になってしまいましたが、右の有力先発として登板毎にその存在感を増しつつありますね。


 え? 打線? それはもうメッセンジャーに圧倒されたとしか言えないでしょう。どうもカーブが決まらない様でしたが、それでも直球をなかなかとらえられませんでした。先日の試合で大量点を奪ったとはいえ、やはり打線はまだまだ本調子とはいかない様です。

 そんななかでも3回にチャンスを作ったり、4回にソトがあと一歩の飛球を放ったりと惜しい場面はありました。が、それも正直『精一杯ここまで』という感じでしたし、挙句の果てはロペスが7回無死で放った三塁線を抜くゴロが線審に当たってシングルヒットになってしまうといった不運もありました。うーん、ツキもない。ファンとしては見ていて辛い試合でしたね。


 まあ、それにしてもラミレス監督はオーダー、出場選手をころころと変え続けますね。正直、筒香を4番に据えれば「何かが変わる」という段階は過ぎていると思いますけれど(横目)

 って、そんなディスリ気味の書き方をしていますが、私は決してラミレス采配を否定しているわけではありません。一昨日の中継で少し話が出ていましたがラミレス監督は「後半戦を見据えた選手起用をしている」のだとか。「シーズンの山場にチーム、各選手が揃って良い調子になることを考えている」といった言い回しだったように記憶しています。

 はい、おそらくそうなのだろうと思います。現在の選手起用が実を結べば、シーズン後半にはチームの戦力層は投打ともに大幅に上昇する事になるでしょう。投手は左右共に有力な先発が揃い、リリーフ陣も充実。打線においてはベンチにレギュラークラスの選手が複数人、常時控えている。そんな強力なチームが具現化する事になると思います。

 その反面で、それは昨年日本シリーズ進出を果たしたチームの形、打線であったり守備であったり、戦術もそうですし、ローテンションもそう。ひょっとしたら選手の意識も(?) そういった様々な『形』『やり方』を一度分解した先にあるものであるのもまた事実です。

 それは本来(というよりも一般的には)オフシーズンからキャンプ、そしてオープン戦で行っておくべき事で、シーズンに入ればできるだけ早く、そのシーズンの戦い方、基礎となるオーダー、ローテーションを仕上げていく(見つけていく?)のが目標となってきます。

 そういう意味ではベイスターズは状況的には未だ、オープン戦終盤を戦っている様なもの。そんな印象を覚える時があります。

 無論、それがはまれば後半戦では上述させていただいたような、強力なチームが誕生する事でしょう。しかし失敗する可能性ももちろんあるのです。

 たとえば昨シーズン、フルに出る事でレギュラーの座を勝ち得た桑原や倉本といった選手が、色々な意味で(詳細については割愛します)半レギュラーの選手に退化してしまうかもしれません。また、昨シーズンの飛躍を経験したメンバー構成を分解する事によって、統一意思が失われる危険性もあるでしょう。その結果チームとしての戦い方が見えぬままシーズンを終え、Bクラス転落どころか最下位に沈む事態になってもおかしくありません(冗談でなく)

 ただ、ですね。たとえそうなってしまったにしても、こうして若い選手たちが次々と出番をもらえる状況は必ずや何年か先に大きな成果となって現れてくるでしょう。そして無論、私は監督の戦略が成功する事を願っています(いや、本当に)

 そのためにはとにかく勝負所(後半戦なのだとすればオールスター前)まで、上位チームを射程圏内に収めておかなくてはなりません。もはや追いつけない状況になってしなっていては本末転倒ですものね。

 そう考えると、現在のチーム状況においてなかなか勝ち星を連ねられないのは目をつぶるとして、一つでも負けを少なくする、勝ちを拾っていくというのは非常に重要になってきます。そういう意味で東が投げる明日は負けられませんね。今日のお返しの意味もこめて、各選手の奮起を期待します。




posted by omune at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください