2018年05月18日

ベイスターズ雑感 ぬか喜び (20180518)

 ぬか喜び = ぬか‐よろこび = あてがはずれて、あとでがっくりするような一時的な喜び goo辞書(デジタル大辞泉(小学館))

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA

 なにしろ相手が菅野でしたからね。昨晩の時点では敗戦を覚悟していたわけですが、いざ戦ってみればよもやの3得点。菅野の調子も良い時に比べれば一段落ちて見えましたから「これはひょっとして」と期待を膨らませてしまいました。

 まあ、結局は敗れてしまったものの、それも想定内と言えば想定内。が、負けを覚悟の試合だったからこそ、そして相手が菅野だったからこそ、勝てる展開に持ち込めたならば勝たなければいけないのもまた確かでした。

 石田は取られてはいけないイニングに限って、また見事に失点してしまいましたねえ。特に5回、せっかく追いついてくれた直後に、しかも菅野に、よりによって0B2Sから、それも外角から中に緩い変化球(これ、素人には本当によく分かりませんでした)を入れての一撃。

 3回も似たような感じでしたね。2回までは高く浮く球もあったものの、右打者の懐に直球を突っ込みつつしっかり抑えてくれていたのですが、リードをもらった途端に長野に真ん中を打たれ、そして菅野にやはり(本塁打の話と前後が逆になりますが)緩い変化球が甘くなって打たれ、そして坂本にも(以下同文)

 どうしても先制点が欲しい試合では初回に失点、こうしてリードをもらうと最悪のタイミングでそれを消してしまう。今シーズンの石田はどうも『勝負所で踏ん張れない』という印象が強い。それも『あまりにも』ですね。これではやはり、勝利数を先行させるのは難しいでしょう。


 それと話は戻りますが菅野に打たれた事について。いずれも緩い変化球がえらく甘い所へ入ってのもの。これは嶺井も含めて、バッテリーで少し考えてみてもらいたい。正直そう思いました。



 さて、そんな試合ではありましたが、筒香に久方ぶりの(4/29以来、14試合ぶり)ホームランが出ました。逆球ではあるものの、菅野の外角低めストレートをレフトポール際中段へと持っていきました。このところ全然当たっていなかった、見極められていなかったコースだったように思います。

 外角を左に、それも鋭い打球を飛ばせるというのは、筒香が二冠を獲ったシーズンの特徴だった様に記憶しています。またブレイクする直前、徹底的左方向へ打球を放っていた時期もありました。それもまた引っ張り込んで圧倒的な回転力で弾き返すという筒香の打撃スタイルに繋がっていると思いますので、この一発が復調への兆しとなる事を祈るばかりです。



 それと梶谷ですね。久しぶりにこれまた彼らしい一撃を見せてもらう事が出来ました。昨日も鋭い打球を放っていましたし、監督のコメントによれば「非常に状態が良い」との事。明日以降の活躍にも大いに期待ができそうです。

 まあ、あれですね。本当は彼が6番に収まってくれるのが、最も安定感を感じる打線であるような気がします。宮崎と6番打者との落差が、いつもあまりに大きすぎるような気がするもので。ただ、ポジションと下位打線の他打者の面子を考えると(ソトを2番に据えている以上)彼以外に1番に入れる選手がいませんが。



 明日は濱口と田口の先発となります。今日、1点ビハインドの展開で勝ちパターンの投手をつぎ込まなかったラミレス采配。武藤が打たれた事で試合は決してしまいました。確かに宮本のあれなんかもありましたが、投球も高く中にいってましたね。

 ですがその分、明日以降は全力で勝ち試合を(そういう展開になれば、ですが)拾いにいけるはずです。打撃陣の調子が上がってきていますので、なんとかそれを活かしていってもらいたいところです。まずは明日、なんとしてでも連敗は阻止しましょう。

 なお、明日明後日は業務が多忙でして、特に明日は更新が難しいと思われます。ツイッターで二言三言になってしまうかもしれませんが、喜びに満ちたツイートができるような、気持ちの良い勝利を期待しています。




posted by omune at 22:21| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラミレス擁護派だったけど、ここ最近不可解采配ばかりで、アンチに変わった。
一点差で武藤ってなんなん?
満塁で武藤続投ってなんなん?いつもなら三上かエスコじゃないのかよ。
エスコ気が狂ったかのように登板させやがって。
この大事な時に登板無しってなんなん?
せっかく菅野球数投げさせて代打でて阿部抑えれば形勢有利で何やってんの?
そもそも先発早く交代させすぎなんだよ。
前回菅野に全くタイミング合ってなかった宮本なぜスタメン?
代打神里何期待?せっかくの代走要員、代打で捨てるな。
そこは宮本の代わりの倉本か田中だろ。
石田は横須賀行ってこい。武藤と一緒に。
Posted by ワイワイ at 2018年05月18日 23:02
ワイワイ様

 はじめまして、コメントありがとうございます。

 武藤の件、私もあの場面では正直「?」と感じました。しかし、敢えてなのだはないでしょうか、……多分(汗)

 今日、武藤を投げさせた。あの場面で勝ちパターンの投手を登板させなかった事に意味が出てくるのか、そうでないのかは明日明後日の戦い方次第だと思います。

 ラミレス監督は今年、チームの形だけではなく、試合、シーズン戦略そのものも変化させている様に感じます。それもまた結論が出るのは秋(悪くするともっと早くなるかもしれませんが)になるでしょう。

 私も色々と感じるところはあるのですが、しかし監督の戦略がはまれば、後半の戦い方に大きな希望が持てるようにも思います。

 その頃には各選手の調子が上がり、チームとしても今のぎくしゃくした感じがなくなってくれている事を今はただ願うばかり。今はファンとしてもフラストレーションを感じてしまいますが、まああまり溜め込まずに行く末を見守っていくのが吉ではないでしょうか。


Posted by 大宗 at 2018年05月19日 00:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください