2018年05月19日

ベイスターズ雑感 濱口の足が大丈夫そうで心から安堵 (20180519)

 先刻、帰途の新幹線から「更新は無理」なんて書かせていただきましたけども、映像観戦しているうちに気が乗ってまいりまして(現金そのもの)やはり書いておくことにしました。と言っても、明日も業務で大変なので簡単に。

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA

 まずは濱口。これはあくまで3回までの印象になるのですが、だいたい大丈夫なのではないでしょうか。確かに球がばらついてはいて、故に球数もえらい勢いで増えてしまいましたが、とにかく直球の力感が素晴らしい。そしてそれとチェンジアップの組み合わせでしっかり空振りを取れ、それもボール球に手を出させることができていましたので。

 気になったのは4回。急に球が上ずり、チェンジアップも高く行くようになった事。で、結局この回が終わったところで降板となりました。

 帰途にネットで調べてみると「足がつった」との話でしたが、確かにこの回最後にベースカバーに入った後、ちょっと様子がおかしかったですね。ただ、実は映像を見ながら「本当かなあ」と勘ぐっていました。

 この回、がたっと調子が落ちた事もありましたし、あのベースカバーは止めで、実は直前の攻撃で一塁に走った時に軽くやっていたのではないか。ラミレス監督は(いつもの様に?)煙に巻いているんじゃないかと。

 しかし、映像を見る限り、特に何の知長をした様子もなく最後までベンチに座っていましたね。なので、おそらくは大丈夫なのでしょう。良かった良かった。とすればです。今日ほどの球を投げられるなら、そう遠くないうちに今シーズン初勝利を挙げてくれるでしょう。



 次は筒香。今日もレフトスタンドへ見事なホームランを放ってくれました。その後も外角は徹底的に逆方向へ打ち返していましたね。見事なライナーのヒットも出ましたし、いよいよ大爆発の準備期間に入ってくれましたでしょうか(このあたり、詳しくは昨日の記事をお読み板いただければと存じます)


 そして梶谷も4安打の大活躍。盗塁も決め『長打を打てる1番』として、申し分ない働きをしてくれました。

 本人的には確か1番打者が好きではなかった筈と記憶しておりますが、チームの状態を考えると今は我慢してもらいたいところ。なによりも彼が1番で活躍してくれている事により、打線の巡りが相当に良くなっている様に感じます。これで後は大和にヒットが出てくれれば(と、いうよりも下位打線が当たってくれば)相手投手にとっては脅威となる打線となるでしょう。


 他にも昨日打たれた武藤が今日は丁寧に低めに球を集め、経験を感じさせる投球を見せてくれました。昨日のラミレス監督のコメントが正しかったのが証明されたという事でしょうか。いや、まったくもって失礼申し上げました(平身低頭)


 他にも書きたい事があるのですが、今日はこのあたりにしておきます。明日はウィーランドが上がってきますね。落ちるのはおそらくパットンなのでしょうが、その力が必ずまた必要になると思います。それまでその投球に磨きをかけていてもらいましょう。また大車輪の活躍をしてくれるのを待っています。




posted by omune at 23:13| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他のブロガーと違い武藤の登板について陳謝しているのは好印象ですね。
一点差負け試合で武藤を起用したラミレスを口汚く罵っていた彼らは、どうしたんでしょ?
楽しみに記事更新を待っているのですのが黙殺しています。

思うに、横浜ファンって健忘症か、もしくは子どもなんですかね。
都合の悪い事は忘れ、自分に都合の良い事は覚えている。

采配批判する場合、シチュエーションで、この投手を使うのは×で批判する必要あります。
負け試合一点差で采配批判するなら勝ち試合一点差での武藤は5/18の試合同様、批判すべきなんですうよね。

で、多分、横浜ファンは都合の良いブロガー多い印象なので、
武藤が打たれると、なんでこんな展開で武藤を使うのか?っと怒ると思っています。
Posted by 通りすがり at 2018年05月20日 09:51
通りすがり様

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 まあ、当ブログにおいては謝罪はいつもの事でございます。謝罪させてもらう様な大活躍をしてくれるなら、それに越した事はありませんし(苦笑)

 武藤の場合は采配の是非といういよりも、彼が勝ちパターン、というよりも主力リリーフとして一軍招聘されていたのは思わなかった。その事についての謝罪のつもりです。それにしてもラミレス監督らしいというか、昇格早々3連投とはなかなかの使われっぷりですね。

 監督の今シーズンの方針はうまくすればシーズン終盤でのチーム力大幅強化につながるでしょうし、失敗すれば全てが中途半端に終わる危険性もまた孕んでいると感じています。

 しかし、たとえ失敗に終わったにせよ、勝ちを求められているた戦い(これが数年前とは違いますよね)の中で、こうして多くの選手たちが責任ある仕事をさせてもらえる経験は、長い目で見た先々に必ず効いてくると思います。その時が本当に楽しみです。


Posted by 大宗 at 2018年05月21日 01:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください