2018年06月02日

ベイスターズ雑感 直球に威力感のある今永だったが (20180601)

 残念、今永の復活劇はなりませんでした。

日刊スポーツ 『 ソフトバンク 対 DeNA

 直球には威力を感じましたし、切れの面でもちゃんと空振りを奪えていたんですけどねえ。どうも変化球が良い所に行きません。切れの面でもイマイチなのかバッターもなかなか手を出してくれませんでしたし、2回には甘く入ったカーブ、チェンジアップを立て続けにスタンドへ叩き込まれてしまいました。

 さらに3回、今日、一番通用していた直球、それも内角の良い所に行った球を柳田に放り込まれ、この回で無念の降板。その後を投げた投手たちが何れもそれぞれの武器を存分に発揮し0を並べていっただけに、その不調ぶりが際立つ結果になってしまいましたね。

 どうでしょうか、現在のチーム状況に於いてもう一度チャンスをもらえるでしょうか? 試合後の監督コメントによれば、おそらくその可能性が高そうです。繰り返しになりますが直球に威力感はあっただけに、次回登板では是非、今シーズンの初勝利を手中にしてもらえる事を期待します。


 上述させていただいた通り、それぞれの個性を発揮して試合を締め直してくれたリリーフ投手たち。そのなかには一軍復帰登板となった田中健がいます。

 緩い変化球を久しぶりに見られたのも嬉しかったですが、なによりもそれを活かすクロスファイアーがピカイチでした。百戦錬磨の左リリーバーがいよいよ戻ってきてくれた。そんな印象を強く持ちました。


 
 攻撃においては佐野でしょう。開幕からずっとヒットが出ず二軍落ち、随分苦しんできたでしょうが、ついに結果が出ましたね。

 ど真ん中の直球、失投と言えばその通り。それでも完璧なスイング、打球だったと思います。それに相手はあの千賀ですものね。次の打席でも鋭いライナーで一塁頭上を抜いてくれましたし、いよいよ期待された打撃力が発揮され始めたでしょうか。これをきっかけに一気に存在感を大きくしてくる可能性は、決して低くないと思います。



 最後にロペスについて。今日は結局出番がありませんでしたが、明日は状態によってはDHでの出場があるかもしれないとの事(監督談話および中継での情報による)

  無理はして欲しくないですが、強敵ホークスを相手にその力が必要とされているのもまた事実。ジレンマですねえ。ファンとしてはとにかく回復が順調に進むのを祈るばかりです。




posted by omune at 00:43| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもチーム力というか、昨年から成長してない印象です。優勝していないのに日本シリーズに出場し、多少選手が変に実力を勘違いしたのではないでしょうか。今永は同じような失敗を繰り返し、ソトに関しては他チームの投手がなぜ押さえられなかったのか不思議なくらいです。外国人特有の弱点があるので打率下降も予想されます。梶谷は相変わらず嫌らしさがなく、淡泊な打撃に成長の後がありません。結果が出ないので仕方ないですが本当に実力ある筒香、ロペス、宮崎以外はレギュラーに値する選手がいないのが昨年までと変わらないところですね。その中でも佐野、楠本、神里、柴田はどうにか守備位置を考慮して使ってもらいたいですぬ。投手陣の実力No.1は明らかに東ですが、今永はじめ、プロで何年間も経験ある他の投手陣は奮起してもらいたいですね。新人より仕事力が劣るとは情けないと自覚してほしい
Posted by 純二 at 2018年06月03日 15:27
純二様

 コメントありがとうございます。

 そうですね、今シーズンはここまで(最終的にどういう結末を迎えるかは分かりませんが)我々ファンの期待を上回る戦いを見せてくれているとは言い難い所があると思います。

 ただ、特にラミレス体制になってからのこの2年間、あまりに事がうまく運び過ぎていたのもまた確かではないでしょうか。故障者、それも数だけでなく該当選手の立場を考えると、ここまでの状況は最悪。若手の力もあってこの位置につけてはおりますが、特に投手陣において開幕前の構想は既に跡形もないと言っても良いと思います。

 このあたり、もしかするとこれまでの2年分の歪が顕著化してきた結果かもしれません。これが続いてしまうとBクラス転落、最悪の場合どん尻もあるかもしれない。個人的ににはそう感じています。

 無論、それが逆になってくれるのが理想であるのは言うまでもありません。しかし、その『最悪の結果』が現実になったとしても、それは必ず来シーズン以降に繋がっていくものだと思います。

 今シーズン、ここまで構想が外れてもこの順位にいる。それは間違いのない事実です。ですが、その上に行くため、さらに強力なチームになるための材料となってくれれば。「今シーズンもAクラスに行って欲しい」そう願う反面でそんな風に考えたりもいたします。


 嫌らしさや野球巧者という点では個々においても、チーム全体においてもベイスターズの課題でしょう。もしそうした武器を既に身につけていたとすれば、おそらく勝敗数は(今シーズンだけでなく)かなり違ったものになっている筈です。このあたりはいよいよ多彩となってきた若手のキャラクター、彼らそれぞれの『らしさ』がより熟成していく事で徐々に変わっていくかもしれませんし、今シーズンの苦戦が変化への起爆材料となってくれるかもしれません。

 この部分については一朝一夕で完成するものではありません。それは今シーズン掲げた『スモールベースボール』の(ここまでの)結果が証明していると思います。

 来シーズン、いえ今シーズン後半からでも、我々ファンを唸らせる『ベイスターズらしいスモールベースボール』が少しずつでも形になっていってくれる事を祈っております。


Posted by 大宗 at 2018年06月05日 00:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください