2018年06月02日

ベイスターズ雑感 ホームラン2本ともがソロだった (20180602)

 勝機は充分にある試合でしたが、残念ながらまたもホークスの打撃力に屈する形となりました。なにしろ相手の1番から5番打者までをほぼ完ぺきに抑え込んでいますからね。勝つなら今日、そんな試合ではありました。

日刊スポーツ 『 ソフトバンク 対 DeNA

 色々な部分を少しだけうまくやれていれば、おそらく逃げ切り勝ちのパターンに持ち込めたでしょう。その一つは6回、先頭打者を振り逃げで出してしまった事でしょうか。濱口は前の回の段階でいっぱいいっぱいになりつつある感じでしたから、一死無走者が無死一塁になってしまったのはきつかった。

 とはいえ、です。濱口の状態はかなり良くなって来たのではないでしょうか。強力なホークス打者たちを相手に6回途中まで9奪三振。まだボールの暴れ幅(?)が大きく、結果走者を常に背負う、球数を要する投球になりましたが、それでも致命傷を負うことなく106球まで投げてくれました。

 直球は数字で140キロ台中盤がコンスタントに出ていましたし、威力感も充分。チェンジアップも(良い所にいきさえすれば)大いに打者を幻惑する切れを有していましたし、他の変化球も効果的。空振りが取れ、取れない時も相手打者のバットが出かかるシーンが数多く見られました。

 ここまでくれば後は『調整』『コンディション』次第と言えるのではないでしょうか。そしてその部分も、投げるたびに好調時に近づいている。そんな印象を持ちました。このまま順調にいけば、後半戦ではまた大きな活躍を見せてくれそうです。



 結果、相手より多くの点を奪う事ができていませんが、攻撃陣も決して不調ではないと思います。今日も筒香、宮崎が見事な一発を放ちましたし、ヒットもまんべんなく出ています。

 ただ、それだけに筒香、宮崎の打席時にランナーを置いておけなかった事。そして筒香の後、具体的にはソトと佐野にヒットが出なかったのが響きました。いざこういう打順を組まざるを得なくなると普段の5番宮崎の存在感、貢献がどれ程のものかよく分かりますし、やはり下位打線の充実が課題の一つである事も思い知らされます。

 また、打線復調のきっかけとなったソトの打撃が完全に湿ってしまったのも(ロペスがいないだけに)大きな影響を及ぼしています。そのうえ今日は(昨日も、ですが)梶谷もまた、ノーヒットに抑えられてしまいました。


 ソトはあれですね。外角球どんどん振っちゃう病に罹患してますかね。当初はそこを我慢強く見極めていて、甘く入った球を見事につかまえていましたが、現在のところ相手の術中、誘いにはまってしまっているように見えます。

 一度そうなると相手は徹底して弱みを突く組み立てをしてきますから、そういう意味では『我慢のしどころ』かもしれません。これをうまく乗り切り、消化してくれれば、さらなる大活躍が期待できるのではないかと思います(そのまま打てなくなっていってしまう外国人打者も数多くいますが)


 中継で紹介された試合後の監督コメントによれば「明日はソトを休ませる」つもりなのだとか。という事は(ポジションは分かりませんが)いよいよロペスが打線に復帰してくるのでしょうか。そうなると上述させていただいた5番に宮崎を置く効果、威圧感もまた復活する事になります。

 その場合、重要となってくるのはやはり1番、2番打者になるでしょう。明日あたり、梶谷が大暴れしてくれるのではないかと個人的には期待しているのですがさてさて――



 明日はどうも不安定なピッチングが続いている石田が先発です。それなりの失点は覚悟しなくてはいけないかもしれません。なんとか早めに得点を重ね、石田を楽に投げさせてやって欲しいところです。




posted by omune at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください