2018年06月07日

ベイスターズ雑感 え? タナケン抹消ですと!? (20180606)

 雨ですなあ。こちら、埼玉南東部ではまだしっかりと降っています。というわけで、今日のライオンズ戦は雨天中止と相成りました。

 関東地方はこの雨天をもっていよいよ梅雨に突入いたしました。しかし『あるあるパターン(?)』として梅雨入り早々、明日午後から明後日にかけては晴天となる様です。

 という事で、京山スライド登板となったライオンズ戦目、おそらく東が投げるのだろうファイターズ戦はおそらく問題なく行えるでしょう。


 ここまでの京山、防御率は5.53。その投手が強力ライオンズ打線を相手にどんなピッチングを見せるのか、明日のカギはそのあたりになるでしょうか。

 さて、どうでしょうね。そこそこ点を失いながらも、ここまで4勝を挙げている投手です。その実績を考えれば(単純に数字上の問題として)いつも通りの数字を結果として出してくれれば勝機はありそうな気がします(妄信ファンの心理恐るべし。こうなってくるともはや占いのレベルです)



 ところで、京山と入れ替えで二軍落ちとなったのは、予想外の田中健でした。

 うーん、これはどうしてなんでしょうか? 先日、今永炎上の後、3番手として登板した時は3人の打者をノーヒットに抑え、2奪三振。クロスファイアーも決まり、内容的にも良かったと感じたのですが。

 一番心配なのは故障、異常が発生した可能性。しかし、私の知る限りはそんな情報は出ていなさそうです。

 あるいはパットン昇格によって、リリーフ数が飽和、その割を食ったというパターン。左のリリーフは他にエスコバー、砂田とおりますが、その3人の中で誰かを落とすとしたら田中健、そういう判断を下されたのかもしれません。砂田、エスコバーとタイプの違う二枚は残しておきたいですものね。

 それにしても、あの投球ができるリリーフ投手を(故障でないのなら)落とすのは惜しい。素人的にはそう感じてしまいます。

 まあ、今年後半か、あるいは来年になるのか。いずれベイスターズが勝負を賭けなければいけない時、その力は必ずや必要となるでしょう。それまで満を持して、投球を研ぎ澄ませてもらえれば。その日を楽しみに待ちたいと思います。



 もう一つ。どうやら井納を先発に復帰させる方針が決まったようです。

 監督コメントによれば「リリーフとして結果が出せなかったので」との事ですが、なにしろシーズン開幕直前での配置転換だったでしょう? 1軍投手陣の状態、構成がうまくいっているのなら、もう少し待つ事も出来たでしょうし、そうするべきだったと思います。じゃなければ、なんのためのキャンプ、オープン戦なんです?(批判ではない。断じて批判ではない)

 しかし、チームとしての構想が外れまくり、また各個の調子も落ちている現在、先発にしろ、リリーフにしろ、事態を良化せる、今にも抜けそうな釜底を支える手段を講じていく必要があるでしょう。

 井納本人にとっては非常に大変だと思いますし、思う所もあるのかもしれませんが、リリーフへの配置転換時にコメントしていた『先発としてのプライド』を我々ファンに見せつけてやって欲しい。そう願います。

 今シーズン、再び輝きを放つ三嶋の同期である彼もまた、暗黒末期のドラフトで我々ファンに希望の光を感じさせてくれた投手(三嶋はドラフト2位、井納は3位、1位は白崎、6位が宮崎)我々ファンと、なにより監督の掌を捻じり切るくらいの(意味不明だったらすみません)投球を期待します。




posted by omune at 00:10| 東京 ☔| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください