2018年06月08日

ベイスターズ雑感 東好投のおかげでようやく連敗止まる (20180608)

 連敗が止まりました! いやあ、良かった良かった。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 日本ハム

 なんと言っても東でしょう。立ち上がりこそコントロールに苦しむ場面も見られましたが、イニングが進むにしたがってどんどんギアが上がっていった印象で、結局ヒットを打たれたのは失点した3回だけでした。

 いつもながら直球の切れ、力感は抜群。それを内角、外角の低目に散らし、スライダー、カーブで次々と空振りを奪っていくピッチングは打者を圧倒。なんと毎回の9三振を奪って4勝目を挙げるとともに、チームの連敗に見事終止符を打ってくれました。



 その東を強力に援護したのが宮崎です。やはり素晴らしいピッチングをされていた高梨に待ったをかける、価値ある一発でした。緩いカーブを待って待って、態勢が全く崩されないままのスイングでスタンドまで放り込む。これぞ宮崎という、対応力抜群の一撃でした。


 そして中川。やってくれましたねえ。あの状況、あの場面での東の代打となるととんでもなく責任重大ですし、試合展開上も非常に重要な勝負だったと思います。采配的には『賭け』と言っても良いでしょう。

 そんな打席に立った中川は初球、臆する事のないフルスイングで三塁線を抜いてくれました。結果として入った2点が、この試合の行方を事実上決定づけるものとなりました。

 『パ・リーグのピッチャーに慣れている』(意訳)部分もまた期待されての昇格だったようですが、その期待に見事応えてくれています。長打が期待できる右の代打として、このままその存在感を大きくしていけるでしょうか。


 もう一人は佐野。最終回、ダメ押しとなる一発は、実に強烈なライナーでした。春先、打席に立っても立ってもヒットが出ませんでしたが、それがまるで嘘の様ですね。こちらは左の代打、その切り札としてさらなる活躍が期待されます。



 明日は濱口が登場します。予報によれば天気も試合中はもってくれそう(デーゲームなので)今日の勢いにのって、できればもう一つ借金を返してしまいたいところです。それが実現できれば、濱口にもようやく勝ち星がつく事になるでしょう。私は夜まで仕事となりますが、帰途に速報で大喜びできるのを期待しています。




posted by omune at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください