2018年06月22日

ベイスターズ雑感 試合を作ったからこそ2回が実に勿体なかった (20180622)

 うーん、最初から最後まで四球絡みの失点が響いた試合でした。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 まあ、現在の打線から筒香、宮崎が抜けた時点で、パワーバランスが向こうに行ってしまったのは仕方がないところかもしれません。

 ただ、勝てない試合だったかというと決してそうではなかった気がします。まずは石田の2回、唯一失点したイニングが勿体なかったですねえ。二死一塁から連打を食らったのは仕方がないと思うのですが、投手の吉見への四球が致命傷になりました。この回は対吉見に限らず、まだ不安定だった変化球を多投しカウントを悪くしてしまったのが実に勿体なく感じました。先取点を奪った直後だっただけに、守りに入ってしまいましたかね。

 ところがです。そこからは完全に立ち直り、7回までまるで別人の様なピッチングを見せてくれました。私が強くイメージしていた、両コーナー低目隅、特に右打者の内角にストレートを突っ込んでいく感じではなかったものの、切れを増してきた変化球を駆使し、緩急を活かしてドラゴンズ打者を打ち取っていきました。さらには5回、ビシエドの打席では本来の(?)切れの良いストレートを内角に押し込むピッチングも見せてくれました。

 結果的に2回の失点が響いた形になりましたが、それでも7回まで3失点でまとめてくれたのは今後に向けて希望を持てる結果だったと言えるでしょう。その復活は今後の戦いに向け、大きな意味を持つと思います。ただ、もはや今シーズン恒例となってしまったかのような、序盤の失点はなんとかしなくてはなりません。


 それと今日から戻って来たエスコバーは圧巻のピッチングでした。休養の甲斐があってか、球威が増しているように見えました。パットンも好調ですし、ソトは今日から二軍戦に出場、いきなりホームランを放ったそうです。バリオスもそこそこ投げてくれていますし、今シーズンのベイスターズ外国人選手枠は非常に充実していますね。


 打つ方ではいよいよ筒香が復帰。それだけでもかなり見られる打線になりました。しかし、肝心なところでその筒香、そしてなにより5番宮崎に当たりが出ない。それが最終的なチーム勝敗に直結する事になってしまったのは、ファンとしても残念無念です。うーん、なかなかうまくいきませんなあ。


 そんな連打、ここぞという場面でのあと一本が出ない状況下において、今日は山下と中川に一発が飛びだしました。どちらも甘い球だったとはいえ、強烈なスイングで完璧につかまえましたね。

 特に山下はこれがプロ第1号です。いや、よく飛びましたねえ。打球もそうですが、それ以上にバットが(笑) 台湾ウィンターリーグ(だったでしょうか?)で活躍している時、そのバット投げが非常に印象的でしたが、遂にそれを一軍の舞台で見せてもらう事が出来ました。これをきっかけに、さらにその存在感を増していけるでしょうか。チーム状況的に、今は山下にとって大きなチャンスだと思います。これを掴んでもらえると、チームとしても非常に大きいでしょう。ますますの奮闘、活躍を心から祈ります。


 ところで! ここから先は追記となるのですが、どうも宮崎はふくらはぎが攣っての交代だったようです。監督は「大きな問題ではない」と言っていますが、まあこれはいつもながら言葉半分にとらえなくてはならないでしょう。とにもかくにも、明日のスタメンにその名前がある事を祈るばかりです。




posted by omune at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください