2018年07月06日

ベイスターズ雑感 今日も連打による得点に成功。この傾向が続いていってくれれば―― (20180705)

 今日は小刻みな波状攻撃に成功。この3連戦の勝ち越しを果たしてくれました。

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA

 目立っていたのは桑原でしょうか。1番に座ってなんと4安打。鋭い当たりも鈍い当たりもありましたが、思い切りの良いスイングと打球のしぶとさ(当たりそのものよりもとにかく良い所に飛ばすですとか、しぶとく持っていくといった感じの表現です。おかしな言い方ですが)そんな個性を久しぶりに、存分に発揮してくれました。昨日は守備で素晴らしいプレーを見せてくれましたし、いよいよエンジンがかかってきてくれましたかね。

 それと下位の戸柱、柴田です。ベイスターズの場合、この打順にヒットが出るととにかく打線の巡り、循環が良くなります。今日は特にこの二人の連打が2回あり、そのいずれもがチームにとって貴重な得点につながりました。

 特に戸柱は昨日の殊勲打で乗ってきましたかね。甘く入ってきた球とはいえ、見事に仕留めてライトスタンドへの一撃。同点にされた直後だっただけに、チームにとっては打線再点火のきっかけとなる一打となりましたし相手投手、山口にとってはダメージの大きい一打となったでしょう。


 一時は本当にホームランでしか点が取れなかったベイスターズ打線。それがここにきて少々様相が変わってまいりました。このまま良い方向に向いていくと、いよいよ我々ファンが待ち望んでいる攻撃力を発揮する様になっていってくれるかもしれません(無論、そうならないかもしれませんけれど)


 先発の今永はそんな打線に助けられました。特に序盤はどうも球が暴れると言いますか、コントロールしきれていない印象。中盤になるとかなり落ち着いてきてくれた様に見えましたが、それでも好調さまでは感じさせてくれませんでした。

 解説の桑田氏によれば、問題は身体の開きなのだそう。『胸のマークを投げる直前、どこまで打者に見せないで粘れるか』という、あれですね。なんでも「球自体は良いので、そこさえ矯正できればもっと簡単に投げられ、もっと簡単に勝てるようになると思う」との事。

 それでも、少し前までの今永に比べれば段違いの内容だったのは確かです。また桑田氏のコメントが当たっているならば、徐々にかもしれませんがより切れのある、バットを押し込めるピッチングが復活していってくれるのではないでしょうか。そんな期待を持ちました。




 
posted by omune at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください