2018年07月17日

ベイスターズ雑感 伊藤の落ち着き、プレーぶりに感心するばかり (20180717)

 うーん、これで4連敗ですか。どうにもチーム状態が上がってきませんね。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 ヤクルト

 こちらもなんだか業務が慌ただしく、試合は見ているのですがなかなか更新する事が出来ません。今後もしばらくは(ひょっとしたらずっと)こういう状況が続くと思われます。生活の上では好ましい事なのですが、思いのたけをここで発散(?)できないのもなんだかもやもやしたものが残ります。今後はあれですね、更新方法、内容を少考え直していく必要があるのかもしれません。まあ、おいおい考えていきましょう。

 オールスター戦後のこの2試合で強く印象に残ったのは、やはり伊藤になるでしょうか。なにしろ落ち着いていますし、雰囲気があります。今日は苦しい状況の濱口の下にタイムをかけて歩み寄り、何事か話していましたね。また、コントロールがいつにもまして不安定だった彼を、根気強くリードしてくれていた様に見えました。また、打撃でも昨日、今日とヒットを放ち、しっかりと結果を出しています。

 とはいえ、です。ベイスターズの投手の事もまだはっきりと把握していないでしょうし、その真価が発揮されるのはもしかすると来シーズン以降になるかもしれませんね。その時が、今から非常に楽しみです。


 そんな伊藤にサポートしてもらいながらだったかもしれませんが、濱口は非常に粘り強く投げてくれました。初回に3点を失った時は早い回でKOになるのを覚悟しましたし、なにより球数が3回までで70を超えるというハイペース。それを考えると、4回以降の立ち直りは見事だったと言えるのではないでしょうか。


 一方、そんな濱口を打線は今日も助けてあげられませんでした。スワローズ打者たち、青木や川端の打撃内容、バレンティンや畠山のスイングとの差が少々寂しく感じられてしまうほどでした。

 桑原が調子を上げてきているとはいえ筒香、宮崎が完全に封じ込まれてしまっては、現在の打線、野球内容では勝てるわけがありません。遂にはただの1点すら取る事が出来ませんでした。以前から書かせていただいておりますが、相手投手が良い時、劣勢の時、こうして主軸メンバーが欠場している時などでも、なんとかして点を取る野球、少なくともその意思、技術を身につけない事には(チームとして)やはりリーグの天辺を走り抜けていくのは難しいでしょう。


 ただ、ある日を境にそんな状態を一変させるのもまたベイスターズの特徴であり、強みでもあります。そのきっかけが何になるのか。ロペスの復帰がそれになる可能性は高いですが、もしかすると意外な出来事、選手になるかもしれません。それを楽しみにしているのもまた事実ですし、大きな期待を抱いています。




posted by omune at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください