2018年07月21日

ベイスターズ雑感 桑原が史上67人目のサイクル安打達成 (20180720)

 長いNPBの歴史でサイクルヒットを達成したのは67人しかおりません。ここまでの全試合数、全選手数、その総打席数を想像すると、これが如何に偉大な記録かが分かります。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 桑原、やりましたねえ。春先、あれほど数字が上がらず、レギュラーを奪われていた選手と、同一人物とはとても思えません。彼が夏に強いのは周知の事実ですが、今年の猛暑とまるでシンクロするかのようにその数字はぐんぐんと上昇し続けています。今日は5打席全てで出塁し、打率はいよいよ.298となりました。明日の結果によってはいよいよ大台突破の可能性もありますね。

 それと、先日も書かせていただきましたが、調子が上がるとともに打球にも『らしい』当たりが増えてきたように思います。しっかり掴まえれば強烈なパンチ力を発揮する桑原ですが、同時に『しぶとい打球』というようなものもその大きな特徴だと(個人的には)思っています。今日のサイクル達成となった一打もそんな感じでしたよね。それはもしかすると『桑原らしい』『思い切りの良さ、スイング』から生まれるものなのかもしれません。

 それにしても、です。この選手がチームに与える影響というのは、今さらながら大きいものがありそうですね。新人の神里がかなりの活躍を見せている今シーズンですが、事この点に於いては(もちろん守備も、ですが)桑原に圧倒的なものを感じます。勿論、神里もこのまま黙ってはいないでしょう。桑原は明日で25歳、神里は24歳です。来年以降もベイスターズの外野層はますます厚くなっていく事でしょう。数年先が本当に楽しみです。


 また、今日は伊藤が移籍第一号を放ちました。内角低目を完璧につかまえた見事な一撃だったと思います。が、やはり印象的だったのは守備、と言いますかキャッチャーとしての振る舞いです。ピンチでコーチ、内野陣と共にマウンドに集まった時、東の肩をやさしくポンと叩いてやっていましたが、見ているだけのこちらもなんだか一息つける気がするんですよね。見れば見るほどベストナイン、GG受賞捕手の冠は伊達ではないと感じます。それと、今日から遂にプロテクターがベイスターズ仕様になりました。いやあ、似合ってましたねえ。


 チーム全体で見ても、今日の点の取り方、特に2回の攻撃は理想的でした。死球で出たランナーを送ってから、盗塁も絡めてタイムリーを連発。あれよあれよという間に得点を積み重ねていきました。もしかすると、この回の攻撃は今シーズンのベストイニングだったのではないか。そんな風にすら思える見事なものだったと思います。

 実際、桑原が調子を上げ、さらには伊藤の加入、ロペスの復帰によって打線に切れ目がなくなってきましたね。こうした攻撃が続けられればチーム得点数も一気に増えていくでしょうし、なにより打ち勝つ試合が大幅に増加していく事でしょう。



 さて、そんな素晴らしい試合でしたが気になることが二つありました。

 一つはイニング途中で途中降板した東の状態です。指先を気にしてベンチに下がったわけですが、監督コメント及び報道によれば、左手人差し指の皮がむけた事によるものの様です。その程度は明日の公示ではっきりするでしょうが、いずれにしても致命的な故障というわけではありません。おそらく悪くても登板を一回飛ばす程度で済むのではないでしょうか。


 もう一つは6回終了後にベンチに下がった筒香についてです。直前の打席でフルスイングしたバットの先が自らの左足踵付近を直撃。相当痛そうにしていたので大いに心配しておりました。が、監督によればこちらも「大したことはなく、展開も展開だったので休ませた」との事。


 いやあ、この二人に大事がなくて本当に良かったです。実際、二人とも最後までベンチにしっかりいてくれましたものね。伊藤のホームラン後、サイレントトリートメントの締めを行ったのは筒香でしたし、桑原のサイクル時には万歳もしていました。おそらく明日の試合には問題なく出てくれるのではないでしょうか(希望的観測)




posted by omune at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください