2018年07月26日

ベイスターズ雑感 濱口今季初勝利。だが、試合内容も雰囲気も決して良くはなかった (20180725)

 ここ三日、ハードな現場が入っておりまして更新は断念。昨日は帰宅後、なんとか試合観戦だけでもと意気込んだのですが、結果として寝落ち。気がついたらPCのメーラー開きっぱなし、照明、テレビつきっぱなし、服着っぱなしで夜明けを迎えておりました。まあ、切ない朝日となりました。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 で、2試合飛ばしの観戦となった今日、勝ち試合を見せてもらえたのは幸いでした。いやあ、良かった良かった。

 ただ、試合展開そのものはあまり良くなかったかもしれないですね。ソトの一発(と柴田からの連続的攻撃)で勝てたとも言えますが、逆目に出ていれば4回、8回の決定機をものに出来なかった事で負けていたかもしれません。

 なので、今日最大の勝因は投手陣、特に濱口が粘り強く投げてくれた事なのではないでしょうか。特に前半、追い込んでからのボールが甘く入る事が多く苦しいピッチングを強いられましたが、それでもなんとか6回2失点で乗り切って遂に今季初勝利。本人にとっても大きいでしょうが、先発大崩壊で苦境に陥りつつあるチームにとっても恵みの1勝となりました。


 そしてソト、です。直前の攻撃で無死2、3塁の好機をむざむざ逃していただけに、非常に価値ある一発となりました。ソトはこれで7月6本目のホームラン。

 『この選手、リーチが長いので外角は届くんですよね。そして無理して引っ張らず、右に打っていく事を意識し、実践しているようにも見えます。となると、外角に逃げていくボールを(コースとしてはボールなので)どれだけ見定められるかが勝負になりそう。勿論、日によって、あるいは調子の波によって手が出てしまう日、打席もあるでしょうが、しかし今のスタイルを続けていけば、ある程度の数字は残してくれそうな気がします。あとは外角を意識させておいて、えげつない内角攻め(それも威力ある速球、とか)といった振り回しを徹底された時にどうなりますか』

 5月13日の更新においてソトのバッティングの感想をそう書かせていただきました。そして、現時点においては私の希望的観測のかなり上の数字、活躍を見せてくれています。このあたりの柔軟性、対応性の高さが実はソトの最大の武器かもしれない。最近は、ふとそんな風に感じる事が多くなりました。これはあれですね、来シーズン以降の契約を急いだ方が良いのではないでしょうか。


 という事で、今日はなんとか連敗を止める事が出来ました。しかし、試合内容そのものは決して良いとは言えず、またベイスターズ最大の強みであろう一体感、元気さもあまり感じられない試合に感じました。CS出場を目指すのであれば、この先どこかで大きな波をつかまえなければいけないだろうと思いますが、どうですかね、まだもう少し時間がかかるのですかね。あるいはそれが来ないまま、シーズン終了となってしまうのでしょうか。期待半分、不安半分でこの先のベイスターズを見守っていこうと思います。




posted by omune at 00:30| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか打線の割に点が取れないんですよね
今日の展開なら6~7点は取れた気がする
Posted by kk at 2018年07月26日 01:51
kk様

 おはようございます。返信遅れて申し訳ありません。

 打線の印象、安打数、出塁数と得点数がアンバランスなのは、ベイスターズが強いチームになるための大きな課題だと思います。長打が出れば勝てるという野球は即ち、相手投手が良いか、不調な選手が多い時、中軸選手に故障者が出た時には勝てないというのと同義でしょう。

 もしも現在のままの戦い方で強力な攻撃力を維持し続け、毎年優勝争いに絡むようなチームになっていくのだとしたら、それはそれで凄い事です(その可能性は低いと思いますが)ただ、そのためには各レギュラー野手がそれぞれにリーグ屈指の打力を持つ選手に生長する必要があり、まだとてもそこまではいけていないのが現実かと思います。

 

Posted by 大宗 at 2018年07月27日 04:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください