2018年07月30日

鉢植近況 桃、白のサルスベリが満開 (20180730)

 今日はまんまと(?)時間が空いたのですが、そういう時に限って試合がありません。まあ、元々なので仕方がないですね。

 という事で、久方ぶりの鉢植えの近況などを――

 現在、我が家の鉢植えでもっとも華やかなのが桃、白のサルスベリ二鉢です。


 古株(当社比)であるピンクのサルスベリはこんな感じになっています。

サルスベリ桃01.jpg  サルスベリ桃02.jpg

 これは2週間ほど前の写真になるのですが、この数日後には枝がほぼ全て埋まるほどの満開状態となりました。それが一段落し、現在は再び多くの蕾を膨らませつつあるところです。



 一方、越冬に失敗、枯れ死させてしまい、今春リベンジを期して迎え入れた白サルスベリ(ぺチートサンシャイン)の状況はこちらです――

サルスベリ白03.jpg  サルスベリ白02.jpg

 こちらは数日前の写真でして開花が始まってまだ数日です。長いこと蕾を持ったまま動きが止まっていましたが、一度開花が始まると一気にこのような状態になりました。ピンクと比較して開花は約一か月、満開状態で約十日遅い感じですね。

 なお、次の写真でお分かりいただける通り、白とピンクの花は大きさも花の付き方も若干異なっています。特に大きさの違いは顕著で、白の方はなんと言いますか、とにかく迫力があります。

サルスベリ比較01.jpg


 白のサルスベリは昨年の(枯死してしまった)株と比較すると明らかに元気で花数も多いです。ここまでは(あくまでも相対的な話になりますが)順調に来ていると言えるでしょう。

 問題は昨年失敗した越冬ですね。ピンクの方はもう何度も我が家で冬を越しておりおそらく今年も問題なく推移すると思うのですが、白の方はそこが試金石となりそうです。ご存知の方も多いと思いますが、サルスベリは翌年の花付きを良くするため当年枝(一年目の若枝)を落葉期に切り落とします。そのタイミングをどうするかなど、少し工夫をしてみたいと思っています。




posted by omune at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください