2018年08月05日

ベイスターズ雑感 得失点以上の差を感じた試合。三嶋のピッチングが救いだった (20180805)

 これはあくまでも私感です。なので何卒大目に見ていただきたいところなのですが――

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 最後の最後までもつれる展開となったこの試合。なるほど、確かに良い勝負だったと感じます。少なくとも時間を忘れて観戦する事は出来たでしょう。しかし足りなかった1点、これは10回表に失ったそれだけではなく試合の要所要所において『あと1点奪い取っていれば勝てた』という意味なのですが、その1点に彼我の大きな差、決定的な差を思い知らされた試合でもありました。

 同時に感じたのは『迫力あるホームラン』より価値のある『ゴロヒット』、『気持ちの良いヒット』よりも価値のある『ファール』や『四球』があるという事。

 監督が春先に高々と掲げていた『スモールベースボール』。その象徴ともいえるプレーは犠打や盗塁ですよね。しかし、最も重要なのは犠打や盗塁の先にある『目的』。その目的から逆算した攻撃ができるか。そしてそれを成そうとする意志、『格好良い展開でなくてもとにかく目前の試合に勝つのだ』という欲求。それこそがスモールベースボールの肝なのだろうと私は思っています。それはつまり『優勝』というゴールが『望み』なのか『ノルマ』なのかの違いかもしれません(失礼を承知で書いています)

 無論狙って全打席の5割出塁、2割をホームランにできる打者がずらりと揃っているなら(一人じゃダメです)スモールベースボールなんぞ要らないと思います。そんな打者が5人もいたら、それは面白い様に点が取れるでしょう。でも、実際はなかなかそうはいかないわけで。なので色々あった試合ですが、結局のところ最終回の攻撃が試合を総じていた様に思えてなりません。


 とはいうもののようやく打線に反発力も出てきましたし、次のスワローズ、タイガース6連戦で勢いを取り戻していく事は決して不可能ではないと思います。チーム全体が(個々がどうこうではなくトータルとして)CS出場を求め続けている(それも渇望するほどに)なら、ですが。このあたりはファンにはどうしようもありませんからね、もう見守るしかありません。


 そんななか、見ているこちらまで興奮させてくれたのが三嶋です。菊地、丸、鈴木というカープの主力打者達が揃って圧倒され、それを表情に出してしまうという圧巻のピッチングでした。

 直球はガン表示で151が最速だったように思いますがなにしろ勢い、威力感が凄い。加えて変化球も切れ切れ。そして、マウンド上でジャンプしているかのようなその躍動感あふれるフォーム。毎試合、同じようなパターンで負けていく今のベイスターズにもやもやしたものを感じている現在、そのピッチングは本当に救いでした。

 以前にも書かせていただきましたが暗黒末期に入団し、我々ファンに微かな希望を与えてくれた投手のこの復活劇が、私は嬉しくてたまりません。そして、その凄みを増した表情と眼光に、プロ野球選手としての大きな魅力を改めて感じている次第です。いや、本当に格好良い投手になってくれましたねえ(感涙)




posted by omune at 23:22| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>最終回の攻撃

9回の裏、2点差で送りバントを命じた監督が1点差で命じませんでした。
理由は明白で技術がないからです。
走者も田中でしたし最低限の打撃すら感じない小フライ。(併殺を恐れたのか知りませんが外野に飛ばす打撃でしたね)

管理人さんもがっかりしたようですが私もです。
もっとも、倉本だからしょうがないという想いもありまして諦観です。

あの中畑監督が非力な倉本に犠打を一度も命じたことがないほど技術的に課題のある選手です。
いろいろ課題を覚えるシーズンになりそうですね。
Posted by 通りすがり at 2018年08月05日 23:56
通りすがり様

 コメントありがとうございます。そうですね、昨日の試合は色々な事を感じ、考えさせられました。まあ、今がたとえば首位争いの真っただ中だったり、チームの調子が良ければそんな事はなかったのでしょうが。

 送りバントについては(勿論、監督にはしっかりとした方針、作戦があるのでしょうし、それが間違いとも思いませんが)1点負けている延長裏の無死一塁でしたからね。なんとも勿体ない気がしてなりませんでした。

 その直前の失点と言い、なんというかチーム全体が1点に対して淡泊な印象を受けるのです。それをなんとも寂しく感じました。


Posted by omune at 2018年08月07日 02:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください