2018年08月17日

ベイスターズ雑感 仄かなる期待 (20180817)

 いやあ、良かった――

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 「今日もやられたか」と肩を落としかけたところからの逆転劇でしたから喜びもひとしおです。こうして嵩にかかった時の破壊力はベイスターズならではですねえ。無死から塁を埋めた1から3番打者が、投手交代後の初球を仕留めた(そう。仕留めてみせたのが4番の仕事でした)筒香が、見事に自分の仕事を果たしてみせてくれました。

 ただですね、視点を変えればそれ即ち、展開として良いものではなかったとも言えます。3回、バティスタを迎えた場面、カウントを悪くした状態から敢えて勝負に行って(打たれた球、ストライクゾーンでしたよね?)打たれ、カープ打線を活性化させてしまった事。それにより、絶好調と見えた東の投球を活かしきれなかった事。攻撃では、一死満塁でロペスが最悪の打球を打ってしまった事。当たり前ではありますが、そういった根本的な部分は実は昨日までとあまり変わっていないのではないか。そう感じられるのは確かです。

 しかし――

 現在の(あくまでも現在の、2018年の、です)ベイスターズが上位球団を打ちのめせる最強かつ数少ない武器がこれで蘇ってくれるかもしれない。そんな淡い期待を抱かせてくれたのもまた事実です。それには明日、明後日の試合の結果、それ以上に展開が非常に重要になるでしょう。

 もしかしてもしかすると、今シーズンたくさんの悔しい思いを積み重ねてきたベイスターズファンに報いる、これは大きなチャンスになるかもしれません。禿頭だというチャンスの神様をツルリと取り逃してしまわない様に、この機会を逃さぬ野球を期待しています。




posted by omune at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください