2018年10月09日

ベイスターズ雑感 残念ながらCS進出ならず (20181009)

 皆様、こんばんは。先刻、遂に今シーズンの最終順位が確定しました。

日刊スポーツ 『 ヤクルト 対 DeNA

 途中でジャイアンツのCS進出が決定してしまいましたが、最後まで気の入ったプレーを続けてくれた選手達、勢いの衰えない応援を見せてくれた現地ファンの皆様、心から敬意を表します。

 ジャイアンツ圧倒的優勢が判明する終盤まで(いや、中盤かな?)は「100%勝たなければならない試合」でした。そんな試合を任された平良が好投し、またリリーフ陣が揃って責任を果たしてみせてくれました。またチーム全体で得点を奪取し終始有利な展開で試合を進め、またおそらくホームラン王のタイトルを手にするだろうソトが今日もまた一撃を放ってみせるあたり、チームの底力、地力を感じさせてくれました。本当に良いチームになってきてくれましたね。

 なにしろ故障者が続出、先発ローテーションの構想は早々に崩壊、攻撃では思う様な得点力を発揮できずと各要素で不完全燃焼を感じさせられた今シーズン、それでも最後の最後までCS争いに踏みとどまってみせたのは、これ即ち総合的なチーム力の証明に他ならないと思います。

 とはいえ、です。シーズンの結末としては一昨年、昨年を下回るものになってしまった。これは厳然たる事実ですし、個人的には正直残念でなりません(もう「いいよいいよ。よくやったよ」と声をかける時期は終わったと思いますし、終わらせなくてはいけないと思いますので)

 結果的に先日、他チームの勝敗にCS出場可否を委ねなくてはならなくなった時点で『負け』だったという事になるでしょう。普段聞き流しがちの『自力優勝』『自力CS』などというワードですが、今シーズンの結果はその重みを思い知らされるものになったという印象です。

 明日の試合結果によっても数字は変わりますが、現時点においてはあとたった1勝(明日負けてしまうと2勝)足りなかったという事になります。それは無論、あくまでもCS進出に必要な勝ち星ですけれども。

 その不足分はもちろん結果であるけれども、その『結果』はここまでの144試合で積み重ねてきた『過程』の上に成り立ったもの。その足りなかった部分を来シーズンどうやって上乗せしていくのか。また現実的にそれはできるのか、可能なのか。そのあたりはまたオフにでも自分なりの考えを書かせていただこうと思います。


 でもまあ、これだけの問題点を抱えながら、また想定外の出来事に見舞われながら、それでも4位をキープ出来たのは本当にファンとして頼もしく思います。来シーズンがさらに楽しみになってくるような、今日の試合でありました。いよいよ明日はシーズン試合最終戦。ファンの胸がすかっとするような、今シーズンの悔しさを霧散させてくれるような、気持ちの良い試合を期待します。




posted by omune at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください