2019年04月05日

ベイスターズ雑感 「惜しかった」今永の今後に期待 (20190405)

 くそお、くそお! あと少し、あと少しだったのに。

 あ、なんて悔しがっておりましたら、子どものころ野球観戦していて父に言われた一言を思い出しました。当時のホエールズがどこかに0-1で負けた後だったと思います。で、素直なホエールズファンの子どもの、ただの率直な感想として「でも、たった1点の差なんだから惜しかったよね」と父に慰めてもらおうとしたところ、「惜しくもなんともない。その1点の差が大きいんだよ」とズバッと斬り捨てられたんですよね。正直「ひでえ」と思いました(笑)

 とはいえ、です。今永、本当に惜しかったですね。菅野とよく渡り合ってくれたと思います。そういえば一昨年まで、こういう今永の負け方(?)を何度も見たような気がします。

 勿論、勝てた方が良いに決まっていますが、それでも昨年の様な不調が続けばこんな「惜しい」負け方に持っていく事すらできないわけです。しかも菅野が相手だったわけですから、考えようによってはこれからの今永の活躍への期待をさらに膨らませる事ができる投球だったと言えるのでは?


 打つ方ではソトが3試合連続、3打席連続のホームランの大活躍、筒香にもウイング席に届かんとする特大の一発が生まれました。これで繋がりや打順の回転が良くなってくると、チームも白星を連ねる事ができるようになりそうです。……たぶん。




posted by omune at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください