2019年05月10日

ベイスターズ雑感 宮崎の活躍が本当に嬉しい&中井の働きに心から拍手 (20190510)

 やりましたねえ。今日は良い勝ち方だったのではないでしょうか。

 まずは宮崎の活躍を喜びたいと思います。一本目は外角に浮いた甘い球、二本目は内角の低目、そこそこ厳しい所に見えましたが、その何れもをレフトスタンド最奥部へ叩き込んでくれました。少し前と比較して腰が入ったと言いますか、非常に振りが力強くなっている様に見えますね。

 これで後は右方向へ力強い打球が行くようになってくると、いよいよ完全復調を期待できるのではないでしょうか。また、その兆候となる様な打球も散見されるようになってきました。あと少し、もう少しですかね。この苦しい春を乗り切った姿が本当に楽しみでなりません。


 チーム全体に視点を広げると、今日は二度にわたって打線がつながりました。4回の得点、5回の得点とも2死からのタイムリーによるもので、そういう意味でもこのところなかった勝負強さ、粘り強さを味あわせてくれたと言えるのではないでしょうか。

 え? 4回のタイムリーは今永じゃないか? 彼はいつも本気で打ちに行っているが、投手なのだから『たまたま』と考える方が良い?

 確かに私もそう思います。しかし、この2イニングに渡ってとても大きい働きをした打者がいたのではないかと。

 それは6番に入っていた中井です。4回は彼が四球を選んだ事で最終的に三塁まで走者が進み、相手の悪送球で2点が入る状況に繋がりました。さらに大きかったのが5回。二死一塁から彼が出塁優先の打撃で繋いだ事で続く大和のタイムリーが生まれ、また一打で2点を奪う事が出来ました。

 いずれもタイムリーを放った今永、大和が注目されるのは当然ですし、スポーツニュースなどではその場面しか報道されないのが常ですよね。けれど、私はこの2イニングにおける最大貢献者は中井だったと思っています。心から、手が痛くなる程の拍手を送ります。ナイスバッティングでした!


 また今日はパットンが復帰。見事なリリーフを見せてくれました。崩壊しかけているリリーフ陣の救世主となってくれると良いですね。でも、とにもかくにも今は信頼できるリリーフの頭数を確保しなくてはいけませんが。


 それと途中交代となったソトが心配なところです。その前の打席で自打球を大分痛そうにしてましたから、その影響でしょうか。今のところ続報を見つけられていませんが(探し方が悪いだけ?)大事に至らない事を祈っています。



posted by omune at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください