2019年05月17日

ベイスターズ雑感 『今日は』ポイントゲッター達が期待に応えられなかった事に尽きる (20190516)

 大貫がねえ、可哀想でしたよねえ。あれだけの投球をして勝たせてやれませんか、そうですか。

 コントロールが不安定なロメロに対してファールで粘り、序盤でかなりの球数を強いる事が出来ました。また。四球絡みで複数回のチャンスをつかむこともできました。今日はそこまでは出来ていたと思います。しかし、肝心なところで中軸に一打が出なかった。結局、それに尽きるのではないでしょうか。わずか5安打ではありましたがそれなりに攻撃を組み立てられたという点で、少し前よりは遥かにましだった。それが個人的な印象でした。

 まあ、あれですね、いくら中軸と言えどもいつも打てるわけではないですし、ましてやソトもロペスは調子が上がってきていません。また宮崎も復調しつつあるとはいえまだまだ天井には遠い状態でしょう。これは筒香も然りだと思います。

 それでも、です。ここでこそ、中軸だからこそ、打たなければいけない場面ではあったでしょう。ただ、彼ら中軸の調子が上がってくると、それなりに点を取れる雰囲気は出てきたかな。そんな感じです。ファン一同も頼りにしてますから次は是非ともお願いします、という事で(懇願!)

 とにかく周囲の打者達には中軸達が『責任感で潰れそうになるほど』に、塁上を賑わす事に注力し続けてもらいたいもの。そういう意味で、今日の序盤の打席での粘り強さを大切にしてもらいたいと願います。

 それとこれも個人的な印象、感想なのですが、筒香とロペス、宮崎、ソトはどうしても打順をくっつけなきゃいけないのですかね? ソトにしても足の調子が万全ではないとの事。それをああいう中途半端というか、どっちつかずの使い方をする意味あるんでしょうか。そういう使い方をしなければならないほどポイントゲッターとして働いているのなら別なのですが、それよりも思い切ってレギュラーから外し、その間に足を治し、同時に調子を上げてきてもらうという考え方もあるのではないかと。

 いや、使うなら使うで良いと思います。実際、私、宮崎の時にはそんな事を書きました。その考えは今でも変わっていません(ソトと宮崎が同じ立ち位置かというとそうではないと思いますが)ただ中途半端、どっちつかずな使い方はおそらく誰のためにもならないのはないか。そう引っかかってしまうのです。



posted by omune at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください