2019年05月20日

ベイスターズ雑感 ようやく打線がつながりはじめたか (20190519)

 いい感じになってきましたかね。

 こういう状況での同一カード3連勝の持つ意味は非常に大きいでしょう。また昨日は遂に上茶谷がプロ入り初勝利。これまで好投してもなかなか援護がなかったり、そうこうしているうちに調子を落としてしまったりと大変だったでしょうが、プロ入り早々に立ちはだかった壁を乗り越えるきっかけになってくれればと願います。

 また今日は濱口が待ちに待った一軍復帰。そして失礼ながら期待していた以上のピッチングを見せてくれました。なんとなんと、強力スワローズ打線を相手に完封勝利とは。それも2回から8回まで一人のランナーも出さずにですものね。本当に恐れ入りました。

 さあ、これでさらにローテーションが形になってまいりました。今の投球順番通りに書けば今永、上茶谷、濱口、坂口(?)、東、大貫となり、飯塚、平良の復帰時期もそろそろ噂されるようになってきました。また、打線もようやく得点パターンを確立しつつあります。

 これは無論、単純に宮崎の復調、またロペスやソトの調子が上がりつつある事に起因しています。しかしそれと同じくらい、いやもしかしたらそれ以上に、攻撃、個々の打撃結果が繋がりつつあるのが大きいように思います。

 先日『彼ら中軸の調子が上がってくると、それなりに点を取れる雰囲気は出てきたかな』という記事を書かせていただきました。このスワローズ戦ではまさにそんな攻撃を見せてくれ、一ファンとして本当に嬉しかったです。


 昨日の試合では神里が出塁しすかさず盗塁。続く宮崎のタイムリーであっという間に得点という場面がありました。そして、今日はさらにその上を行く様な攻撃がありましたね。

 5回、神里がライト前安打で出塁、宮崎の二球目に見事盗塁を決めます。相手先発、高梨にどうもタイミングが上がっていなかったように見えた宮崎は追い込まれてしまいながらも、最後は明らかに右を狙った打撃で神里を3塁に進めました。

 宮崎という打者からすると『最低限の仕事』だったかもしれません。しかし、そんな『チームバッティング』が非常に大きな意味を持つ事になりました。なによりも大きかったのが、ランナー3塁という状況を作る事で相手の内野手を前方に引きずり出した事ではないでしょうか。これによりソトが放った詰まり気味のゴロが、サードのグラブの僅か先を抜けていくタイムリーとなりました。

 宮崎を2番に置く事が良いのか悪いのか、私にはわかりません。しかし1番神里(いや、神里でなく、梶谷でも良いですし、桑原でも良いのですが)が出塁できる状況にあり、宮崎の調子がやはり標準以上にあるならばある意味面白いかも。昨日、今日の試合を見ていてそんなこと思いました。


 それと最近、注目しているのが伊藤光の打撃です。数字だけ見てもベイスターズで最も打てる捕手なのは間違いないですし、実際そういう活躍をしてくれてもいるのですが、なによりも拍手を送りたいのはその打席での振る舞いです。

 相手投手、特に先発を攻めあぐねている様な状況、或いはまだ試合の大勢が見えてこない状況に於いてとにかく球数を投げさせよう、ファールで粘ろうという意志が見える打撃をしてくれているように(私には)見えます。こういうの(粘るというだけでなく『意思が見える』という意味で)実はとても大切な事ではないかと。彼と大和が下位打線にいる事で打線が打線として機能し始めている。そんな風にも見えるのです。



posted by omune at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください