2018年06月19日

ベイスターズ雑感 粘り強く投げた飯塚が今シーズン初勝利 (20180618)

 深夜勤務となる変則業務のまっただなか、久しぶりに観戦できた今日、いい試合を見させてもらいました。

 その感想の前に大阪の地震で影響があった方々、さぞ大変であったことと存じます。心からお見舞い申し上げます。まずはとにかくライフラインが、一日でも早く復旧します様に。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 西武

 さて、ここまで援護点に恵まれず、なかなか上げられなかった今シーズン初勝利を、飯塚がついにものにしましたね。強力西武打線を相手に慎重にいきすぎたところもあったのか、全てのイニングで四球を与える苦しいピッチングとなりました。一つ間違えば大量失点につながる状況が続きましたが、結局最後まで決定打を許さずに先発の責任を果たしてくれました。特に3回、一死一、三塁のピンチでの好フィールディング、状況判断が自らを救う形となりました。

 ウィーランドが故障のため抹消、それに伴っての先発だったのでしょうが、本当によく投げてくれました。この勢いで次回登板で両目を開けてくれると、チームにとっても非常に大きいと思います。期待します。


 その飯塚を強力に援護したのが宮崎です。2本とも実に素晴らしいホームランでしたが、特に2本目。右中間への糸を引くような打球は実に美しいものでした。

 これで宮崎は14号。ロペスが15号、筒香が16号といずれ劣らぬ数字となってきました。もう間もなくして、この3人が再びクリーンアップに名を連ねるのが楽しみでなりません。


 それと大和ですよねえ。今日も素晴らしいプレーがいくつもありましたが、特に8回。二死一塁の場面でセンターに抜けようかという当たりを見事に止め、セカンドをオーバーランしたランナーを刺したプレーは圧巻でした。守備でこれだけファンを沸かせられる選手はなかなかいないと思います。


 さて、これでチームは29勝30敗となり、交流戦勝敗と共に借金1となりました。これだけの故障者、不調者を抱えながら、よく戦ってくれていると感じます。

 一部情報によりますと筒香は明日から先発に復帰の可能性、さらにロペス、梶谷、ソトも明日から2軍の試合に出場し始め(状態が良ければ)一週間を目途に復帰してきてくれるようです。そうなると、いよいよ上昇気流を掴まえるチャンスがやってくるでしょう。今はその時が待ち遠しい限りです。

 それと彼らを欠いて戦い、苦しいながらもこの勝敗ラインで踏みとどまっている経験は、必ずやチームにとってプラスになるに違いありません。チャンスを得ている選手達、たとえば楠本、佐野、山下、中川らにとっても、強力なパシフィックのチームを相手に結果を出せている事がきっと大きな自信となっていくでしょう。


 今シーズン中には難しいかもしれませんが、数字が上がっていない選手達の復調も含めてやがてチームが完全体となった時、この貴重な経験は大きな糧となるでしょうし、戦う武器、チームとしての層の厚さにも繋がっていくでしょう。

 今シーズン開始前、各所で「ベイスターズは層が厚くなった」との評価がされていました。こうした状況になって、それは決して間違っていなかったという事が証明されていると思います。しかし、なんと言うのでしょうか、シーズン優勝を常に狙える様なチームになっていくためには、その『厚さ』をさらに増し、選手の数とは違う部分も含めて『強靭』なものにしていかなくてはなりません。この異常ともいえる状態が、逆にそうしたチームとしての『成長』に繋がっていってくれる事を祈って止みません。




posted by omune at 01:45| 東京 ☔| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

ベイスターズ雑感 ウィーランドも抹消!? いったいどうなっているのか? (20180617)

 今日もこれから深夜まで業務です。今朝帰って来たのが8時ですので、なんだかあっという間。勿論、その間は就寝していましたので、試合見られてません。

 今永がどうこうというよりも、攻撃力の低下が響いている感じがしますね。はい、感じだけですが。そのうえウィーランドまで抹消との事。

 これ、ちょっと異常な事態ですよねえ。チームの大きな問題、課題として原因の洗い出しを行った方が良いのではないでしょうか。

 ああ、などと書いていたらもう時間が無くなってきました。とりあえず、御奉公に行ってまいります。明日はシフトが一日空きますので、おそらく観戦できると思います。ストレス解消になるような試合を見せてもらう事を期待して、私も頑張ります(泣)




posted by omune at 17:41| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

ベイスターズ雑感 筒香欠場は大ショック(試合見てませんけど)(201480615)

 昨日書かせていただいた変則業務一日目が終了。帰宅して食事を済ませたらこんな時間になってしまいました。明日はさらに帰宅が遅く、というよりも朝になる予定でして、おそらく観戦は無理かと思います。って、まあ今日も見られていないんですけどね。

日刊スポーツ 『 オリックス 対 DeNA

 うーん、最も頼りにしている東が7点を失ったとあっては、さすがに勝利を手にするのは難しかったでしょうね。3、4回あたりはしっかり抑えられているようですが、出来そのものはどうだったのでしょうか? 就寝時間まで他のブログ様や報道サイトを徘徊してみたいと思います。

 そんな試合でも中川の移籍一号、若手主体の打線で11安打などプラスポイントもたくさんあった様です。が、その全てを霞ませてしまうのが、筒香の欠場ですね。私は試合そのものを見ておりませんので、あくまでも印象での話になりますが。

 なんでも背中に強い張りがあるとの事。昨日の最終回、あと一人出塁すると筒香に打順が回るところでしたが、何故かネクストバッターズサークルにその姿はありませんでした(飛雄馬がスタンバイしていた)もしかすると、あの時点で痛みが出ていたんですかね。

 抹消まではいかず明日は様子を見てという事らしいですが、いずれにしろ完調ではないわけで、これはチームとして非常に苦しい状況になってまいりました。

 こうなってくると今はとにかく、負けの数を一つでも減らすことに専念しなくてはならなくなりました。主力復帰後の反攻に向け、チームとしてどこまで粘れるか。いよいよ踏ん張りどころです。




posted by omune at 02:42| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ベイスターズ雑感 復帰の大和が殊勲打。打球を当てた佐野が完璧なバックホーム (20180614)

 いや、良かった良かった。苦しい試合でしたが勝ってくれましたね。

日刊スポーツ 『 ロッテ 対 DeNA

 あの事故から無事復帰してきてくれた大和が見事に殊勲打。打球を当てた方の佐野も昨日は見事な一発を放ち、そして今日は勝敗に直結する完璧なバックホームを見せてくれました。これでその件も一段落ですかね。そういう意味でも本当に良かったです。

 で、それでもロペスはまだいない、ソトもいない、梶谷、倉本もという状況での交流戦終盤。一昨日、昨日は苦杯をなめましたが、ここで一つ勝てた事は大きい。借金3と1では今後を考えればえらい違いです。

 さて、今日はそんなわけで大喜びしているわけですが来週の火曜、19日(火)あたりまで深夜業務などがあり、通常の更新が難しい状況です。録画した試合を見たりは出来ると思いますし、こうして短い感想を書いたりはさせていただくかもしれませんが、おそらくは簡単な形になってしまうでしょう。

 このところどうも調子が出ないベイスターズですが、今日の勝利をきっかけに反攻に転じる事ができますかどうか。変則業務で体内時計無茶苦茶状態の数日間になるだろう私に、是非是非活力を与えてやってもらいたいところ。この通りお願いします(平伏)




posted by omune at 23:05| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

ベイスターズ雑感 大和のアクシデントが大事に至らなくてひと安心 (20180612)

 やられました。石川にすっかり翻弄されてしまいましたねえ。

日刊スポーツ 『 ロッテ 対 DeNA

 直球は走ってましたし、変化球も切れ切れ。この出来の投手が相手では、なかなか連打は生まれないでしょう。そうなるとホームランが欲しいところですが、これがまた。遠くへ飛ばせそうな球がほとんど来ないんですものねえ。流石としか言いようがありません。


 それでも4回、6回、7回と3度のチャンスがありました。そのうちの2回は打者が宮崎でしたから、どちらかをものにできていればという悔しさはあります。

 しかし実際のところ、4回の打席に於いて宮崎は外角直球を完璧につかまえているんですよね。打球は右方向への強烈なライナーとなりましたが、残念ながらファースト正面。上述させていただいた通り、石川の出来が出来でしたから、そう何度も、しかもチャンスであんな打球を飛ばすのは難しいでしょう。なので、ここが今日の分水嶺になった様な気がしてなりません。


 一方、こちらの先発、ウィーランドもよく投げてくれたのではないでしょうか。立ち上がり、コントロールが不安定な間に痛打を食らい、2点を失ってしまいましたが、それ以降は球を散らし、走者は出すものの粘り強くアウトを稼いでいきました。内容的には決して好調ではなかったかもしれませんが、それでも7回を3失点にまとめてくれたのはこちらもやはり流石です。


 その他、大和の代役として出場した柴田がファインプレーを見せたり、3番に入った楠本がマルチ安打を放ったりと、決して見どころのない試合ではありませんでした。惜しむらくは1番神里、2番桑原に当たりが出ず、攻撃が切れてしまっていた事でしょうか。



 その大和ですが、後頚部に打撃練習の打球が直撃と聞いてぞっとしました。後方のフライ捕球で背走していた時に、後ろからボールが来たみたいですね。避けるのはもちろん、防御態勢も取りようがないですから、おそらく『もろに』だったのでしょう。

 ただ、病院へのタクシーに乗る時は自分で歩き、また試合中に球場に戻って来たとの事。チームメイトと笑顔で会話もできていたらしいですので、ひとまず大事にはならず済んだ様です。いやあ、心からほっとしました。本当に良かった。

 それでも場所が場所と言う事で明日、もう一度診察をしてもらうとの事。いずれにしても無理だけはしないでもらいたいものです。脳震盪登録抹消特例措置が使えるかもしれませんし、とにかく万全を期して欲しいところです。



 それとエスコバーですが、監督語録によればやはり登板過多を考慮しての『休養』の様です。昨日の更新で書かせていただきました通り、交流戦明けのタイミングで戻ってきてもらえればという事たらいしいですね。そして、明日先発のバリオスには2回のチャンスがありそうな感じ。

 最後にロペスについて、やはり監督語録による情報ですが、今日からマシン打撃を再開したのだとか。走る方の回復度は40%との事ですので、交流戦明け早々の復帰は微妙なところでしょうか。無論、彼の不在は非常に痛いですがこちらも大和同様、とにかく万全を期しての復活を願います。




posted by omune at 00:53| 東京 🌁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする