2013年02月12日

テレメンタリー2013 2月11日放送分を見て

 昨日深夜、テレビ朝日のドキュメンタリー枠にて、山形大学生死亡訴訟が取り上げられておりました。

 一人暮らしをしていた大学生が早朝、体調の不良を理由に救急車依頼をしたのですが、会話の内容から「不必要」を判断され、そのまま亡くなった(通話の履歴や死亡推定時刻からそう考えられる)というもの。山形市側は判断は適切だったとして、裁判で全面対立となっているとか?

 この一件、無論知ってはおりましたが、恥ずかしながら時と共にその内容は鮮明さを失い、すっかり色あせてしまっておりました。いかんですね、ほんとに。 

 番組によると、山形市においては意識が清明であるか、自力で歩行が可能であるか? 嘔吐はあるか? など6項目を確認し、対応した者が搬送を判断するのだそうです。

 番組の冒頭では当日の音声記録が流されておりましたが、明らかに声色がおかしいです。個人の印象となりますが、私の感覚ですと少し聞いただけで普通の状態でないのが分かるレベルです。

 担当者の「一人で歩けますか?」という問いに対して、本人は確かに「動けると思います」と答えています。しかし、そこに至るまでの会話は明らかに不自然。年齢を問われ「19です」と答えた彼は、次の「お名前は」との質問に再度年齢を返答しています。問い直されてようやく苗字を名乗っていますが、それも呂律(ろれつ)がはっきりしていません。

 続いての「歩けるの?」という質問に彼は先述の様に答え、そこから話は一気に”タクシーを使い独力で病院に向かう”方向へと進んでいきます。

 全ての状況、展開を知っているわけではありませんから、私は山形市や消防、担当者を責めるつもりはありません。しかし、この6項目の判断基準については疑問を感じざるをえないです。この方式ですと、たとえば大した症状、緊急性がないのに救急車を呼ぶような人と、重症であったり酷く不調であるにも関わらず我慢をしてしまう人、無理をしてしまう人を同基準で判断する結果につながるように感じるからです。実際、通報を受けての即断には無理があるとして、基本的に救急車を出動させる方針を取っている自治体もあるとのこと。

 電話の声を何度も聞いてみましたが、おそらく彼は後者だったのではないか。「歩行が可能なら自分で病院に行ってもらおう」という意図を言外に感じ、それを受け入れてしまったのではないか。そう思えてなりません。

 これは番組の主題外となり、もちろんそこまで言及されることはありませんでしたが、これには有料のサービス、それこそタクシーの様に救急車を利用しようとする人々の影響があるのかもしれません。私たち個人個人が考えていかなければならない事だと思いますが、だからと言ってすり込まれたそうした意識が通報を遅らせたり、要請時の遠慮に繋がってしまうのも本末転倒でしょう。

 その対策として救急相談センターがあり、搬送の必要性や行くべき病院についてアドバイスしているわけですが、119番とどちらにかけるかという判断は結局こちら側に任されているわけです。有用であるには違いありませんが、根本な解決にはならないような気もします。窓口(通報先)は一本化し、救急、病院、民間(タクシー会社など)を密に繋げた、総合的なシステムを作っていくようなことは出来ないものでしょうか。



 もう一つ、こちらは全く関係ない話なのですが、遠隔操作ウィルス事件で容疑者が逮捕されましたね。面白い(いや、面白いなどと言ってはいけないのでしょうが)のは、逮捕前の容疑者の映像ががんがん流されている事。これはあれですね、本人に許可を取って撮影されたものではないはずで、判決確定どころか逮捕前であっても、プライバシー侵害にはならないと、そういう事なのですかね。

 彼が真犯人なのかどうかですとか、そうだったとしてその犯罪をどう考えるかという事を書くつもりはないのですが、映像を見ていてふとそんな事を感じた次第です。

 それと、報道する側にある意図を感じてしまいますね。この事件に関わらず、結論ありきの報道が多すぎる気がします。もっと淡々と、冷静に事実関係を伝えていくやり方はないものか。送り手さんには自らの報道を客観的に、もう一度考えてみて欲しいと思います。まあテレビ制作も商売ですからね。見てもらわなくてはいけないですから、いろいろと大変なのでしょうが。


posted by omune at 22:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

総鏡張り(?)

 2月1日、2日の深夜に『 日本テレビ×NHK 60番勝負 』なる番組が放送されておりました。日本でテレビ放送が開始されてから60周年、両局が様々な部門で対戦するという形で過去の番組や素材を振り返っていくという企画ですが、笑いあり説得力あり、迫力ありで最高でした。テレビの面白さ、存在の大きさを改めて実感した番組となりました。

 1日はNHKで、2日は日本テレビでそれぞれ生放送、また各パートごとにそれぞれの局が制作した映像が交互に流れておりました。番組の性質上、笑いを取ったり面白く見せるという部分に比重が置かれるのは当たり前ですが、個人的にはNHKが作ったものの方が圧倒的に上を行っていた様に思えました。日テレのものがつまらないというわけではないのですが、NHKの本気度、真面目度(内容が真面目というのではなく)の方が勝っていた印象です。

 少し感じた事なのですが、テレビがつまらなくなった、その存在が小さくなったとはよく言われる事ですし、まぎれもない事実だと思います。私はテレビというメディアが好きですしインプットの一部として手離せないでおりますが、それでも情報源としてはネットの利用の方が遥かに多くなっているのが現状です。

 つまらなくなった理由に作り手の問題があるのは事実だと思います。しかし、受け手側、つまり視聴者たちがそうしてしまったという部分もかなりあるのではないか。そんな事を感じた二日間でありました。陳腐な言い方ではありますが「社会を映す鏡」の一つなのだろうな、と。そうした流れはここにきてさらに激しさを増しているように思いますし、そういう意味で言うとテレビの先行きは暗いような気がします。

 しかしですね、だからと言ってその価値がなくなるわけではないだろうなと、今回の放送を見ていて思いました。で、一方通行で受け取った(悪く言えば受け取らされた)情報を取捨選択するメディアであるテレビですから、作り手としてやるべき事は一つしかないと思うのです。ジャンルを問わず、もっとどろどろとした、執念を感じる番組が多くなってくれればと思います。

 最後にこれはもうどうでもいい事なのですが、「テレビは社会を映す鏡である」という言葉をどこかで聞いた記憶があったのです。で、検索してみたのですが、「社会を映す鏡」のあまりの種類の多さに笑えてきてしまいました。映画であったり、子どもであったり、面白いところではデマメールなど、「鏡」とされている対象を追いかけていくだけでもうお腹いっぱいです。どれも社会のパーツの一つですから当たり前といえば当たり前なのかもしれませんけれど、書く側としては便利な表現なのでしょうね。え? 「お前もさっき書いとったろうが!」と、そうおっしゃる? うーん、うーん、覚えてないなあ……。


posted by omune at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

大河ドラマ『 八重の桜 』 序盤感想

 放送開始から二話までが放送された今年の大河ドラマ『 八重の桜 』、お試しのつもりで録画してみましたが、なかなか面白そうですね。ここ何年かでは最高の掴みなのではないでしょうか。

 初回冒頭に山場のシーンを持ってきて主人公に呟かせた「ならぬことはならぬものです」の台詞、子ども時代の彼女に父が語った命のやり取りの重さと、女性である事から想像させる道のりの険しさ。

 「ならぬことはならぬものです」なんて主人公の話ではドラマにならんなんて声もあるようですが、いえいえいえ。そんな主人公がどんな過程、想いを経て会津戦争で銃を取る(つまり人を撃つ=殺める)に至るのか、そしてその後どう生きていくのか。その部分に私はかなりの興味を持っています。葛藤こそがドラマなのですから。こんな時代にふさわしい主題を見せてもらえるのではないかと期待しております。

 命の重さを語るのならば戦闘シーンや、今回の鳥を射殺するシーンなどでももっと生々しさを出してほしいかなというのはありますけれど、(そのものずばりを写せというのではありません。念のため)まあ大河ドラマですから限度はあるでしょうね。かなりきついであろう制約の中でどこまでやってくれるかも少し楽しみにしております。それと映像的にはオープニングの黒色の重さといいますか、コントラストの具合が(意味不明ですね)とても気に入っております。

 それとですね、このドラマ、タイトルがなかなか格好良いじゃないですか。一回目がおそらくはシリーズを通しての幹となるであろう「ならぬことはならぬものです」、二回目が「やむにやまれぬ心」、そして次回が「蹴散らして前へ」。どれもなかなか魅力的なタイトルだと思います。全部で50回ですか。回数が多くなったらタイトルだけをずらっと並べて、一気に読んでみたいものです。まあ、それまで私が視聴を継続していればの話ですが。でもここまでの手応えではなんだか見続けられそうな予感がしています。


  


posted by omune at 00:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

いい話だねえ (((ρT-T)ρオヨヨ

 まだ終わっていないのでこれを書きながらも観ているのですが、『 最高の人生の見つけ方 』に痺れてしまいました。

 9時からの放映でしたが、9時40分ごろからもうずっと半泣きでした。中盤は比較的明るく楽しい場面が多かったのですが、そんな場面を観ていても涙目になってしまうような、そんな映画でした。

 いやあお洒落ですねえ。おかしな例えですが、それが正直な印象です。色々と都合の良いところはあるのですが、薄っぺらい子供だましではないといいますか。純粋に感動できる作品ですね、本当に素晴らしい。


 話は変わってベイスターズについてですが、国吉はやはり安定しませんね。

エキサイトベースボール 『 10月5日(金) 巨人 vs DeNA

 良かったり悪かったりと、このままではローテーションの表側にはなかなか入れないでしょうし、入れてしまうチームではいけないだろうと思います。吉報はプロ初登板の伊藤が1イニング2三振と好投してくれたことでしょうか。


posted by omune at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

昔の映画

 皆様、こんばんは。お久しぶりの(?)omuneでございます。

 なんですね、番組改編期の放送のテレビを見ていますと、ネタに苦しんでいるんだろうなあと強く感じますね。同じことを半年ごとに繰り返しているだけ(というと失礼かもしれませんが)ですもんねえ。真面目ぶるわけではないですが、こういう時期にこそ長めのドキュメンタリーを放送するいい機会だと思うのですが、駄目なんですかね。

 ええ、そうなんですよ。ドキュメンタリー番組、好きなんです。ドキュメンタリー番組=真実ではないのは勿論なのですが、それを踏まえたうえで可能な時は見るようにしております。メジャーなのはNHKのあれですが、民法でも深夜にやっているんですよね。それを録画して見させていただいてます。って、以前にも書きましたかね、これ。覚えてないなあ。脳トレしなくちゃ駄目かなあ……  (゚ー゚;A

 まあ、それはそれとして先刻、某番組で昔の日本映画の一場面が流れておりました。それを見ていてふと思ったのですが、仕事の繁忙期が終わったら60、70年代の日本映画を何本か借りてきてみようかと。映画自体を楽しむというのもそうなのですが、最大の理由は「昔の街並みが見られるから」という事なのです。

 その放送されていた一場面にも映っていたのですよ、60年台の東京(?)の街が。もう役者さんそっちのけで、背景ばかり見ておりました。以前に書かせていただいた、過去の市街地写真が好物というのの流れですね、これは。

過去記事 『 いつかこんなサイトを作ってみたい

 ああ、サイト開設が実現するのはいつの日か(遠い目……)  (*゚o゚*)~゚


ラベル:映画 過去 街並み
posted by omune at 22:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

映画 『 もしドラ 』テレビで鑑賞

 そのうちテレビで見られればいいやと思っていた『 もしドラ 』がやっておりましたので、なんとなく鑑賞してみました。

 こういう映画やドラマを見ていつも感じる事ですが、野球のシーンが見ていてちょっと苦しいかなというのが率直なところです。冒頭、ヒロインが打席に付くところは無言でした……。曲がりなりにもあそこまで飛ばしてるのになあ  (;^_^A  あ、これは批判や非難ではありませんので誤解なきように。どちらかといえば作り手の方の問題だと思いますし。そう考えると某『その他の醸造酒』のコマーシャルはよく撮れている気がしますねえ。あの首の筋とかが、ですね  (゚ー゚;A  スポーツ物ってどちらかというとアニメが向いているような気がします。これもNHKでやってましたね。観てみるべきでした  ( ̄ー ̄;

 内容ですが、ドラッカーの文章がどう野球に結び付いていくのかという点では興味深く見させていただきました。ただ、後半に行くにつれてどんどんその要素が薄くなっていくのは残念ですね。原作は恐らくそうではないのでしょうが。尺が足りてない感じですね。

 物語としては最初のシーンから全てイメージできてしまいますなあ。王道と言えば王道ですが、王道好きな私にも、ちとストレートすぎるくらいのストレート。よほどの剛速球が高めに来ないと振らないかなあ。おぢさんですからね、私。

 まあ歳を食ってくると段々とひねてまいりまして、やはりリアルでこういうのが見たいなあと思ったりします。あー、ベイスターズやってくれないですかねえ。でもですね、野球という興業に何が求められているのか、そんな事は分かり切ってるよと言わないで関係者さん達には改めてよく考えてみて欲しいですね。少なくとも特定球団が強ければ良いという時代は終わっているでしょう。なのに、そこにしがみついている気がするんですよねえ。え? 違う? そうかあ、違いますかあ…… (・・*)。。oO


 それと全く違う話になりますが『 るろうに 』の実写化、どうなりますかね。これもまあ来年あたりテレビでやっていたら観ようかと考えているのですが、予告CMを見る限り特撮がすごそう、かなあ……。るろうにはコミックが大好きでして、あのくそ長い(失礼)話を最後まで読み通したくらいですから色々思い入れがあるんですよ。映画は映画だと思いますのでそれ自体をどうこう書くつもりはないのですが、原作が面白い理由の一つである「間」や「落差」を実写でやるのは大変だと思います。新しい方は知りませんが、テレビ放映時のアニメですらきつかったのに。歌はよかったですけどね、JUDY & MARY好きでしたから――

 ですから、そのあたりを逆にバッサリ捨てた方がいいんじゃないかと思うのです。まさか実写で「おろー」なんて言ってない、だろうなあ……。まさか、なあ……。


posted by omune at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

アメトークはカープ芸人でした。羨ましかった~。

 今日は珍しくテレビ番組のお話です。

 昨晩の『アメトーク』は、と言えばもうお分かりですね。そうです『カープ芸人』だったのです。

 いやあ楽しかった。そして羨ましかった。雑学あり、懐かしの映像あり、語りありと実に良かったですね。トランペット応援の元祖がカープファンだったなんて、知らない方も多いのではないでしょうか。

 なんですね、いつかベイスターズ芸人なんてのもやってくれないですかね。ってそんなに数がいないか (^_^;)

 ああいうのはなんですね。思い入れのある球団をお持ちの方は誰でも多かれ少なかれネタをお持ちなのではないでしょうか。コアなファン話って本当に楽しいですよね。そういう話を気兼ねなくわんさかできる場があったら参加してみたいですが、険悪になる可能性も高いかも??

posted by omune at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする