2017年06月05日

物欲番長 粉ワサビが予想以上に美味だった (20170501)

 いや、別に今回のネタは『物欲』というほどのものでもないのですが、まあ下らない世間話としてお読みください。

 皆さん、お刺身とかお寿司好きですか? お嫌いな方がいらっしゃいましたら恐縮ですが、私ははい、大好物なんです。で、このあたりが馬鹿舌の本領発揮と言えるのかもしれないのですが、ワサビを少し(かなり?)多めにして食べるのがもう最高。

 他にもステーキをワサビ醤油、あるいはワサビだけで食べたり、お茶漬けにワサビなんていうのも美味しいですよねえ。簡単にいくならキュウリにワサビ醤油つけてかじるなんてのも良いです(かっぱ巻きの海苔、シャリなし、これもまたうまい(汗))

 え? 嘘つくな? お前が好きなのは寿司でも刺身でもなく、ワサビだろうって? うーん、半分以上正解! でも、ほら、さすがにワサビだけをおかずにご飯食べるってわけにもいきませんから(笑) 料理あってのワサビ、ワサビあっての料理、これですよ。意味不明ですが私にとってはそんな存在です。


 で、そのワサビなのですが、お正月などには近くのスーパーで生ワサビを買ってくるものの、普段はチューブ入りのもので済ませてしまっておりました。昔は親に粉ワサビ練るのを手伝わされましたけれどねえ、おちょこ使って(当時はそもそもチューブ入りワサビなんてありませんでしたし)。それが今ではしかし、もうチューブ入りに頼りっぱなしです。はい、ワサビ好きの風上にも置けません。面倒臭がりの本領発揮でございます。

 ところが、です。先日、親と話している時にカラシの話になりまして。元々はおでん屋の話からだったと記憶していますが「カラシは絶対に粉カラシを練った方が美味い。全然違うからやってみろ」と強く勧められました。「まあ、それはそうなのかもしれんけど。でも、面倒くさいしなあ」と暫くは無視していたのですが、たまたま知人にシウマイをいただいた時に思い出しまして、ちょっと確かめてみたんです。

 そうしましたら、これがうまいのなんの。カラシそのものが美味いというよりも、料理の美味しさを100倍にしてくれる感じ。いや、年寄りの教えは素直に聞いてみるものです。

 で、後日。買い物に行った時にストックに詰め替え用(最近は本当に便利になりました)の粉カラシを購入したのですが、その時隣に陳列されている姉妹品(?)の粉ワサビが目に入りました。そして――

わさび.jpg

 はい、次の刹那にはもう深緑の缶と詰め替え用の袋が買い物かごに入っていました。だって、カラシでさえあの違いなんですよ? 大好きな(結局認める)ワサビだったらどれくらい美味しく感じるのか? 試してみたくなるのが人情ってもんです。

 数日後、さっそく刺身を買ってきて使用してみましたが、いや、やはりチューブのものとは全く比較になりません。無論、生ワサビの方が上を行くのは当然なのですが、そこまでではないにしろ、それでもチューブワサビには当分の間(面倒くささがまた、美味しいワサビへの欲求を上回ってしまうまでは(汗))戻れないでしょう。

 練りたてのワサビはとにかく香りが良く、嗅いでいるだけで目の前の料理がより美味しそうに感じられてきます。味にもチューブワサビの様な癖がなく、辛さも鋭くて食が進むこと進むこと。

 いや、本当に完敗です。粉ワサビは所詮、生ワサビには敵わない。という事はつまり、チューブと大して変わらない。チューブワサビの手頃さに馴染んでしまい、それが当たり前になっているうちに、そんな風に決めつけてしまっておりました。

 しかし、ただ粉を練るだけでこれだけ美味しいワサビが味わえるのなら、そのための1分を惜しむのは馬鹿らしい。今回、そんな風に考え方が変わった次第。舌の肥えた方には「粉ワサビ如きでそんなに喜びやがって」と笑われる事でしょうが、しかしそんな馬鹿舌の私にでもはっきりと分かるくらい、チューブワサビとの差は歴然としたものでした。……うーん、こんな事書いていたら、なんだかお茶漬けが食べたくなってきたなあ(落涎)




posted by omune at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

熱烈カレーと情熱シチュー

 このところ父の手術やら、仕事の追い込みやらでなかなか時間に余裕ができません。まあ、それもそろそろ終わりで、来週、再来週あたりはゆっくりと夏休みが取れそうな気が(!)してはいます。

 それはそうと、こういう状況下ではあまり食事の用意に(あくまでも用意に)時間をかけたくないところ。他にしなくてはならない事もたくさんありますしね。ただ、だからと言って外食、惣菜ばかりも避けたいところ。少し前にそういう状態を一年半ばかり続けましたが、とにかく太る、血圧上がる、血液検査の結果も悪化するでろくな事がありませんでした。その後食生活を改善して約一年半ですが、当時のズボンはもうがぼがぼです。おかげさまで血圧もすっかり元に戻りました。これでベイスターズが勝ってくれれば、もっと調子がよくなるんだろうけどなあ……(勿論、冗談です。いや、でも少しはあるかもしれないなあ)

 そこで最近愛用しているのがこちらです――

130811_熱烈カレー01.jpg

 電子レンジ用、カレー&シチューポットです。見えているコピーは「レンジで手作り! 熱烈カレー」ですが、はじめはこれが商品名かと思ってました。でも、どうやらこれはただのキャッチの様で、裏面は「レンジで手作り! 情熱シチュー」とコピーも写真も異なるものになっています。

 私はカレーが大好きでして、冗談ではなく一週間カレーでも大丈夫なくらい。いつもは記事にも書かせていただいた大鍋でごっそり作ったものを食べていくのですが、仕込みまで入れると出来上がるまで結構時間がかかってしまうんですよね。また、急に「今日カレーが食べたい」となる時もあるじゃないですか。そうした時にちゃちゃっとカレーが作れたらいいだろうなあと購入してきたものだったのですが、いざ使い始めてみると便利で便利でもう手放せなくなりました。

 ポット内面に塗られている塗料(?)がマイクロ波によって発熱する仕組みになっているようで、短時間で食材に高い熱量を加える事で、柔らかく、手早く調理することが出来るという事のようです。カレーの場合は材料とルー、水を投入して500Wで10分加熱するだけ。それだけで、かなり美味しいカレーが出来上がります。

 これ、中にはレシピ本が入っており、カレー以外にもシチューですとか(これはほぼ同じものですものね)肉じゃが、ミートソースの作り方も掲載されているのですが、これを応用したり、あるいは市販のルーやソースを使って応用すると、本当に色々なものが作れるんですよね。

 私の場合はやはりカレーを作ることが多いですが、他にはポトフですとかハヤシライス、肉じゃが、豚汁もどきなどを作って楽しんでします。

 そんなわけでこの商品、非常に気に入っているのですが、難点があるとすればどうしても材料や汁が吹き上がり、レンジの内部が多少汚れてしまう事。まあこれは後で濡らした布巾や市販の使い捨て紙雑巾(ウェットタイプ)で拭き取れば大丈夫。それと、もう一つは箱に「レシピ付き」と謳っていて、実際に中にはレシピ本が入っているのですが、そこに掲載数がちょっと少ないように感じる事です。このあたり、冊子は無理でも、ネットでレシピ掲載などしてくれていると助かるかなあと感じます。

 いずれにせよ、これは本当にお得な買い物でした。お薦めです。


posted by omune at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

魔女は何人分のスープを作っているのか

 以前に寸胴鍋が欲しいという記事を書かせていただきました。

過去記事 『 寸銅熱望

 「これはさすがに作りすぎだろ」という量を一気に作れる、おとぎ話の魔女が薬の調合をしているような大鍋を買いたいという話題でしたが、この記事中に張った画像の様な寸胴鍋はさすがに大きいと人に止められました。実際、家のコンロにメジャーを当ててみましたら、こんなでかい鍋を乗せるのは無理だという事に気が付きました。(それまで気が付かなかったのかという突っ込みはなし)

 で、ネットで販売されている品をいろいろ調査した結果、これよりもふた回りほど小さいものを購入することにしました。品物が家に届いてからひと月弱になるかと思いますが、それからもう何度かシチューやカレーを作りました。ええええ、それはもうたっぷりと。望み通り「これはさすがに作りすぎだろ」という量を、です。

 はい、そういう意味で願いはかなったわけですが、その一方で新たな欲求が生まれてしまいました。先刻測ってみましたところ、購入した鍋は直径が25センチ高さが15センチで、当初考えていた魔女の鍋の様な印象はあまりありません。直径に対して高さが低いからだと思うのですが、それでもですね、その容積と言ったらないのですよ。え? そんな事、寸法を調べれば初めから分かっただろうって?

 おっしゃる通りその通り。でもですねえ、ここまでサイズダウンさせる事で勝手に納得してしまったといいますか、相当譲歩したと言いますか。これ以上小さくすることは、自分的に許されなかったのです。

 そんなわけで、市販のカレールーを一個半使っても、その量は鍋の半分弱にしかなりません。このビジュアルがまた、少々切ない感じなんですよねえ。

 ですから、今度はこの鍋が一杯になるような量を、ぐつぐつぐつぐつと作ってみたいと望むようになったわけです。無論、それ自体は別に難しい事ではないのですが、てんこ盛りに出来上がった料理を一体何日食べ続ける事になるのかと考えると、なかなか思い切れません。我ながらやれやれといったところです。


 えー、というところで今日もベイスターズの話を。明日の予告先発はベイスターズが三浦、ライオンズは菊池です。うーん、ま日程的に緩い交流戦だけあって、また手強い投手が出てきます。なんとか打ち崩してほしいところですが、このところ全体的に攻撃力が落ちていますからねえ。三浦に何とか頑張ってもらうしかないかもれません。うーん、苦しいなあ。


ラベル:調理 物欲 寸胴
posted by omune at 22:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

寸銅熱望

 物欲というのは決して尽きる事がないものです。私は「あれも欲しいこれも欲しい」というタイプではないと自覚していますが、それでも生活していくうえで(もちろん趣味や、それどころか全く意味がないようなものすらありますが)欲しい物が尽きる事はないわけで。

 で、今もっとも欲しいと思っているのがこちら――

業務用ステンレス製寸胴鍋直径40cm/45L


 はい、寸胴鍋(ずんどうなべ)ですね。画像は「ブログ画像ゲッター」から選んだものですから、この商品そのものというわけではないのですが、とにかくこういう感じの魔女がスープを作るような鍋が欲しいのです。

 あ、いえいえ、別に怪しい料理をしようというわけではありません。ただ、今使っている鍋が少々中途半端な大きさなのです。たとえばカレーを作るとするじゃないですか。私がいつも使っているカレールーは一個で八皿分を(公称)作ることが出来るのですが、裏面に記されているマニュアル通りに作ると容量的に本当にぎりぎりになるのです。どれくらいぎりぎりかと言いますと、淵の上端から数ミリしか余裕がないくらいの状態です。この状態ですと、煮込んでいる途中に必ず汁が吹きこぼれてきます。ええ、それはもうぎりぎりの戦いです。

 また、先日記事にさせていただいた角煮を何度か作っているのですが、クックパッドで見つけたこのレシピは本当に美味しくて、できることなら大量に作ってしまいたいわけです。(肉1キロくらい使って)ところが、今の鍋では500グラムくらいが精一杯なんですよ。(他に大根も入りますから)

 そんなわけで、「これは流石に作りすぎだろ」という量を鼻歌交じりに作れる寸銅鍋が欲しくなってきたわけです。で、そうなってくるとほら、柄のながーいお玉も欲しくなってくるじゃないですか。というよりも、それがなければ手が煮込まれてしまいますから。本当に物欲というのは尽きる事がありません。うーん、いつまで経ってもお金が貯まらないわけだよなあ。


ラベル:調理 物欲 寸胴鍋
posted by omune at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

うすーい麦茶

 春が近づき、暖かい日も段々と増えてまいりました。それにともなって、摂取する水分量も増えてきています。そんなわけで、今日は飲み物に関するお話です。

 さて、以前に書かせていただきましたが、私は在宅時、水の代わりに(?)麦茶を愛飲しています。

過去記事 『 麦茶三昧

 麦茶のティーバックを入れた1.5リットルピッチャー三個をローテーションさせて順番に飲んでいくわけですね。真夏でも、三個あれば充分抽出は間に合いますし、麦茶は身体にも良いという事で(ただし体を冷やすそうですが)もう一年以上これを続けています。

 それがですね、昨日はどういうわけか喉が渇く日で、ピッチャーがどんどん空になっていってしまったのです。加えて無精をしてしまい、三個中二個が同時に空になってしまいました。それでもまあ、冷蔵庫の中には抽出済みのピッチャーが一個残っているはずです。(ティーバッグを入れたまま、冷蔵庫に入れておくわけですね)それを飲んでいるうちに、充分再抽出(?)は間に合います。

 それがですね、いざ冷蔵庫を開けてみますと、すっかり仕上がっているはずの麦茶が、全然できていないんですよ。うすーい、うすーい黄色になっているだけで、とても麦茶と呼べる代物ではありません。

 いえいえいえ、そんなわけがないんです。なにしろ、ティーバッグを入れてから半日以上は経っているのですから。

「確か随分前に出しはじめた筈なんだけどなあ。記憶違いかなあ。もしかして、ぼけちゃったかなあ」
 と、取り出したピッチャーを眺めてみます。

「おかしいなあ。ティーバッグは間違いなく入ってるけどなあ。でもあれだな、葉っぱが少し白っ茶けた感じだな。ああ、ひょっとして不良品か?」
 などと色々考えてみた末に、私は恐ろしい結論にたどり着いたのでした。

「ああーっ!」
 すぐさまピッチャーの蓋をはずし、中身を鍋に移します。さあ、もうお分かりになりましたか? 鍋というところがポイントですよ。



 はい、そうです! ピッチャーの中に投入されていたのは麦茶のティーバッグではなく、ティーバッグ式のダシ(出汁)だったのでした。イメージとしてはこういう感じのものですね。(写真はあくまでもイメージです)



 まあ、おかげで良いだし汁が取れまして……。美味しい味噌汁ができそうです。

 うーん、確かに隣り合わせにしまってあるんですけどねえ。間違えますかね、麦茶とダシ。これは、いよいよ頭に来たのかなあ(泣)


posted by omune at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする