2017年03月29日

鉢植近況 大株(当社比)ガジュマルの植え替え、剪定 (20170329)

 3日連続となる鉢植え近況、今日は大株(当社比)ガジュマルの植え替えと剪定です。はい、お察しの通り、これは予約投稿です。小出し作戦継続中です。我ながらせこいです(苦笑)

 では、いつもの通り、作業前の姿から――

ガジュマル_植替前.jpg

 こちらもランタナ同様、鉢は7号相当です。また、やはり冬の間に制定は一切行っていません。

 大株ガジュマルは昨年ら気根を次々と伸ばしはじめまして、現在ではかなりの本数が地中に到達、太く木化しています。この気根を折ったり落としたりしてしまう事無く植え替えるのが今回の目標の一つです。

 まずはいつもの通り、鉢から株を引っこ抜きます。あ、その前に鉢底から飛び出してしまっている根を切り落とさなければなりませんね(で、ないと、引っかかってなかなか鉢から抜けてくれないので)

 すっぽりと抜けた根鉢を崩し、1/3ほどの根を整理した時点での画像がこちらです。

ガジュマル_根鉢1.jpg  ガジュマル_根鉢2.jpg

 土面に到達した気根が、根鉢の外側をまっすぐ潜っていっているのが分かります。なお、気根は思っていた以上に太く、屈強になっており、多少手荒く扱っても折れたりもげたりする心配は全くありませんでした。それどころか、あまりの頑丈さに根鉢を崩すのに苦労したくらいです(気根は先述させていただいた通り、根鉢の外側を回っているので)

 次は植え戻しですが、こちらも鉢のサイズアップはせず、洗った元の鉢を用いる事にしました。以前にも書かせていただいたと思うのですが、我が家は狭小なのであまり大きな鉢を増やしたくない(限界に達してしまえば仕方がありませんが)というのと、多少狭い鉢で育てた方が気根が発生しやすい様な気がするというのが理由です。今年はもう少し気根の本数を増やしたいところなんですよね。目指すはラピュタのあれ、なので(汗)

 で、植え戻し後の姿がこちらです。

 ガジュマル_植替後.jpg

 なおランタナ同様、剪定は根鉢を抜く前に済ませてしまっています。かなりの枝葉を落としたつもりでしたが(全体の半分程度を目標に)こうして写真に撮ってみると、まだちょっとごちゃごちゃ感が残っていますかね。まあ、ガジュマルは真夏に剪定を施しても全然大丈夫ですから(経験的に)様子を見ながら、順次枝葉を落とし、姿を整えていく事にしましょう。

 ちなみに植え替え後の地上部はこんな感じ――

ガジュマル_植替後枝幹1.jpg  ガジュマル_植替後枝幹2.jpg

 ちなみにこの株ですが、我が家にやって来たのは2012年の5月です。間もなく丸5年という事になるんですねえ。そうかあ、もうそんなに経つんですねえ(遠い目)

過去記事 『 新顔登場(画像多し注意) 』 (20120524)

 そして3年前、2014年3月の植え替え記事がこちら――

過去記事 『 大きい(当社比)ガジュマルの植え替え、剪定 』 (20140331)

 こちらの記事中の画像と比較すると、やはり幹の根元部分は相当に太くなっています。日々、眺めている範囲ではその変化にはなかなか気付きませんが、気根の発生も含め、こうして成長を実感できるとやはり感じるものがあります。今年も、順調に成長を続けていってくれる事を願います。




posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

鉢植近況 ランタナの植え替え、強剪定 (20170328)

 昨日に続いての鉢植え近況、今日はランタナの植え替え、剪定についてです。と言っても作業を2日連続で行ったわけではなく、昨日サルスベリと一緒に済ませた作業を小出しにさせていただいてます(汗)

 で、例によって作業前の姿をご覧ください。鉢は7号相当となっています。

ランタナ植替前.jpg

 サルスベリと違い、こちらは冬の間には一切剪定はしておりません。今年は作業を楽にするために鉢から抜く前に剪定をしてしまう事にしました(少しでも小振りにした方が色々と楽なので)その後、鉢から抜き、いつもの如く根鉢を1/3崩します。同時に伸びすぎた根を整理した時点での画像がこちら――

ランタナ根鉢崩し全体.jpg  ランタナ根鉢崩し.jpg

 この時点で「おい!」という声が聞こえてきそうですが、まあそれについては後ほど言い訳(?)をば(苦笑)

 ランタナについては鉢のサイズアップはせず、きれいに洗った元の7号鉢に、新しい土で植え戻しました。作業終了時の姿はこちらです。

ランタナ植替後.jpg

 はい、ここで言い訳(笑) え? やっぱり切りすぎましたかね? いえいえ、違うんです。別にやけになったわけでも、いぢめてやろうとしたわけでもないんです。

 ランタナが我が家にやって来てから、これで3度目の越冬となりました。その間、非常に順調に成長を続け、開花し続けてきてくれました。そうして年月を重ねていくと(ランタナは本来花木ですので)主幹や古い枝は当然ながら木化していきます。そして、木化した部分の葉は順次落ちていき、なかなか新しい芽は出てきません。

 で、これが例えば庭木であれば問題ないのだと思うのです。ある程度は伸びるがままにしておけますものね。しかし、鉢植えの場合どうしても毎年、あるいは伸びすぎた時に剪定を行う事になります。つまり、葉が生い茂りやすい枝の先端を落とさなければいけないわけです。加えてランタナは元の枝から新しい芽、枝が直角に分化し、伸びていく事が多いので、これを繰り返していくと段々姿が不格好になっていくんですよね。

 これまでは毎年、できるだけ姿が整うように春先や、あるいは随時剪定を行ってきたわけですが、木化した部分の比率が増えてくるにつれ、それもそろそろ苦しくなってきました。という事で今年は大部分の枝を落とし(木化部分を大幅に減らし)新芽、若い枝の伸長をうながそうと試みる事にした次第。

 ちなみに現在残っている枝と芽はこちらの2つです。

ランタナ残存枝.jpg  ランタナ残存枝下.jpg

 先述させていただいた理由による強剪定ですので、もしも2枚目、下部の芽が順調に伸びていった場合は1枚目、上部の枝も頃合いを見て落としてしまうつもりです。例年と比較して花の数は減ってしまうでしょうが、来年以降に向けて態勢を整えるという感じでしょうか。ただ、下部の芽がうまく育たず、結局上の残存枝が頼りになってしまう可能性も否定はできません。

 まあ、ランタナはとんでもなく頑強な植物ですので、おそらく初夏には勢いを取り戻してくれている事でしょう。その頃にいったいどんな姿を見せてくれているか、期待半分、不安半分というところです



 
posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

鉢植近況 サルスベリの植え替え (20170327)

 いやあ、実に久しぶりの鉢植え近況更新になりました。昨年の10月末以来でしょうか。2017年初の鉢植え関連記事はサルスベリの植え替えとなります。

 このところ時間が取れず、鉢植え連中になかなか時間をかける事が出来ませんでしたが、はたと気が付けばもうプロ野球も開幕。もういい加減に手を入れてやらねばと今日から来週にかけて、仕事後に順次植え替え、選定作業を行っていく事にしました。

 で、我が家のサルスベリ。まずは作業前の姿をご覧ください。

サルスベリ_植替前.jpg

 鉢はリッチェルのSleekトールポットです。鉢植えを始めた時から我が家ではほとんどこの鉢を用いています。プラスチック製なので植物には理想的とは言えないのでしょうが、一応鉢底のスリットが大きく、また盛り上がった(底側から見るとへこんだ)形状によって通気性を確保してくれている(様に思う)事と、なによりその縦長の姿が気に入って愛用しています。因みにサイズは6号相当です。

 サルスベリは落葉期に前年に伸びた新しい枝(当年枝というらしい)を落とさないと翌年の花付きが悪くなるという事で、実は今年も2月にばっさりと枝を落としまくりました。その時の姿がこちらです。

0206サルスベリ.jpg

 2月6日に作業を行っておりますので、だいたい二か月弱前という事になります。室内置きという事もあってか(それでも1月には完全落葉します)間もなくして新芽を出しまくり、現在ではほぼ完全回復という状態。昨年同時期より葉が一回り大きくなっているのは「今年は本気出す」という宣言なのか、矮化剤が切れたのか(矮性という売り文句につられて購入したのですが)は不明です。いずれにせよ、落葉期にはまたばっさりと切り戻しますから、これはまあ大きな問題にはならないでしょう。

 作業はもういつもの通りです。鉢から抜き、根鉢を1/3ほど崩して、根も同様に1/3ほど整理、新しい土で植え戻します。他の株については根と同時に地上部も切り戻すのですが、サルスベリについては2月に切っていますので地上部についてはそのままです。

 植え戻しについてですが、本当は元と同じ6号サイズの鉢を用いるつもりでした。しかし、今年は例年以上に地上部の成長が速いこと、根鉢がガチガチになるほど根が強烈に回っていた事から、結局余っていた7号鉢にアップする事にした次第です。

 植え替え後の姿はこちらです。

サルスベリ_植替後.jpg  サルスベリ_若葉.jpg

 地上部をいじっていないので見た目はあんまり変わりません(汗) ただ根元部分と鉢土表面の面積比で鉢サイズが上がっているのがお分かりいただけると思います。なお例年通り、時間経過による土面低下を見越して、ウォータースペースはほとんど取っておりません。

 最後にたっぷりと水をやり、久しぶりに葉をざばざば洗ってやって植え替え作業は終了。勢いを取り戻すのにはしばらく時間がかかるでしょうが、初夏には昨年までと同様、鮮やかな花をたくさん纏ってくれる事を願います。




posted by omune at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

鉢植近況 どんどん気根を増やす大株(当社比)ガジュマル (20161026)

 実に久しぶりとなりました鉢植えの近況報告、今日はガジュマルの大株(あくまで当社比)についてです。8月末の状況については以下の記事をご覧ください。

過去記事 『 大きい(当社比)ガジュマルの気根について 』(20160801)

 この株の気根は昨年8月から伸長し始めました。はじめのうちはもやしよりも細い、ひょろひょろしたものだったのですが、地中に到達してから徐々に太くなっていきました。そして今年は(過去記事にあります通り)一気に多くの気根が発生、一斉に土面を目指し始めました。

 8月末の時点でもそこそこもしゃもしゃ(うっとおしいともいう話もあり)になりつつあったのですがそれから約2か月、いよいよその度合いに拍車がかかりつつあります。


ガジュマル01.jpg  ガジュマル02.jpg


 と、こんな感じです。この調子でいくと来年秋には本来の幹(というか、これも元々は根であるわけですが)が見えづらいくらいになりそうですね。

 これは好みになるのでしょうが、私的には基本的にこのまま気根の繁茂具合(?)を見守っていくつもりです。これらがもっともっと太くなっていくと、なかなか趣のある佇まいになってくれそうに思いますので。理想は現在の幹に負けないくらいの太さの気根が何本もという状況ですが、そこまでいくには何年かかる事やら(笑)

 なお、この株については来春、枝葉をかなり思い切って選定するつもりでおります。鉢増しはできれば行いたくないので、その時に根の方も相当量落とす事になるはずです。うまいことバランスが取れた姿にできれば良いのですが生来の不器用故、それは無理な相談かも。

 まあ、生育力旺盛なガジュマルの事ですから、おそらくは夏までにらしい姿を取り戻してくれる事でしょう。そういう意味でもガジュマルというのは非常に育てやすい観葉植物かもしれないですね。




posted by omune at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

鉢植近況 大きい(当社比)ガジュマルの気根について (20160801)

 久しぶり(?)となる鉢植え近況、今日は大きい(当社比)ガジュマルについてです。前回の更新記事は以下ののものになります。

過去記事 『 ガジュマル四株の近況 』(20160523)

 それから二か月経過した、現在の姿がこちらです。

ガジュマル01.jpg

 という事で例年の通り、問題なく生長を続けてくれております。なお、枝葉がかなり込み合い、かつかなり横に広がりましたので先日(七月上旬だったでしょうか)恒例の剪定を行っています。

 で、タイトルにある『気根』なのですが、今年はその剪定後からかなりの本数がかなりの勢いで伸び始めました。

ガジュマル02.jpg  ガジュマル03.jpg

 太く茶色い気根は昨年8月から伸長し始め、9月下旬に土面に到達したものです。その周囲でひょろひょろとしているのが、今年伸び始めている気根になります。

 まず感じるのは新旧気根の太さの違いです。一般的なガジュマルと比較して早いのか遅いのは分かりませんが、とにもかくにも一年でここまで太くなったという事ですよね。

 もう一つは昨年と比較しての本数の多さです。その勢いもより活発で、これはあれですねガジュマル側も「今年は本気出す」つもりなのかもしれません(?) この気根たちが(一部は既に土面に到達、潜り始めています)順調に推移してくれたとして来年の今頃、この株の根元がどんな見た目になっているのか、少し楽しみになってきました。

 気根の出るタイミングについてなのですが、ネットにも色々な情報があり、個人的には未だ確信に至っていません。ただ、今年は剪定時、鉢底から出てきていた数本の根を全て切り取っていまして。その後に一気に気根が伸び始めたのは(事実関係としては)間違いありません。

 それと、我が家では(ガジュマルに限らず)7号相当の鉢を基準として、基本的にはサイズアップをしない方針で栽培を行っております。具体的には春に膣替えを行うとともに根を詰め、それに見合う形で地上部の剪定を行うわけですが、毎年伸びた分の根をすべて落としているわけではありません。

 ので、年を追うごとに根詰まり気味(あくまで『気味』ではあるのでしょうが)の状態が強くなっていき、それに伴って気根が発生していると考える事はできるかもしれません。昨年から急に気根が出始めた事についても、剪定後に気根が急に伸び始めたのも、そう考えると説明がつきます。

 ただ、無論、ある程度の樹齢を迎えたからという可能性もあるでしょうし、湿度や日照の関係もあるかもしれません。なので、このあたりについてはさらに情報収集、経験の蓄積を進めていくつもりでおります。




posted by omune at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

鉢植近況 知らない間に開花していたらしいコーヒーの木 (20160704)

 鉢植え近況、今日はコーヒーの木について書かせていただきます。コーヒーの木については6月13日の記事で報告させていただきました。

過去記事 『 コーヒーの木とペペロミアの近況 』(20160613)

 至って順調に越冬し生長期を迎えたものの、昨年は確認できた蕾(結局開花には至らず)が今年は見られなかったという内容です。

コーヒー01.jpg

 そのコーヒーの木、現在の姿はこんな感じなのですが数日前、その枝にこんなものを見つけました。

コーヒー02.jpg

 ありゃ? これって……、実じゃないですか。い、い、い、いつの間に???

 精査したところこの二つしかありませんので物足りないと言えばそうなのでしょうが、それでも掌程度の大きさから育ててきた株が結実してみせてくれたのは嬉しいものです。

 ただですね、結実したという事は当然ながら少し前に花を持っていたという事になるわけですよ。上述しました通り昨年は蕾を持つところまでいったものの、結局開花する事なく終わってしまいました。

過去記事 『 コーヒーの木の蕾、膨らまず 』(20150618)

 なので、もし開花していたとしたらやはりこの目で見てひと喜びしたかったんですよねえ。その点においてはまったく残念でなりません。いや、なんで気が付かなかったかなあ、ほんと。

 まあ、そんな事を言っていても仕方がありません。ので、花を観賞は来年の楽しみに取っておくとして、今後はこの実が熟していくのを観察していきたいと思います。どうですかね、美しい赤色になっていってkれますかねえ。

 ただ、熟した後どうするかはまったく決めていません。なんでもコーヒーの果肉は食べると甘いのだそうで、柔らかくなったらチャレンジしてみても面白いかもしれませんね。けれど、腹を壊す可能性もあるでしょうから、果たしてその気になるかどうか。もしその気になったらはい、勿論ブログで報告させていただきます。

 また、実の中には当然ながら種が入っているわけで、採り蒔きをすれば発芽する可能性もあるかもしれません。けれど、コーヒーの木はどんどん大きくなっていきますから、これ以上株を増やすわけにもいかないでしょう。不憫ではありますが捨ててしまう事になりますかねえ。うーん、うーん……。




posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

鉢植近況 ハイビスカスが開花しました (20160619)

 6月6日に「蕾が伸び始めた」と記事にさせていただいたハイビスカスですが、本日いよいよ開花となりました。

過去記事 『 早くも満開の花木あり、不本意にも枯れそうな花木あり 』(20160606)

 昨年の開花は6月15日でしたので、数日遅いもののほぼ順調に夏を迎えつつあると言えそうです。

過去故事 『 ハイビスカス開花 』(20150615)


 そんな現在の様子はこんな感じです。

ハイビスカス01.jpg  ハイビスカス02.jpg

 我が家の花木達は現在、他にランタナ、サルスベリが満開状態となっておりますが、どちらも小柄な花を群れて咲かせるタイプです。その中にこうして大輪の花が混じると変化が付いて、見ていて楽しさが増しますね。

 また、大輪であることに加え、色彩も形状も派手なハイビスカスの花は満開のサルスベリやランタナを引き立て役にしてしまう程の存在感を持っていて、広く人気があるのも納得です。

ハイビスカス03.jpg  ハイビスカス04.jpg

 この後に続く蕾もこうして数多く出てきており、暫くは(次の花まではまだ数日かかるでしょうが)引き続き楽しませてくれそうです。ただ、昨年もこの時期は好調だったものの、夏に急激に調子を落とし、かなりの葉を落としてしまったんですよね。

過去記事 『 ハイビスカスが突然の落葉 』(20150810)

 なので、今年は鉢の前に遮光板を(いやそんな大げさなものではありませんが)立てる事で、強烈な日差しに対抗してみようかと思っています。鉢への直射日光を遮る事で、鉢土の温度上昇、蒸れを防ごうという企てですが果たしてうまくいきますかどうか。それについても、またご報告させていただこうと思っております。




posted by omune at 17:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする