2017年03月23日

『 WebMoneyファンクラブ事務局 』からの詐欺メール

 明日は早朝からきっつい仕事が待っているので今日の更新はしないつもりだったのですが、こんな笑かしてくれるメールが来ましたので晒しておきます。

 差出人は『 WebMoneyファンクラブ事務局 <×××_support@webmoney.ne.jp>; 』となっていまして、その文面は以下の通り(間違ってクリックしても誘導されないように引用面のURLは一部改変してあります。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ご登録パスワードの変更完了のお知らせ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このメールは登録パスワードを変更された方へのメールです。

===============================================
確認のためにメールを送信しています。
お客さまご自身で変更した場合は、このメールを無視しても問題ありません。
お客さまご自身で変更していない場合は盗用の可能性がございます。
至急以下のURLをクリックしてください。
(PC?スマートフォンからご利用ください。)

h××ps://service.webmoney.jp/wallet/spd.jsp;jsessionid=××××CBA51167163D9545C3AA316FE422?tmpl=userInfoResetEntry&svid=R
正しいパスワードを思い出せない場合は、ログインページの
[パスワードを忘れましたか?]から改めてパスワードを設定してください。
手順は以下のとおりです。
1.「パスワードの再設定」ページを表示します。
2. IDとメールアドレスを入力し「次へ」ボタンを押します。
3. ご登録のメールアドレス宛に「パスワード再設定のご案内」メールが届きます。
メールに記載のURLにアクセスし、表示された入力欄にてパスワードとセキュア
パスワードを新たに設定してください。
本メールにお心あたりがない場合は、お手数ですが本メールの破棄をお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウェブマネー ウォレット
××tps://member.webmoney.ne.jp/
■ウェブマネー ウォレットに関するお問い合わせ
サポートセンター 
0120-364-×× (無料)
member_support@webmoney.××.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 だ、そうです。はい、嘘つきです。そもそも日本語すら少しおかしい気がします。

 ウェブマネーウォレットなんてそもそも登録しておりませんし、なんで『ファンクラブ』からこんな通知が来るのかも分かりません。でも(私も昔使っていたのですが)過去、あるいは現在Webmoneyそのものを利用している方で不安に感じてしまう方がいらっしゃるかもしれないので、一応記事にしておきます。

 あちこちのブログなどでも既にこのメールについての記事が掲載されている様です。因みにWebmoneyオフィシャルでも以下の様な警告が――

Webmoneyオフィシャル 『 ウェブマネー(WebMoney)をかたる偽メールにご注意ください

 ほんと色々な手口を考えるものですねえ。その出来はあまりにもお粗末ですが。




posted by omune at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

障害は無事に復旧いたしました

 夜中にご報告させていただきました文字化けの障害ですが、午前中に改めてチェックしてみたところ空かk理回復しておりました。

 ちなみに(ご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが)障害時のスクリーンショットはこんな感じです。

文字化け2.jpg

 いや、もう「一体どこの国のサイトだよ!?」と突っ込みたくなってしまう見た目ですが、下記の『お知らせ』によれば、「原因はシステム障害」との事です。

障害報告.jpg

 なんにせよ、早々に復帰してくれてなによりです。また、障害発生中にご来訪下さった皆様には大変申し訳ございませんでした。今後とも拙ブログを何卒よろしく申し上げます。




posted by omune at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2016年を迎え、このブログに関するあれやこれや

 2016年も二日目となりました。皆さま、どのようなお正月をお過ごしですか?

 今日の更新ですが、たまにはこのブログそのものについて書かせていただこうと思ってます。まあ、年の初めですからね、そういうのも良いでしょう。

 このブログを始めたのは2011年6月20日でした。早いものでそれからもう四年半が経ったんですねえ。お読みいただいている皆様、本当にありがとうございます。

 ご存知の方もいらっしゃるかと存じますがこのブログは当初、日々の出来事や思いから駄文を連ねていくというものでした。それがいつからか、子どものころから熱狂的なファンだったベイスターズの話題へとシフトしていき、最近では八割方(あるいはそれ以上)はそちら関連の記事となっています。

 まあ実際のところ、ベイスターズ関連の記事とそれ以外の記事とではアクセス数が桁違いなんですよね。これは即ちベイスターズのファン、そしてその話題に注目している方がそれだけ多くいる証明であると思います。私としては今年もまた、その人気に便乗させていただいていくつもりでおります(汗)


 とはいえそれが全てではありません。他にも説明文にあります『鉢植え』や『日記』そして『???』といったジャンルの記事が当ブログには存在しています。で、昨年秋から少し考えていたのは、ベイスターズ関連とそれらのジャンルをそれぞれ別のブログ、具体的には三か所くらいに分離した方が良いのだろうかという事。

 現状、各ランキングサイト様には『 ベイスターズ 』『 鉢植え 』などのカテゴリーで登録させていただいているのですが、という事はつまり『 鉢植え 』カテゴリーのサイト更新情報にベイスターズ関連記事のタイトルがずらずらっと掲載されてしまったりするわけですよ。(お察しの通り、その逆はまずありません) これって実はランキングサイト様にも、そうした別ジャンルの参加者の皆さんにも迷惑な状態なのではないかと思うわけです。

 これを打開するために最も簡単な手段は、鉢植えカテゴリーにおける登録を解除する事。けれどそうしたカテゴリーの更新情報から、たとえば鉢植え関連のの記事に来訪下さる方もいらっしゃる様ですので、できればそれは避けたいところ。

 で、他の手段はとなると、上述のジャンルによる記事、サイトの分離という事になるわけですね。一時は年明けを目途に本気でそうするつもりになったりもしたのですが、考えてみればこの雑多さこそが当ブログの特徴なのかもしれないなあと。

 それになによりベイスターズ関連単独では他のブログ様には到底かないませんし、鉢植え関連では尚更、さらに『???』となれば論外です。これらをまとめ、ごった煮にしている事でなんとか成り立っているブログですからねえ。

 そしてもう一つ、これは本音も本音で、それ故にとんでもない話なのですが正直……、面倒臭いっす(汗)

 という事で、今年も当面、現状キープでまったりと更新を続けていくつもりでおります。はい、こんなにだらだらと書き連ねておいて、結局は何一つ変化も進歩もありません。まったくどうしようもありません(自覚あり!)

 このように全く救いようのない当ブログではありますが、皆様なにとぞ今年もよろしくお願い申しあげます。


追記――
 手を入れるとすると、ブログのデザインの部分でしょうか。昨年、刷新した当ブログのフォーマットですが、ちょっと文字が小さく感じる(特にコメント関連)、いざやってみたら両サイドバーが自分でも未だしっくりきていないなどの理由でさらなるデザイン変更を(おぼろげにながら)考えています。

 ただ、問題はSeesaa様で提供されているデザインのうち、使い勝手が良さそうなものがお世辞にもそう多くないという事。現在使用しているものもこちらで少し見かけを変更して使っているのですが、できればそんな事をせず、ささっと変更してしまいたいんですよね。

 これについては(まだ未定ですが)気に入ったデザインがあれば(あるいは追加提供されれば)早々に手を付けるかもしれません。さてさて、どうしますかねえ。




posted by omune at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

物欲番長(父編) デスクトップ一体型パソコンを購入するのだとか (20151202)

 高齢の父がですね、コンピューターを買い替えたいそうなんですよ。現在使っているのはCore2DuoのVistaマシンでしてインストールされているソフトをはじめ、ハード的にも確かにそろそろ苦しくなってきている感じです。なにより当時のデスクトップですから、決して広くはない居室を考えるとスペース的にも勿体ない状況になっています。

 そこでですね、はじめはノートやタブレットを薦めたのです。父が一日で最も長く生活している場所であろうリビングでも使えるマシンが良いだろうと思ったので。が、なにしろ目が良くないために画面の大きさ的にNGなんだそう。23インチ以上欲しいんだそうなんですよ。

 で、候補となったのがディスプレイ一体型パソコンです。

FUJITU 『 FMVW77WB

NEC 『 PC-DA970CAB

 こういった商品なのですが、それでも23インチ以上の画面サイズとなると選択肢が限られてきますね。金額については多少値が張っても良いとの事ですし、今のところこの二製品のうちのどちらかを進めようと考えています。繰り返しになりますが居室はそう広くありませんので、NECの商品にすればテレビと併用でき、より場所を広く使えるかもしれません。

 で、驚いたのがそのスペックです。究極のなんでも入りパソコンですね。officeについては絶対に欲しいとの事ですが、その他にも付属ソフトがてんこ盛り。それはまあメーカーパソコンの常道ですが、ハード的にもCore i7-5557Uが載ってますし気になるのはメモリー周りくらい。

 業務で使用しているものはともかく、少なくとも私のプライベートマシンよりは明らかに高性能です(ちっ……)という事は、おそらくほとんどの(しかも父が行う作業範囲では)文句のない仕事ぶりを見せてくれるでしょう。というよりも明らかにオーバースペックでしょうけど。

 それと高齢にして未だにパソコンを使いこなし(ある程度)遅いですとか、こういうのが欲しいですとか欲求を保ち続ける父の精神的若さには感服する限りです。私があの年齢になった時、あれだけ物事に興味を持ち続ける事ができるかどうか、はなはだ自信がありません。

 また、考えてみれば私より下の世代というのは、言ってみれば電脳世代であるわけで、そういった世代があの年齢になっていったとき、どんなお爺ちゃんお婆ちゃんになっていくのか、ちょっと興味がありますね。昔の歌で『 コンピューターおばあちゃん 』というのがありましたが、高齢にして電脳アイテムを使いこなし、WEBの海を渡り歩き、マシンを使いこなして何かしら創造し続ける、そんな高齢者が当たり前になっていくのかもしれませんねえ。




posted by omune at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

初めてのWindows10アップグレード

 以前から通知が来ていたWindows10へのアップグレードですが、何事も経験しておかないとという事でプライベート用デスクトップマシンで実行してみました。

W01_edited-1.jpg

 他に自前のマシンながら時折り業務に使ったりする不思議な立場のノートが一台、完全に業務用のデスクトップが二台あるのですが、こちらは業務に必須のソフトにおける互換性に問題がありそうなので、現在のところは見送る事に。まずは業務用ソフトのバージョンアップを行ってからという事になりそうです。

 という事はまた経費がかかるという事ですし、クライアント様にも(バージョンアップしたソフトを使用する事に対して)許可を取らなきゃいけません。Windowsのアップグレード自体は無償であり、また互換性への対応に配慮されているにしても、結局はこうして(しかもプライベートではなく仕事の方で)手間がかかるという事ですよね。まあそれもこれが本当に最後となるなら、我慢我慢ですが――

 プライベートマシンの話に戻りますが、OSはWin8.1、CPUはCorei5 4440、グラボがGTX 660、サウンドはオンボード、システムドライブはSSDでハード的に取り立てて特殊なものはなく、問題が起こりそうなのは精々一部ドライバーの互換性ぐらいでしょう。ので、一応無線LANとプリンタの(無論最新版)ドライバーのみメーカーサイトからダウンロードしておきました。

 ソフト的にはPowerDVD10が載っておりますので、これさえ動けばBlu-rayの再生も問題ない筈です。

 なお、こういう大規模なシステム改変では(Windowsに限らず)ろくな思い出がありません。Windowsの方からは(10にアップグレードするに当たって)「このシステムは互換性があるっ!」との自信満々の通知が来ておりますが、そんなもの信用できるわけもありません。ので、システムとは違うハードディスクへと丸ごとバックアップを行いました。

 というわけでいよいよ「アップグレードを開始」をクリックです。

W02.jpg
 
 ここからの進捗につきましてはこんなブログより専門サイト、ブログ様に詳しい解説があると思いますので割愛。

W03.jpg

 こんな感じで中央の数字が段々と増加していきます。画面下部の項目が進行するごとに一度再起動がかかる感じですね。その間、こちらは全くする事がありません。経験則からトラブルを予測し身構えていましたが、結果的には完全に無駄な時間でした。

W05.jpg

 書き換え(?)が終了しこの画面が表示されるまで30分強だったでしょうか。一応カスタム設定を選んで、余計なことをされないかだけ確かめました。ここから先は今までのWin8.1とほぼ全く同じ感覚で使用する事ができました。デスクトップの状態を始め、各種のデータも(見落としているものがなければ)基本的にすべて残存しています。

 使用できなくなったソフトも(今のところは)なく、PowerDVD10によるBlu-ray再生も正常に行える様です。メールアカウントについては(プライベートマシンの場合)Webメールを使用しておりますので、問題の起こりようがありません。

 では「アップグレード後に全くいじる必要がなかったか?」という事で言えば、これは「NO」になります。アップグレード後に行った修正点は以下の通り――

1:無線LAN接続の再設定
 子機はしっかりと組み込まれ、システム上でもルーターを認識はしているものの、接続切断状態になっておりましたので再接続しました。一応(BUFFALO製品なので)クライアントマネージャーの再インストールを行ったうえで、Windows上から自動接続を選択し、全く問題なく復帰となりました。当初はメーカー製ソフトによっての再接続を考えておりましたので「あら、意外と親切♪」と少し見直したかもしれません(笑)

2;グラフィックドライバーの再インストール
 NVIDIAのドライバーが外れデフォルト表示となってしまいましたので(無論、画面表示が不可能になったわけではありません)、GeForce Experienceから(これは生き残っていました)Win10用のドライバーを再インストールしました。以降は全く問題なく(かえって美しく感じるくらい)画面表示が出来ています。
 
3:高速スタートアップの再設定
 Win8の時、業務用マシンにおいて散々悩まされた設定です。(詳しくは以下の過去記事をどうぞ)

過去記事 『 業務用マシン顛末記 不調の原因にようやく行き当ったかも 』(2014 2/21)

 この設定がどうなっているか、アップグレード後にふと心配になったんですよ。で、早速コントロールパネルから見に行ってみましたら(設定の場所、方法はWin8と全く同じでした)案の定、これが推奨設定に戻されていました。これを早速解除しておきました。


 と、こんなところです。因みにプリンタについては特にドライバーを入れなおすような事もなく(現在のところ)全く問題なく動いています。カードリーダーについても同様ですね。

 肝心の使用感ですが、うーん特段早くなった感じもなく、勿論遅くなったわけでもなく。正直、あまり変わりません。これはこのマシンであまり大したことをしていない証明なのかもしれませんが(汗) とはいえ、無論全く変更点がないわけではありませんので、設定など頻繁にいじる方には違和感があるでしょう。

 ただ一つ気になるのは画面表示のフォントでしょうか。これもメイリオから変更されているようですが、なんだか少々見づらく感じます。私だけですかね?

 という事で、初めてのWindous10アップグレード、私の場合は取り立てて問題なく、スムースに進める事ができました。頃合いを見計らって、次は半プライベートのノートパソコンに手を付けてみようかと思っています。




posted by omune at 19:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

夏休みに備えて買い物

 来週、夏休みを取らせていただくつもりです。例年はまとまった休みというよりも、短い休みを何回か取るという形で夏休みとするのですが、今年は日曜から木曜日までまとめてしまいました。父の九州旅行に付き添う予定なので。

 父はもう高齢なのですが昨年、心臓の手術を行いました。一年強が経過し、お陰様ですっかり元気になりました。で、その祝いも兼ねて、出身地の九州で久しぶりに入院中の兄弟に面会したり(私から見れば叔父という事になりますね)、昔住んでいた鹿児島の街をタクシーで回ってみるという、そんな感じの旅行をしてみようという事になったのですね。

 で、五日間家を空けるにあたって、以前から欲しいと思っていたWEBカメラを購入する事にしました。

 ほら、家を空けている時にふと「火事になったりしていないかな」「泥棒に入られたりしていないかな」とか不安になったりする事ありません? まあ、そんな事が滅多にあるわけもないのですが、それでも思い立った時にささっと確認出来たら便利じゃないですか。加えて、いつか猫を飼った時にも(近い将来、絶対に飼ってやろうと思っています)外出先からその様子を確認できますし。

 そういえば昔のバラエティードラマで、そういう設定の話がありました。同居している三姉妹が外出して、ふと留守にしてきた家の事が気になるわけですよ。「火の元の確認を忘れてきた気がする」「電気を消し忘れてきたような気がする」と。そこで次女が発案します。それなら電話をかけてみよう。ちゃんと留守電に切り替われば(留守電がちゃんと動いていれば)部屋が大丈夫な証拠になる、と。

 次女はさっそく家に電話をかけてみます。「大丈夫。呼び出し音が鳴ってるわ」と胸を撫でおろしたのも束の間、何故か電話に誰かが出てしまうんですよ。「出たわ!」と次女は仰天、泥棒に入られたと大騒ぎになるというストーリーでしたが、そんな時でも、WEBカメラがあればほら大丈夫。って、そのドラマが作られた当時はWEBカメラなんかありませんでしたけどね。

 で、注文したのはこちら――

TS-WLCAM03.jpg

 I-O DATAのTS-WLCAMです。選んだ理由は純粋にいつも使っている某量販店でお手ごろな価格のものを選んだというだけです。唯一の条件は(外出中にずっと稼働させておく関係上)無線LANでのネット接続ができるという事だけでした。

 さっそく接続してみたのですが、スマートホンでの接続に限れば設定はいたって簡単でした。ルーターへの接続はワンプッシュで自動設定できますし、スマートホン側(Android)ではGoogle Playから専用アプリ(Magical Finder)をインストールし、製品に付属のQRコードを読み込ませるだけです。

TS-WLCAM02.jpg

 はい、こんな感じにスマホ上で簡単にカメラの映像が確認できます。モデルはブログの性質上"たぬ"さんにお願いしました(?)

 色々試してみたのですが画の切れや発色もそこそこ良くて、値段を考えれば充分合格なのではないでしょうか。唯一、画角がもうちょっと広いと良かったですかねえ。あるいは簡易版のワイコンを付属させておいてくれるとか。まあ、それも値段を考えれば贅沢ですね。

 それとスマホからだと全く問題なく見られるのに、パソコンからだとどうもうまく接続できていません。ルーター関係の設定、苦手なんですよねえ。ルーターの設定なのかもしれませんが、スマホからだとアクセスできているのに(ローカルネットワークからではなく外部から)パソコンだと出来ないのはどうしてなんでしょう? ひょっとして、それが当たり前なのでしょうか?

 まあ、それはそれとして取りあえず本来の使用目的としては問題ないですし、画質も設定の簡単さも必要充分という事で、今日改めて(溜まっていたポイントがあったので)もう一台を発注しました。窓側からと奥側から、二台を仕掛けて出かけてみるつもりです。




posted by omune at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

業務用マシン顛末記 不調の原因にようやく行き当ったかも

 先日から書かせていただいている新規導入した業務マシンの調子についてですが、ここにきてなんとかかんとか安定してまいりました。そこまでいってしまえば起動もシャットダウンも早く、動作も(今のところは)安定して動いてくれております。

 が、ここまでは大変でした。先週は通常業務がほとんど出来ない(勿論、担当である私だけの話ですが)状況になってしまいました。来週からちっと頑張らないといけませんですね。

 前回書かせていただいたのは18日ですが、あれから数日を経てまた発現したんですよ、例の現象が。具体的には起動がやたらと重くなる。待ちに待ってデスクトップが立ち上がっても、すいすい動くのはマウスだけ。ソフトの起動や各種メニューを開こうとするといつまでたっても立ち上がらず、とても実用にならない。シャットダウンも満足にできなくなる。そんな感じの現象です。

 で、またあれこれと調べてみたんですが「多分これではないか」という設定にようやくたどり着くことができました。確信は持てていません。持てていませんが、その設定を行って以後、実務を兼ねたロングランのテストにおいても不調は一切再現されていません。

 肝心のその内容ですが、"電源オプション"から"電源ボタンの動作を選択する"に進み、"高速スタートアップを有効にする"を解除するというもの。

 素人の俄か知識ですが、Windows8においてはどうも高速スタートアップを行うためにシャットダウン中も各種データーを保持したままになっており、メモリー回りには通電が行われているみたいですね。高レベルのスリープと言いますか、完全にシステムを落とすという意味でのシャットダウンではなくなっていると。そのためにシャットダウン中にハードディスクの変更をしたり、電源を断ち切る(主幹スイッチなどで)と次の立ち上げ時に不調をきたす事があるとか。

「もはやシャットダウンじゃないじゃん……」
 呆然です。

 うーん。言われてみれば……。実は私、少し前にWin8.1のプライベートマシンを購入する時に、この情報を目にした事がありました。しかし、どうも信じ切ることができずに全く忘れておりました。加えて、数か月使用したプライベートマシンが至って順調に稼働を続けているという事も、忘却理由の一つかもしれません。

 プライベートマシンの方はコンセントを入れっぱなしでして、完全に電源を断ち切るという状況にはなったことがありません。ですから、上記のような不調にはまだ一度も陥った事がありません。それもあって「Win8も悪くないなあ」という印象を受けており、すっかり安心して今回の業務マシン導入にGOサインを出したわけですが、この使用状況の違いにまでは完全に考えがいたりませんでした。

 業務用の方は納品の関係でeSATAの外付けHDDを用います。で、このeSATAは内部からの引き出しとなっておりますので当然ですが活線抜挿は行わず、電源を断った状態での取り外しを行っています。これと書かせていただいたWindows8の仕様との兼ね合いで、上記のような不調が起こっていたと考えると自然です。

 加えて、仕事場の電源は終業時に一括スイッチで完全に落としますから、この不調が発生しやすい状況にあると言えると思います。さらに不調は必ずコンピューターの立ち上げ時からで、また前日まですいすい動いていたものが翌朝には繰り返し不調に陥るという状況も、こうして考えれば合点がいきます。

 それにしても、です。本当にこれが原因だとして(ここ重要。もしも言いがかりであったら申し訳ない限りです)こうまでして高速スタートアップにこだわる必要があるのでしょうかねえ。確かにモバイルにおいては常時バッテリーから通電されているでしょうから問題は起こりにくいでしょうが、そうだとしてもこうした危険がある事をもっと周知徹底して欲しいところです。

 ネットでは「この事例についてはもう古い」という感じになっていますが、それがコンピューターが好きな方や詳しい方、仕事でお使いになる方に留まっているのでは意味がないですよね。それと、OSの王様(?)として、こういう仕様はどうなんだろうなあと。スタートアップの高速さとシステムの堅牢さをバランスにかけるのなら、特に業務用途においてどちらが重要かは言うまでもないはずです。

 Windows8.1についてはこれまでプライベートで数か月使ってきて、さほど悪印象を持ってはいませんでした。が、今度の件については正直参りました。なんというか殿様商売というか、「お前たちは俺たちの決めた仕様でおとなしく使ってればいいんだ」という傲慢さというか、とても嫌なものを感じてしまいました。

 まあ、それでもですね、こうして安定して動いてくれている限りは悪くないOSだと思いますよ。取り繕うわけではなく、それは本当です。ただ、これだけ普及しているシステムであるわけですから様々な用途で、様々な使い方をされるという現実を忘れないでいて欲しかったと、そんな風に考えた次第です。



posted by omune at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする