2016年03月27日

ベイスターズ雑感 先発を降ろすタイミングで全てを失う (20160327)

 いやあ、参った。今日の負けは痛いですねえ。

日刊スポーツ 『 広島 対 DeNA

 逆転負けだからというのがその理由なのは勿論ですが、その発火点となったのが継投ミス、そして一人の投手の乱調によるものだからというのが何よりいけないです。チームにとってもその投手にとっても、尾を引く結果にならなければ良いのですけれど。

 球数はいくらかいっていたものの実に粘り強く、また序盤はまったくストライクにならなかったスライダーがどんどん決まり始めていた矢先、そして3点をリードしていての回途中と、石田の交代タイミングが正直わけわからなかったのもありますし(アクシデントがあったなら仕方ありませんが)、交代していきなり死球、そこからさらに投げた瞬間にボールと分かる球を連発して四球を重ねた長田をそのまま続投させてしまったのもちょっと分かりません(ブルペン側で次の準備ができていなかったのでしょうが)

 このあたり、もう少し時間が経つと何らかのコメント報道があるかもしれませんね。

 そう言えば一度ブルペンに野手が集まった時、長田が繰り返し何か主張していたのが印象的でした。勿論、声が聞こえるわけはありませんが、あれなんだったんですかね。うーん、こういう時の為に通信教育で読唇術勉強しようかなあ(嘘)

 長田は結局押し出しで一点を献上し、さらに続く會沢への初球がボールとなりました。

 この時点で、次の球がストライクなら振ってくるのは明白です。そこで真ん中低めにすうっといってしまったのですから、よほど調子が悪かったか、動揺していたかのどちらかでしょう。

 百戦錬磨の投手ですから、今日こうなってしまったのにははっきりとした理由がある筈。ファンとしてはそれを知りたいところです。


 全体の印象としては試合が終わったところでの収支計算ではなく、目先の一点を惜しんで全てを失ったという感じです。ルナなりエルドレッドに一発食ってもまだ一点あった状況、さらにここまでの石田のピッチングは称賛に値するものでしたから。それでも代えるなら回頭かルナの所で良かったのでは?

 もう、追いつかれた後に投げる事になった投手たちは気の毒な限り。球場と一体になったカープの勢いはとんでもないもので、打撃もそれまでとは明らかに変わりましたしヒットをもぎ取る好守備も出て、ベイスターズとしては全く歯が立たない状況となりました。そんな中、田中も須田も小杉も頑張ってくれたと(私は)思います。本当にお疲れさまでした。


 でもですね、無論、見るべきところもたくさんありました。打つ方では戸柱がプロ入り初ホームラン。内寄り低めの球でしたが、腕をたたむようにして強振。打球はライナーでライトスタンド最前列に到達しました。その次の打席では外角球を左に叩いてのヒットも放っており、お見事としか言いようがありません。守備と合わせて本当に頑張ってくれてますねえ。

デイリー 『 戸柱、プロ初アーチ


 また、筒香にも待ちに待った1号が飛び出しました。甘く入った半速球とはいえ右中間スタンドへの完璧な一撃。これが明後日からのホーム開幕三連戦に繋がってくれると、我々ファンを大いに喜ばせてくれる結果が待っていそうです。

日刊スポーツ 『 筒香が今季1号「パララカエ!うれしい」

 この三連戦、この一場面を除いてはクリーンアップが期待通りの爆発力を見せられませんでした。明後日からのホーム六連戦ではぜひ本領発揮を期待したいところです。

 
 投げる方では(繰り返しになりますが)石田のピッチングは本当に素晴らしいものだったと思います。外角、内角に球を散らし、結果カウントが悪くなっても慌てずストライクを取り、しっかりと打球勝負(バッターに打たせての勝負という意味)の状況を作り直せていました。

 おそらく不本意な降板でしたでしょうし、権利があった勝利も失ってしまいましたが、それでもオープン戦で見せてくれた明らかに進歩した投球内容を今日も変わらず感じさせてくれました。これならすぐ、次の登板時にでも勝ち星が付くのではないでしょうか。

 それと、三戦連続で先発投手が結果を出したのはチームにとって大きいでしょう。この部分が揺るがない限り、今年のベイスターズは戦っていけると思います。あくまでも『揺るがなければ』ですが。


 こういったチームに勢いをつける要素が多い(途中まで、ね)試合でしたので、なおさら今日は勝ちたいところでした。が、今更それを言っても仕方がありませんし、まだ始まって三試合です。今から諦めているわけにはいきませんね。ファンとしては「こういう試合もあるかもね」と割り切って、ホーム開幕三連戦でのナイスゲームを期待するとしましょう。

 うーん、だけどやっぱり悔しいなあ、今日の負け方は……。

 監督やコーチには石田や長田に対する精神的なフォローをしてあげて欲しいところです。石田は本当にナイスピッチングでしたし、長田は準備不十分だった可能性もありそうですので。

 また、初回の二死二塁でロペス牽制死、柴田のまるで昨日の再現映像の様なファンブルで失点しかける(結果的にはロペスが好送球でホームタッチアウト)など、凡事不徹底が目立ちました。このあたり、やはり気になってしまいますね。




posted by omune at 18:01
"ベイスターズ雑感 先発を降ろすタイミングで全てを失う (20160327)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: