2018年04月06日

ベイスターズ雑感 残念ながらチーム復調の気配見えず (20180406)

 まあ、なんというか。今日も現状を象徴する様な貧打でした。

日刊スポーツ 『 広島 対 DeNA 』

 ここまでの一試合平均チーム得点は2。つまり3点取られたら負けという状況ですから、石田が立ち上がり慎重になってしまったのも無理はないかもしれません。

 ……でもなあ。それを差し引いても、やはり主力投手としてなんとか踏ん張って欲しかったですかねえ。加えて先制点は二者連四球での押し出しですから。この立ち上がりの悪さをなんとかしないと、個人的な勝敗も良化はしないと思うのですが。


 で、打線の方は完全にパターンにはまってますよ。得点は全て神里絡み。

1回:ヒットで出塁 → 盗塁 →送りバント → ロペス内野安打で生還
6回:先頭打者として2BH → 内野ゴロで進塁 → 内野ゴロで生還
8回:無死一塁で2BH → 犠牲フライで3塁ランナーが生還

 こういう流れになっており、彼がいなかったら完封負けペースでした。で、いつもながらその内容が素晴らしい。難しい内角、あるいは外角へ逃げていく球をいずれも逆らわず、スムースにヘッドを滑らせてとにかく前へ飛ばしていきます。今のチームにおいて、バッティング内容は間違いなくナンバー1でしょう。

 そして塁に出ればすかさず盗塁。これで盗塁数は4となり、失敗はなんと0。実に素晴らしい活躍です。


 それだけにクリーンアップの不調は痛いですねえ。って、毎日同じ事書いてますが。それでも宮崎やロペスについては、そう遠くない時期に数字を上げてきそうな気がします。いずれも『らしい』スイングをしているように感じるからです。

 個人的には筒香の打撃がショックです。一発のみを求めているのか、ボール球をブンブン空振りしちゃいますし。それに、スイングそのものもぎくしゃくしていて硬い気がします。ただの不調なら良いんですが、まさか体調が悪いわけじゃないですよねえ??? ちょっと心配です。


 ちょっと短いですが、明朝は早出での地方出張となりますので、今日のところはこのへんで。帰りがけに速報を開いて小躍りできると良いのですが、バリオスとジョンソンですからねえ。正直、ちょっと苦しいかなあ。最悪の場合、このカード終了時に1勝7敗という状況も覚悟しておくべきかもしれません。




posted by omune at 21:47| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ベイスターズ雑感 必勝の念効果なし! 東のピッチングが救い (20180405)

 うーん、まあなんと言いますかねえ。これだけ打てなきゃそりゃ勝てません(あっはっは!) おかしいなあ。予定通り今日は横浜公園に立ち寄りまして、全力で『必勝の念』を送っておいたんですけどねえ。あ、ひょっとして、それがいかんかったのか?

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 昨日の敗因はクリーンアップにあったでしょうが、今日はそれどころか打線全体が沈黙。なんとか打てていた打者達、神里であり倉本等もが封じ込まれてしまっては勝機はありませんでした。

 こういう時、それも相手がエースであるからこそ、クリーンアップの一撃が欲しい所。しかし、筒香に2本の安打が出たものの、試合の流れを引き寄せるものにはなりませんでした。

 また、今日は桑原がスタメン落ち、外野は神里、楠本の新人2人が入る状況となり、そういう意味では失礼ながらオープン戦を見ている様な妙な感覚を覚えたりもしました。その起用法が良い悪いではなく、開幕はしたもののまだチームの状態が『戦闘準備完了』まで到達していない。それが(無論、現状においてですが)この試合ぶり、勝敗につながっているかもしれない。そんな印象を持った次第。

 それはそうかもしれません。昨シーズン、日本シリーズ出場を果たしたメンバーが(現在のところ)投手陣も含めて大幅に入れ替わっているわけですから。チームが落ち着いてくるのには、多少時間がかかるでしょう。


 その一方、初登板ながら『準備万端』や『覚悟』を感じさせてくれたのが東です。いやあ、とても新人とは思えない投球でした。

 一巡目目の奪三振ショーはある意味、タイガース打線の様子見のおかげもあったのかもしれません。しかし、2巡目以降、それも失点をしても大きく崩れず、加えてそこから3もイニングを伸ばして7回まで到達したのは本当に大したものだと思います。

 試合開始時には球速150キロを記録、以降も140キロ台後半で、それも切れを感じさせる直球を連発。そして、それがあってこそでしょう。大小の変化球が打者を相当に幻惑しているように見えました。

 充分に威力のある直球を持ちながら、それに頼り切るのではなくまるでベテランの様な配球、コンビネーションで打者を打ち取っていく。これはあれですね、現時点でもローテーションの有力候補でしょうし、順調にいけば間違いなく主力投手、常時二桁勝利を期待できる投手になってくれるのではないでしょうか。


 こうなってくると、今永やウィーランド、濱口の復帰がますます待ち遠しくなってきます。石田、今永、濱口、東、ウィーランド、飯塚、京山といよいよ面子が揃ってきました。井納の中継ぎ転換について、これを見越しての事だったのなら、首脳陣は状況をしっかりと把握していたという事になります。 


 攻撃、野手陣の話に戻りますが、とりあえず現状を打破するのに必要なことははっきりしていると思います。はい、『クリーンアップの活躍』ですね。それがベイスターズの強みであり、弱みです。で、課題が明確なのですから、まだそう深刻になることもありません。『彼ら待ち』もうその一言でございます。

 我々ファンには一日も早いその実現を望むしかありませんが、投手陣も含めてチームの態勢が固まりさえすれば、かなり安定した戦い方、加えて大型連勝も望める態勢は整いつつあるような気がします。




横浜で撮ってきた写真は追記にて――
posted by omune at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

ベイスターズ雑感 チーム打率.189では辛い (20180404)

 うーん、勝たなければいけない試合でしたね。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神 』 

 苦しいローテーション事情が続くなか、先日の京山に続いて飯塚がなかなかの好投を見せました。なによりも6回を投げ切ったという部分に於いて、チームへの貢献大と言えるでしょう。

 内容的には決して『絶好調』には見えませんでした。特に序盤、中に入る球、高く浮く球がかなり有った様に思います。しかし、ランナーを出しながらも決定打を許さず、また焦りを感じさせる事もなく、最低限の出血でイニングを食ってくれました。

 この部分、ローテーション投手にとって大きなアピールポイントではないでしょうか。配球が多少乱れても、あるいは球が幾分いかなくても先発の責任を果たせるというのは、首脳陣にとって本当にありがたい投手の筈です。

 今後、故障者の復帰後の立ち位置がどうなっていくかはともかく、本人にもチームにも意味のある登板になったのでは?


 で、問題は打撃陣ですね、やっぱり。チーム打率.189では、どうにも苦しい。一番目立っているのが新人の神里では、正直話になりません。

 そのなかでも、おそらくはクリーンアップでしょう。6回、8回のチャンス、いずれもランナーを3塁においてクリーンアップに回ったものの、たたみかけられなかった。これが全てだったでしょう。

 確かに今シーズン、ラミレス監督はスモールベースボールの重要性をコメントしています。しかし、ベイスターズにおいて、それはあくまでもクリーンアップの仕事ありきのお話。

 逆に言うと、それが実現すればチームの得点力、というよりも攻撃力が一気にアップするのは勿論、神里や好調、倉本の存在感、相手にとっての嫌らしさもまた、一層大きくなる事でしょう。とにかく一試合でも早く、クリーンアップの爆発が待ち望まれます。

 最後になりましたが、上述させていただいた神里、今日も光ってましたねえ。特に7回8回、チーム唯一のタイムリーを放った打撃には惚れ惚れしました。軸が倒れそうで倒れませんでしたし、バット(というよりヘッド)コントロールにも感嘆。この新人、やはりただ者ではなさそうです。


 ところで、明日は仕事が休みなので、同僚と久しぶりに横浜へ行ってきます。と言っても野球を見にではありませんで、中華街で飯を食おうという企みなのですが。ただ、せっかくですからオフィシャルショップにでも行って、試合前のハマスタを見物して来ようかと思っています。明日は相手がメッセンジャーですから相当の苦戦となりそうですが、「勝て〜勝て〜」と念を撒き散らしてくるつもりです(笑)




posted by omune at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

ベイスターズ雑感 京山がプロ初登板初先発で初勝利! (20180401)

 連敗で始まった開幕3連戦。ストッパーとなったのは2年目の19才、京山でした。プロ初登板初先発で初勝利。いやあ、やりましたねえ。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 ヤクルト

 そのイメージとして、個人的には切れのあるストレートがありました。しかし今日、じっくり見てみると、少し意外な印象を受ける組み立てをしていました。

 直球についてはほぼほぼ素人印象通り。球速表示よりも速く感じる、手元で落ちない直球という印象です。で(勿論、個人的に)意外だったのは、チェンジアップも含めた変化球の多彩さ。それらを駆使、散らして打者を上下左右、奥手前に引っ張りまわすのが持ち味なのかな、と。ヒーローインタビューで「自分の投球ができた」と言っていましたから、これが本来の姿なんですかね。

 いや、これは非常に楽しみな投手なのではないでしょうか。あらためてそう感じさせられました。今のところは、まだローテーションと一軍投手陣の穴埋め的な立場でしょうが数年後には大きく飛躍し、そして長くその立ち位置を守っていってくれそうな、そんな期待が膨らみました。

 気になったのは特に序盤、直球が中に入ってつかまえられていたあたりですが、「緊張していた」(ヒロイン抜粋)との事ですから、そのあたりは致し方ないかも。

 次回はセントラル王者カープ相手、しかも敵地マツダでの登板となりそうです。そこでどんな投球を見せてくれるか注目です。


 それと井納ですね。勝ちパターンのリリーフとしての初登板。非常に気合を感じさせる投球を見せてくれました。ペース配分がある先発時よりも、明らかに直球の威力が増してますね(球速表示だけではなく)また、変化球も切れ切れ。

 毎日ブルペンに入らなければならないリリーバーとして(それも急な配置転換だったので)これが続けられるかという心配は無きにしも非ずですが、それを我々が今から心配していても仕方がありません。ただ、彼がこのポジションにはまってくれると、リリーフ陣がさらに、一気に厚くなるのは間違いないと思います。



 攻撃の方ではまたも神里が目立っていました。今日から1番抜擢となりましたが、見事に期待に応えてみせてくれました。

 プロ初盗塁も決めてみせ特徴をしっかりとアピールしましたが、球の見逃し方といい、自らのバッティングスタイルをしっかりと持っている選手という印象。その全てが『ベイスターズの必要としていたピース』に合致しているように感じられ、京山同様数年後が本当に楽しみです。


 それと倉本でしょうか。そのチャンスに強いという個性をここ一番で発揮してくれ、チームは勝利をぐぐっと手元に近づける事が出来ました。千歳一隅の好機の、しかも初球にあれだけの打球が放てるのは流石です。


 こうなると、あとはクリーンアップ待ちですね。嶺井も含め、こうした脇役(言葉選び上の表現です)達が好調ですから、あとは筒香、ロペスの調子が上がってくれば一気に得点力が向上するでしょう。最終打席にヒットが出た桑原も含めそれが実現してくれると、タイガース戦の先発投手、飯塚や東も大いに助かるでしょう。大いに期待しています。




posted by omune at 01:37| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ベイスターズ雑感 スコア的には惜しかったが内容的には惨敗 (20180331)

 今日は珍しく土曜日の休業日。テレビにてゆっくり観戦させていただきました。が、よりにもよってというかベイスターズは敗北。残念な休日午後となりました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 ヤクルト

 バリオスは粘り切ることが出来ませんでしたねえ。って、元々そういうタイプの投手ではないのかもしれないですが。

 直球がスルスル動き、特に山田あたりは完全に翻弄していました。ただ、全般的にはやたらとカウントを悪くしてしまったのが一点、勝負球を振ってもらえなかった、あるいは良い所にいかなかったのが一点。そんなところで非常に球数を要する投球になってしまいました。

 このあたりは、昨日の石田の印象に通じるものがあります。ちょっと慎重すぎる気もするんですよねえ。そして、こういう投球をしていると、やはりどこかで捕まってしまうのは道理です。

 さて、今後はどうですかね。初登板という事で力みや慎重すぎる面もあったのかもしれませんが、次回は実力発揮といきますかどうか。もう少しストライクを先行させて自らを楽にしていかないと難しい気もします。

 主軸投手達の復帰後における一軍での居場所を確保できるかどうか。彼にとっては毎回が勝負のピッチングになるでしょう。捲土重来に期待します。


 一方、ソトの(1試合も出ずに故障とは(泣))代わりに一軍登録となったエスコバーは、150超えの直球を連発。好調のスワローズ打線を力で見事に封じ込んでみせました。バリオス、ソト次第となるでしょうが、やはり頼もしいリリーバーとして、一軍にいて欲しい投手ですよねえ。

 そして、その後を繋いだ砂田が実に素晴らしい投球を披露してくれました。コース、特に内角への変化球の出し入れが素晴らしい。昨日、今日投げた中で、文句なくトップの内容だったのではないでしょうか。



 そんな投手陣を援護すべき攻撃の方は、完全に石川の術中にはまってしまいました。印象としてはバリオスの完全対極にある様な、見事な投球でした。7回にようやくつかまえて降板させましたが、少し仕掛けが遅かった。

 それと最終回のバント失敗ですかねえ。失敗そのものも痛かったですが、それよりもコントロールで四苦八苦している相手に、みすみすストライクカウントを与えてしまったのが勿体ない。このあたり、進塁打を苦も無く連発してみせたスワローズとの差が歴然でした。このあたりが『惨敗』と表現させていただいた理由です。


 先発投手陣の状況が状況です。やはり打線が助けてあげないと(今後も)苦しい試合展開になるでしょう。今日の終盤の反撃が、上昇のきっかけになると良いのですが。


 そんななか躍動したのが新人、神里です。強烈に引っ張っての2塁打も見事でしたが、7回のタイムリーはチームにとって大きな救いとなる一本でした。いや、シャープなバッティングをしますねえ。2試合だけですからまだまだこれからですが、充分にレギュラー候補の資格がある活躍でした。



 最後になりますが昨秋より、いただきましたコメントへのレスが滞ってしまい、大変に申し訳ありませんでした。書き込みくださいました皆様へ心よりお詫びと御礼を申しあげます。

 なお、明日は仕事のため、ひょっとすると更新が難しくなるかもしれません(静岡出張です)というよりも、今シーズンの更新回数は例年と比較して少し(かなり?)少なくなるかもしれず、また無理はしない範囲でと考えております。そんなダメダメブログではありますが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。




posted by omune at 17:21| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする