2017年09月02日

ベイスターズ雑感 今は『らしい』プレーをすれば良い。そして来シーズンこそもっと―― (20170902)

 惨敗。正直なところまったく勝てる気がしませんでした。投打とも『守りに入っている』『結果を欲しがっている』空気がプンプンでしたね。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 これで遂にジャイアンツに0.5差まで迫られ、明日マイコラスに抑え込まれるといよいよ4位転落という事になります。

 まあ、それはそうです。このところ『勝てる試合』『勝たなければいけない試合』(ジャイアンツ戦に限りません)を落とし続けていますから。それに加えて直接順位を争っている相手に7連敗すれば当然の状況です。

 で、このところ思う事は投打ともにとにかく勝負弱い事。昨日でいえば再三のチャンスをものにできなかった事。今日で言えば慎重になりすぎたのか、バッテリーが四球と暴投で失点を重ねた事。

 スコア的には両ゲームともロースコアであり、良い勝負だったというのは確かです。

 しかし、だからこそ、そしてチームに勢いのない状況だからこそ、チームとして点を取らなければいけない場面、個々として打たなければいけない場面、自分の仕事をしなくてはいけない場面、チームとして抑えなければいけない場面、バッテリーとして抑えなければいけない勝負、野手としてどうしてもアウトにしなければいけない打球、状況、それぞれの価値、重要度は『派手なゲーム』に比べて格段に跳ね上がります。

 昨日の井納の犠打併殺とか、その典型。犠打失敗どころではなく併殺としてしまった結果は、ベンチの作戦意図を粉々に吹き飛ばすものでした。そりゃ勝てるわけないです。そういう意味では、自らの首を締めるプレーになりました。ですから、実はあまり同情できなかったりします。

 悔しいですが、昨日今日と観戦させていただいてこうした要素、そのいずれにおいてもジャイアンツというチーム、ジャイアンツの各選手の方がベイスターズというチーム、個々の選手の上を行っていた。いえ、少なくとも現状においてはそうであると痛感せざるを得ませんでした。

 たとえば、です。現在のジャイアンツにおいて、至上命題は3位に上がることです。優勝は事実上無理、ならばCSを経ての日本シリーズ出場に視点を据えるのは当然。そして、そのために倒すべき相手としてベイスターズがターゲットになるのもまた道理中の道理です。

 相手はですから、この3連戦に勝負をかけてきました。それは先発の起用法を見れば明らかな事です。

 そこまでチームの浮沈をかけた、下手をすればシーズン全体の順位、チームとしての評価に直結しかねない試合に先発した菅野、畠がこれだけの投球をして見せる。そして、相手投手の出来が良くても(実際、井納も石田も良く投げてくれたと思います)こうして『相手より1点でも多くの点を奪う。最終的に1点でも多ければ勝ちなのである』という攻撃を実践してみせる。一方、こちらは――


 今さら言うべきではありませんが、先日の直接対決3タテがなければ、この展開はおそらく生まれなかったでしょう。

 その後のカープ3連勝は確かに素晴らしいですし、勝負強さを発揮しましたが、ジャイアンツにとってもそうであるようにこちらの直接ターゲットもまたジャイアンツです。その相手に7連敗してしまうあたりに、非常に冷たい書き方であり恐縮なのですが、私は現在のベイスターズの限界を感じずにいられません。

 今年の春先、この様な記事を書かせていただきました。

過去記事 『 今年は何位ですかねえ2017 』(20170330)

 ここに書かせていただき、またずっと心配し続けていた『攻撃下手』『勝負弱さ』『結果ありきの場面でそれを実現できるか』と言った部分が、いまベイスターズを苦しめているように思えてなりません。

 こういうのはチームが勝っている状況、勢いに乗っている状況ではなかなか目立ちませんし、言われることもありません。ただ、こうして苦しむ状況になるとはっきりと見えるようになりますし、またその時になってやってみせようとしてもなかなかできない事なのだと思います。

 そして、こうした部分が現在、カープがセントラルにおいて圧倒的強さを見せている理由の1つでしょう(分かりやすいのは打順においてそれぞれの選手の仕事、求められる打撃スタイルが明確化している部分。『田中菊丸』を見て下さい)


 このままいけば、おそらくベイスターズは私の予想通りの順位に落ち着く事になるでしょう。たぶん勝率5割はキープできると思いますし、それはそれで評価されるべき結果ですけれど。

 以前と比べればとチームは変わり、強くなったのは確かですし、それはファンの我々も充分に分かっています。しかし、もしもそうした結果になってしまうならやはり何かが足りなかったという事になりますし、これまで通りではこれ以上上には行けないという事でしょう。

 しかし、まだそうなると決まったわけではありません。上述させていただきましたが、チームの本当の実力はこういう時にこそ分かってくるのだと思います。私の下らない嘆きなど吹っ飛ばし、ここから再びエンジンに点火してくれる可能性は大いにあるでしょうし(信じてもらえないかもしれませんが)私は心からそうなってくれる事を祈っています。

 ジャイアンツだって苦しくないわけはないのです。うちに無理をして主力3投手をぶつけてくる歪は必ずこの後に出てきます。またもしも明日順位が逆転したとしても、その差は僅かに0.5。これをシーズン終了まで守り続ける重圧ははかり知れないものになるでしょう。

 逆にこちらとしては(ベンチ、選手共に切れてしまわなければ、ですが)追う者に立場が変わる事で気分的には随分と楽になる筈です。逆襲の機会は間違いなくあるでしょう。

 いずれにしても、こうして激しい順位争いをした経験を来年以降に活かせるか、さらに勝利に貪欲になっていく(貪欲になっていく先にあるのは現在の立ち位置を守る姿勢ではなく上を潰していくという攻めの姿勢ですよね)のか、それがベイスターズというチームにとって勝負だと思います(今シーズンの結果がどうなろうとも、ですね)

 また、大変に申し訳ない書き方になりますが、球団側にもその劇薬となる様な強力な補強、カンフル注射をお願いしたいと願います。

 さあ、明日は勝負ですよ。昨日、今日の分までジャイアンツに一泡吹かせてやってもらおうじゃありませんか。というよりも、選手たちのベイスターズらしい、溌溂とした躍動に期待したいと思います。そうすれば勝とうが負けようがファンは拍手してくれると思いますよ。




posted by omune at 22:17| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

大宗、蜂窩織炎(軽度)を罹患した模様

 昨日は試合は見たのですが、更新する気にはなりませんでした。

 え? 勝てた試合を落としたからだろうからだって? うーん、確かにそれもあるのかもしれませんけれど、それはおまけ。精神的にそれどころではなかったからというのが正直なところです。なぜか――

|||(-_-;)|||||| アシガイテエ

 そうなんです。右の膝下に激しい痛みがあり、さらにそこからくるぶしにかけて若干ながら腫れがあるんですよね。どれくらいかと言いますと目視でも左右の太さが違うのがはっきりとわかる程度です。加えておそらく発熱による悪寒も始まっている感じでした。因みに激しくぶつけたり、衝撃を与えた覚えはありません。 

 数日前の夜、和室でぺたんと座った状態からトイレに行った時、ふと右膝下に強い痛みを覚えました。その時は「立ち上がる時(膝立ちした時)床で打ったのかな?」程度にしか思わなかったのですが、別に痣もできていませんし、なにより時間の経過に伴って周囲に腫れが広がっていくのが不気味でした。

 これですねえ、10年ほど前に嫌な思い出があるんですよ。やはり一点から(打撲と似たような)痛みが始まり、放置していたら数日後には膝からくるぶしまで赤黒く腫れあがってしまいました。

 その時は、やはり始めはこうして変色を伴わない、それも我慢できる範囲の痛みだったので医者には行きませんでした。ところが日々、徐々に痛みが強くなり、ある朝起きてみたら一気に症状が進行、ぱんぱんに腫れあがって(痛みののために)足を引きずらなければ歩行できない状態となりました。

 慌てて病院に駆け込んでみると『蜂窩織炎』なる診断。抗生物質と塗り薬を出してもらいましたが、それでもなかなか腫れが引いてくれないのです。痛みが引くまでに1週間以上かかったのではないでしょうか。

 その間、どうしても断れない仕事が入っていましたので無理をしたのですが、朦朧とするほどの痛みから大ミスをぶちかまし、最悪の体調と精神状態のなかで取引先に謝罪をしなくてはならない事態となりました。



 なので、今回は更新もせず(汗)今朝、さっそく病院に赴いた次第。

 今回は前回ほど腫れが酷くなっておらず(そもそも皮膚変色していません)また痛みもはるかに軽い状態です。加えて昨晩から『消炎用』の張り薬をずっと張っていたところかなり楽にはなったのですが、問診と患部観察をした段階で「腫れてるね!」(それがまた爽やかな言い方なんですよ(笑))と一刀両断。「軽度の蜂窩織炎である可能性が高いです。抗生物質と塗り薬の消炎剤、鎮痛剤を出します」との診断が下りました。

 現在のところ、まだ目立った効き目は出ていませんが、鎮痛剤のおかげか、痛みはかなり楽になりました。私は極度の医者嫌いなのですが、それでも短時間で病院活きを決断するくらい、前回の経験は酷いものでした。今回はそれが幸いする結果になるかもしれないですね。とにかく抗生物質が効いて、腫れが引いてくれるのを祈るばかりです。

※蜂窩織炎については検索すると記事がたくさん出てきます。ただ、なかには引く画像があったりするのでご用心を(笑)




posted by omune at 18:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ベイスターズ雑感 正念場中の正念場の3連戦になる、かも (20170831:未観戦更新)

 昨日から今日にかけては予定通り、仲間たちと遊びまくりました。久しぶりに飲みまくったビールは実に美味かった。あれこれ話しながら、それでもベイスターズの試合展開に一喜一憂していました。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA 』(30日分)

 飯塚が6度目の挑戦で、ついにプロ入り初勝利をあげたとの事。できる事なこの目で見届けたかったところです。でも本当になによりですね。なかなか勝ち星を掴む事ができなかったものの、これだけチャンスを与えられたのはそれだけの内容の投球を続けてきたから。

サンスポ 『 飯塚、六回途中1失点プロ1勝!「後半戦の救世主に」

 右の先発が不足しているチーム状況を考えると、どうしても台頭を果たしてほしいところ。来年はローテーションの一角としてばりばり投げてもらう、その下地をこれからシーズン終了までに固めていって欲しいですね。



 そして今日、これは痛い敗戦となりますねえ。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA 』(31日分)

 いやあ、投手にホームランを打たれる打たれない以前にわずか4安打、ソロホームラン2本による得点だけではどうにもこうにも苦しいですね。

 これでジャイアンツとの差は2.5になり、その状況で明日からのCS出場権獲得選手権(?)では菅野、畠といった強敵を相手にしなければいけなくなりました。さらにはマイコラスまで投入される可能性すらある状況です。さあ、またまた正念場、しかも今回は正念場中の正念場がやってきました。

 お互いの今後の各チームとの試合数を考えると、ここはなんとしてでも勝ち越してゲーム差3.5を維持しておきたいところ。

残りの対戦相手別試合数
B:C5・T8・G5・D3・S4
G:C2・T6・B5・D5・S7

 こうなっておりまして、負け越しているタイガース、ジャイアンツとの13試合、これをどう凌ぐかが重要でしょう。

 ただ、現在のチーム攻撃力からすると、良いピッチャーを次々とぶつけられるだろうこの3連戦、そうそう得点は期待できないかもしれません。となると、必要なのは先発投手の頑張りです。先発が予想される井納、石田、濱口はここが目立ちどころです。それぞれに我々ファンを歓喜させるような、好投を期待したいと思います。




posted by omune at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

ベイスターズ雑感 非常に心配したものの、ウィーランドのコメントにひと安心 (20170829)

 うーん……。これはあくまで個人的な感想なのですが、スコアとは裏腹の完敗だったのではないでしょうか。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 敗因ははっきりしています。打てなかった事と先発のウィーランドが崩れてしまった事。


 え? 6点取れてるのに『打てなかった』なんて言うなって? はい、私もそう思います(汗)

 でもですね、考えてみて下さい。そのうちの4点は初回、宮崎の満塁ホームランでのもの。そして、そのうちの走者二人は四球で埋まったランナーです。

 確かに宮崎の打撃は素晴らしかった。インコースに食い込んでくる球に対し、腕を畳み込み軸回転で広いナゴヤドームのレフトスタンドに持っていったというのは『さすが』という他ありません。

サンスポ 『 宮崎が先制の11号満塁弾!  』

 ただ、話がずれますが、やはり今は好調とは言えなさそう。宮崎の場合、やはり右方向へのヒットが出ないと本領発揮とはいかないと思います。今のところそれが悉くフライファールになってしまうか、転がると野手正面にいってしまうんですよね。

 なんというか『しようしよう右打ちしよう』という感じ。

 ヒットを量産していた頃は、まるで神主さんがお祓いをするように(?)あるいは猫の背中を撫でるように(???)はたまた消しゴムのかすを払い飛ばすように(????)スムースに、全く力感なく右方向へ強烈な打球を飛ばしていました。『首位打者もある』なんて声がある中なかなか難しいことなのかもしれませんが、あの自然な感じが戻ってくると数字もまた上がってくるのではないでしょうか。



 話を元に戻します。今日は結局その後、2回から8回までに取れた点は2点だけ。2回は無死満塁のチャンスで2番打者となり、そこから5番までで取れた点は犠牲フライと内野ゴロによるものだけでした。その後は当たりがぴたりと止まり、4回から9回まではわずか1安打に抑えこまれてしまいました。

 勿論、いつもいつもポンポンぽんぽん打てるわけなどなく、私は打者陣を責めるつもりなどありません。ただ、この攻撃の急ブレーキとウィーランドの4回の失点がシンクロしてしまったのが痛手だったように思います。1回はともかく、この4回の失点でドラゴンズ側は完全に『いける空気』になったでしょう。このあたりの感覚、我々ベイスターズファンは立場を逆にして知りすぎるほど知っていますよね。



 そのウィーランドなのですが、良い時とは別人の様でした。と言っても、部分部分を切り取れば『らしい』ピッチングもあるのですけれど。

 どうも要所要所で球が中に、高く入りますね。また際どいところでなかなかストライクを取ることが出来ません(ただし、これは審判との相性もあったように思います)

 また、カーブの割合が減っている様に思うのは私だけでしょうか。勿論、投げてはいるのですがこれがどうも高く高く行くんですよね。これで簡単にストライクを取れていたものが、なかなか良いところへ投げ切ることが出来ないみたいです。

 このあたり、相手打者がカーブを狙ってくる様になった事も影響しているのでしょうか。影響しているとしたらどの程度のものなのでしょうか。それが直接的原因だったとすると、遂に壁にぶち当たったという状況となり、何かを大きく変える必要が出てくるかもしれません。個人的にはちょっと心配でした。そこで目に留まったのがこちらの記事――

日刊スポーツ 『 逆転負け、ウィーランド「修正点は明確」

 記事中の本人コメントに心から拍手を送りたいと思います。そうなんですよね、ウィーランドはナックルカーブ(だけ)で相手を抑える投手ではありません。それはあくまでも『手段の1つ』なのだと思います。

 個人的にはウィーランド最大武器はオープン戦で、そしてシーズンでも何度か驚嘆してこちらに書かせていただいた、あのコントロールだと思っています。具体的にはテンポよくコーナー隅に投げ込み、そこでどんどんストライクを先行させていく、まるで『そういう機械』の様な精密さ、ですね。

 それさえ普通に発揮できれば、そう簡単に打たれる投手ではないのがウィーランドです。ただ、調整が微妙な部分ではあると思いますので、修正に時間がかかる可能性はあるかもしれません。これで、2登板連続のQS失敗となりましたが、次回登板でどのようなピッチングを見せてくれるか。興味津々で注目したいと思います。


 なお、明日の仕事を終えた後、明後日にかけて仲間たちとわいわいやる予定です。なので、更新はお休みさせていただきます。明後日はなんとか試合を見られれば良いのですが。……疲れさえ乗り切ることが出来たなら是非(汗)

 ちなみに明日は飯塚と大野が先発ですね。プロ初勝利を目指すには強敵となりますが飯塚には溌溂と、持ち味を十二分に発揮したピッチングを披露してもらいたいものです。私もへべれけになりながら(?)心で応援しています。




posted by omune at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

ベイスターズ雑感 業務トラブルを乗り越えてベイスターズの勝利を見届ける (20170827)

 昨日は仕事から帰宅後、このところの疲れがどっと出てダウンしてしまいました。やはり年甲斐もなく徹夜なんかするものじゃありません。そんな事情もありましたので、今日はどうしても野球が、というよりもベイスターズの試合が見たかったんです。しかし――!

 終業直前にサブコンピューターが立ち上がらなくなりました。いや、正確にはシャットダウン処理中にストップして電源が切れなくなったんです。仕方なくリセットボタンを押して再起動を試みたのですが、なんと今度は起動音すらせず、グラフィックボードすら立ち上がらない状態に陥りました。

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

 そこからは何をやっても駄目。メインACを落としても駄目、グラボを差し直しても駄目、メモリーも同様、電源を取り換えても駄目、マザボ供給用電源とストレージ用電源を分けてみても駄目。

「これってさあ、ひょっとしてマザボが逝ってるんじゃ?」
(T△T)

 もうその時点で、今日の観戦は半分諦めていました。で「もうこれで駄目だったら、明日は他のマシンを使う事にしよう」(実はそうなるとそうなったで非常に面倒なのですが)と自暴自棄になり「最悪、このマシンは組み直しになるな」と痛い出費を覚悟しました。そして悪あがきのつもりでボタン電池を外しBIOSリセット、そのまま暫くしてから電源投入してみたところ――

\(^▽^\) 無事復活 (/^▽^)/

 どうも最初のトラブルから復帰させる時にBIOSのメモリーが飛んでいたみたいですね。そうなれば話は早いです。すぐに(念のため)近くのスーパーにボタン電池を買いに走り交換、BOOT設定などをやり直して直ぐに完全復旧。リアルタイムは逃してしまったものの、映像観戦でじっくりとベイスターズの勝ち試合を見届けられました。いやあ、良かった良かった。

日刊スポーツ 『 ヤクルト 対 DeNA

 今日はホームランは1本も出ませんでした。しかし、チーム全体としては理想に近い攻撃ができたのではないでしょうか。得点イニングの並びもそうですし、それぞれの得点パターンという点においても。本当によく打線がつながりましたね。そして、ここぞという所で次々とタイムリーが飛び出しました。

 宮崎、ロペスに当たりは出ませんでしたけれど、逆に言えば彼らが打てていたら複数のビッグイニングが生まれていたという事になります。明後日から対戦相手が変わるという事を考えても、こうしてクリーンアップ以外の選手達がまんべんなくヒットを放ってくれたのは朗報でしょう。また苦しんでいた宮崎にようやく1本出ましたね。これがきっかけになってくれると良いのですが。



 相手先発の山中はおそらく(他チームの選手なので普段をよく分かっていませんが)苦しい内容だったのだと思います。両コース低目を衝こうとしたした球が時折、ベースの中へ吸い込まれるように入ってきていました。
今日はそうした仕留めるべき球を、各打者が素直に(強引にならず、力まず)打ち返していった。そんな印象を持ちました。



 目立っていたのは高城です。特に今日は右打ちで1、2塁間を2回抜いてみせ、そのどちらもが得点に絡みました。また、あまり序盤は少々不安定だった(個人的見解)濵口をぐいぐい引っ張っていってくれていた様にも見えました。

 以前も書かせていただきましたが戸柱、嶺井、高城という3人のキャッチャーを擁している事はベイスターズの大きな強みでしょうし、そしてこれから先はますますそれが大きくなっていくと思います。皆が皆、これからまだまだ伸びていくだろう選手ですから。



 また、ヒーローインタビューを受けた桑原もまたそれぞれの場面で、それぞれのコースに対して、その時なりのバッティングをして見せてくれました。今日は梶谷と高城、倉本と桑原の2か所で打線が繋がっていったのが間断なき攻撃に繋がりました。

サンスポ 『 桑原「目の前の試合を大事に勝ち続けて行くしかないので」



 さて、先発の濱口ですが、やはりこの投手の踏ん張る力、粘り強さは驚異的です。

試合の展開で言えば、今日は3回がそうでした。連打で迎えた無死1、3塁のピンチで、スワローズは投手山中にセーフティースクイズを仕掛けさせます。打球は緩いライナーとなって濱口の左後方(打者側から見れば右)でワンバウンド。決して簡単な打球ではなかったと思いますが、俊敏にこれを捌き立ち投げの様な形でキャッチャーに矢の様な送球。突っ込んできた3塁ランナーを余裕でアウトにしてくれました。

 このプレー、展開上はアウトを一つ稼いだだけですが、その後の展開に与えた影響は大きかったと思います。その後四球を与えて1死満塁となりますが、ここから左投手に強い山崎を三振、バレンティンを捕邪飛と見事な粘り腰を発揮し、結局この回を0点に抑えました。

 また、対打者という視点においても当たり前の様にボール先行となるケースが多いです。しかし、そこからみるみるカウントを整え、あるいはストライクを取りに来る球を狙っている打者になかなかジャストミートをさせません(そのためにチェンジアップが実に効果的な武器となっている様に感じます)

 結局、疲れの出た7回に掴まってしまいましたが、チームが(取りあえずの)セーフティーリードを確保するまでの間、濱口が失点しないでいてくれたのは間違いなく今日の勝因の一つでしょう。

 濵口はこれで8勝目。順調にいけばルーキーイヤーでの二桁勝利も達成できそうな数字になってきました。なによりも8勝5敗と3つの貯金をチームにもたらしてくれているのが素晴らしいですね。



 話は野手に戻りますが、このところ非常に目を引くのが柴田です。石川が怪我で離脱している間に、その存在感を一気に増してきましたね。なによりもまず、その溌溂としたプレーぶりが素晴らしい。

 打撃は小兵のイメージ通りなかなかにシャープで、加えてジャストミートに成功した時にはかなり強烈な打球を飛ばします。また俊足でもあり、2番打者として魅力十分なのではないでしょうか。

 また守備でも再三、感嘆する様なプレーを見せてくれています。今日も7回、無死2塁のピンチで高いバウンドのゴロをセカンドベース前まで突進してキャッチ、そのままジャンピングスローで見事アウトを1つ稼いでいます。

 勿論、まだまだレギュラーと言える選手ではないでしょう。が、田中浩と石川に続いて、若いセカンドがこうして出てきてくれた事は、チームにとって非常に大きなプラス要素に違いありません(田中浩と石川、そして柴田、それぞれの年齢差を確認してみて下さい)ベテランのセカンド達が在籍してくれているうちに多くを吸収し、一回りも二回りも大きくなって『ベイスターズのセンターラインに柴田あり』と言われる様な選手になっていって欲しいと願います。




posted by omune at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする